エルムステークス2019の過去10年データ分析|好走のキーワードは3つ

Pocket

エルムステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
エルムステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

物事には優先順位ってありますよね。

生きている時間が無限にあればいいのですが
時間は誰しもに平等に365日24時間しかない訳ですから

どうしても、やれることって限られてきます。

 

なので、この有限な時間でやれることとやれないことを

そして、やるべきこととやらなくていいことを
しっかりと区別しないとどんどん苦しくなっていきます。

そのためには優先順位を決める事って大切です。

 

 

物事へのこだわりが強い人ほど、そういった時間配分
タスク配分が下手くそだったります。

 

私はこんなブログとかを書いているので
よくビジネスを志す人とかに出会うんですよね。

出会った人(まだ成果を出していない人)に限って

○○が大変で時間がないんですよね~

と言います。

 

でも、実際にその人の話を聞いてみると
作れる時間って結構あったりします。

私の場合、勉強とかは移動時間や家事をやる時間に耳で聞きますし

電車で移動する時間にブログを書いていたりします。

何事も考え方一つなので、

「○○だから無理!」と決めつけないで
小さな一歩でも前に進めるようにしてみたらいかがでしょうか。

 

という事で、競馬の話に戻ります。

競馬予想についても登録馬の段階で
過去の出走レースを見直して大体の評価を加えたりします。

これをやっておくと予想が早くなりますよ。

 

という事で、エルムステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

エルムステークス2019は札幌競馬場ダート1700mで行われています。

ローカルの札幌競馬場で行われるうえに
ダートでの重賞という事で、かなり注目度の低いレースですが

 

それだけにコースの特徴もあるので、

エルムステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

エルムステークス、過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利!先行力のない馬は論外!

まず、最初に注目したのはエルムステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はエルムステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

信じられないくらいに「逃げ・先行馬が有利」です。

 

 

これだけを見ると3コーナー過ぎから捲ってきた馬が
どれくらいいるのかが分からないので
3コーナーでの順位別成績も見てみましょう。

4コーナーでの成績ほど偏りはありませんが
前にいる馬が圧倒的に有利であることには変わりがありません。

 

札幌競馬場は小回りコースである事に加えて、直線が平坦

前に行った馬が簡単に止まらないことが分かりますね。

 

 

ここでエルムステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

逃げ・先行馬が有利でありながら

上がり3ハロン順位が1,2位の馬の複勝率は100%

と、相反する結果が出ています。

 

札幌の小回りは前が止まらりづらい条件である事が分かります。

まずは逃げ・先行馬を狙う事が大切ですね。

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

 

内枠は絶対的に不利!スムーズに位置を取れる枠が必要

次にエルムステークスの枠順別成績を見てみましょう。

 

内回りの先行馬有利な舞台ではありますが
内枠(1,2枠)に入った馬は不調を極めています。

そして、中~外の枠(4~8枠)に入った馬が好成績を収めています。

 

先ほども話した通り、エルムステークスは
前に行った馬が有利なので、先行争いが激化します。

真ん中の枠の馬も、外枠の馬も前のポジションを取りに来るので
内枠の馬はかぶされやすく、ポジションを取りづらい事が
この内枠不利に繋がっていると言えます。

 

エルムステークスの過去10年における
種牡馬別成績を見てみると

1位のスペシャルウィークをはじめ
サンデーサイレンス系の種牡馬の名前がチラホラ出てきます。

 

基本的にサンデーサイレンス系の種牡馬は
ダートが苦手な馬が多いのですが

スピード条件のダートに関してはサンデー系も走ります。

エルムステークスではスピードが必要である事が分かりますね。

 



 

スピード豊富な若い馬が活躍するレース

次にエルムステークスの年齢別成績を見てみましょう。

4歳馬が複勝率、複勝回収率共にトップ

次に5歳馬が続き、6歳、7歳と徐々に成績が下がっていく
綺麗な分布が見られます。

 

若い馬が強いレースはスピードが求められるレース

先ほどの種牡馬別成績のところで話しましたが
エルムステークスはスピード求められるレースだということですね。

 

最後にエルムステークスにおけるレース間隔別成績を見てみます。

間隔を詰めて出走した馬は成績が冴えません。

エルムステークスは真夏に行われるレースなので

暑い時期に続けてレースを使う馬は
消耗度が激しく、パフォーマンスを発揮できていない事が分かります。

以上がエルムステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

小回りの平坦コースとかなりトリッキーな条件で行われる
エルムステークスですが、傾向はかなり顕著。

サンデーサイレンス系の種牡馬が活躍しやすいスピードレース

先行した馬がなかなか止まらないスピードレース

この2つを頭に入れておくと期待値の高い馬券が買えそうですね。

 

 

私がエルムステークス2019で注目しているのは
舞台適性があり、前のポジションを取れそうなあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。