函館記念出走予定有力馬をエリモハリアーから考える

Pocket

今週のメインレースは函館記念

土曜日には函館2歳ステークスがあり
函館競馬場が一年で最大のイベントを行う週となります。

そして函館記念の日には準メインレースはとして
エリモハリアーカップが行われますね。

エリモハリアーは函館記念を3連覇して
伝説の函館記念マイスター。

全成績から見ると決して名馬ではないのですが
夏馬、洋芝巧者、小回り巧者と三拍子揃っていた事が
重賞三連覇に繋がったと言えます。

逆に言えば、絶対能力よりも適性条件がある馬が好走するという事

それを踏まえて出走予定有力馬を見ていきましょう。

一番の注目は3歳牝馬バウンスシャッセ

オークスでは内容の濃い走りを見せました。
もともと中山向きの馬で脚質も自在なので
函館2000mという舞台は苦ではないでしょう。

あとは夏競馬と相手関係です。
常識的に考えれば、この時期の古豪牡馬との戦いは不利ですが
果たしてどこまでやれるか…

能力だけで言えばズ抜けているのがグランデッツァです。

この馬の不安は
「都大路ステークスと同じだけのパフォーマンスが出来るか」
この一点に尽きます。

洋芝はおそらくこなせるでしょうし、小回りも問題ありません。
同じだけ走れば圧勝ですが、果たしてどうでしょう。

実績なら巴賞を叩いたアンコイルド

前走はいかにも叩き台と言った雰囲気で
良いところがありませんでしたが
能力はこのメンバーでも間違いなく上位で見限れません。

実績では劣らないダークシャドウ、ナカヤマナイトは
今回、条件的には苦しいでしょう。

それなら小回りコースが得意なパワー型のラブイズプーシェや
地力があり、舞台が得意なアスカクリチャン
パワー型の先行馬トウカイパラダイス
前走で復活の兆しを見せたアドマイヤタイシ

この辺りに妙味があるでしょう。

有力馬が前に行きたい感じで展開面は
比較的前がかりになる事が予想されます。

穴を狙うなら差してくるタイプが良いですね。

しかも、内からロスなくコース取りをしてくるタイプが狙えます。

もう一つの重賞、函館2歳ステークスは見る方に専念して下さい。