レパードステークス2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

レパードステークス2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたレパードステークス2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は名馬ディープインパクトが亡くなった

という悲しいニュースが流れてきましたが、一方で

「ナッソーステークスでディアドラがGI勝利」

という快挙が伝えられました。

 

ディアドラって不思議な馬ですよね。

昨年夏に行われたクイーンステークスとか
秋の府中牝馬ステークスとか
めちゃくちゃ強い競馬で勝つのに
中山記念とかはコロッと負けてしまうんですもんね。

 

 

こういった好走と凡走を繰り返すタイプって

「気持ちのムラがある馬」

「体質が弱く、反動が出やすい馬」

だいたいこの2パターンに分かれるんですよね。

 

ディアドラの場合は前者かなと思いますが

過去の成績を見てみると
2,3回続けて好走するとコロッと負ける

ところもあったりして、2つの要素が混ざり合った馬かなと思いますね。

 

このルールで馬券を考えると

”次走までは買い、そしてその次は消し”

みたいな感じかもしれません。

何はともあれ、国内の復帰戦が楽しみです。

 

という事で、レパードステークス2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方がいっぱい情報を詰め込んでいるので、オススメです。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

レパードステークス2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

レパードステークス(新潟ダート1800m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・前にいる馬が極端に強いレース

・サンデー系のスピードが通用するレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、土曜日・日曜日は曇り
となっているので、良馬場で行われそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

2枠3番 ブルベアイリーデ

前走の青梅特別では中団から一気の差し脚で
突き抜けて見せたブルベアイリーデ

常に差しを意識している馬なので
今回の2枠3番はちょっと内に入ってしまったな、という印象ですね。

 

3枠4番 ヴァイトブリック

前走のユニコーンステークスでは出遅れの影響も響いて
10着と見せ場なく敗れてしまったヴァイトブリック

ユニコーンステークス惨敗の精神的な影響は心配ですが
レースとしてはノーカウントでいい内容でした。

レースセンスの高い馬で、今回のレパードステークスで引いた
3枠4番という枠順は大歓迎。
あとは気持ちの問題ですね。

 

 

レパードステークスは混戦ではない!1強レースだ!

競馬セブンではレパードステークスで
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてレパードステークス3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

レパードステークス3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

4枠7番 ブラックウォーリア

前走のインディアトロフィーでは
馬場の影響があってにしても
好位からの押し切りでレコード勝ちを収めたブラックウォーリア

前々でレースを進めるタイプの馬なので
レースをしやすい枠順が良かった中で
今回は4枠7番と真ん中の枠をゲット

レースをしやすい条件に入りましたね。

 

5枠10番 デルマルーヴル

今回のレパードステークスのメンバーの中では
UAEダービー4着、ジャパンダートダービー2着
断然の実績を持っているデルマルーヴル

ローテーションとしてはかなりタイトなスケジュールなので
馬群に揉まれる内枠は避けたかったところですが
今回は真ん中外目の偶数枠と最高の条件を引きました。

あとはどこまで状態が整っているか、ですね。

 

6枠11番 エルモンストロ

前走のユニコーンステークスでは
10番人気と低評価ながら5着と健闘したエルモンストロ

特に枠順に注文のつく馬ではありませんが
真ん中外目の枠順であれば、この馬の競馬が出来そうです。

 

7枠13番 サトノギャロス

ユニコーンステークスを除外された後に出走した
前走の清里特別では後方から豪脚を繰り出して
突き抜けたサトノギャロス

改めて高い能力を見せて1戦となりましたが
1400mまでの経験しかない馬が、今回400mの距離延長

内目の枠で体力を温存しながら走りたいところでしたが
今回は13番枠と外目の枠に入りました。

少し心配材料がある枠ですね。

 

8枠14番 アッシェンプッテル

近2走は早めの仕掛けで前にいる馬達を飲み込み
圧勝を続けているアッシェンプッテル

捲って勝負をするタイプの馬なので
今回の8枠14番は理想の枠順だと言えますが
小回りの新潟競馬場で展開がハマるかどうかで
結果が変わってきそうですね。

 

8枠15番 ビルジキール

前走は古馬に交じって1600万条件(3勝クラス)に出走して
2着と実績を残したビルジキール

好走をしているレースでも4コーナーで手応えが悪くなるように
ズブさを持っている馬なので、内枠で包まれるのは嫌でしたが
今回は自在に動ける大外枠

ビルジキールにとっては良い枠順だと言えますね。

 



 

まとめ

レパードステークス2019で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠4番 ヴァイトブリック

6枠10番 デルマルーヴル

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

良馬場でのレースが期待できそうなレパードステークス

展開次第で結果が変わってきそうですね。

 

 

私がレパードステークス2019で注目している馬は
枠順は良いところを引いて、チャンスがありそうなあの馬です。

展開には気を付けたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。