関屋記念2019の過去10年データ分析|直線が長い新潟に反して…

Pocket

関屋記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
関屋記念2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ニュースを見ていると、
色々な企業がリストララッシュですね~

一時は銀行や保険会社といった金融系の企業が
リストラを公表していましたが、今度は日産ですよ。

 

日本企業の勢力図や全体像を見ると

第二次産業で止まっている企業って多いですよね~

明らかに時代が変わっているにもかかわらず

既得権益を守ろうとする人達の権力が強いので
企業の生まれ変わりが果たせないんですよね~

 

社会人になってみると、時代の流れを読めない(全く勉強しない)
おっさんたちの「俺の時代は~」みたいなことの多さにビビります。

 

 

テレビ朝日系で放送されているサンデーモーニングの
スポーツコーナーで元巨人軍の張本勲さんが
高校野球、地方予選の決勝戦で佐々木投手を温存して負けた事について

「絶対に投げさせないとダメ
 ケガを怖がったんじゃ、スポーツはやめた方が良い」

と言っていたのも、まさにその典型例ですよね。

 

科学だけでなく、スポーツもどんどん進化している中で
そういった進歩について勉強することなく
自分の実体験による思い込みを押し付けることで

その業界(この場合は野球)の成長が止まってしまうんですよね~

 

外国などは、ちゃんと科学的な事も学んで進歩ているので
どんどん差をつけられていってしまう。

そんな事が経済界でも野球界でも行われていますね。

 

一方で、競馬界はというと、ちゃんと進歩していると思います。

世界の強豪は勝ち目無し、という事でジャパンカップなどの
国際交流GIには参加してこないですし

日本から世界のGIへ撃って出ている現状は
競馬界に携わる人達の努力と勉強の成果だと言えますね。

 

という事で、少々脱線しましたが

関屋記念2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

関屋記念2019は新潟競馬場芝1600mで行われています。

直線の長い新潟競馬場で行われる重賞という事で

”持久力” が重要となるコースですね。

 

そんな関屋記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

関屋記念、過去10年のデータ分析

直線が長い新潟外回りでも先行馬が有利

まず、最初に注目したのは関屋記念で活躍する馬の脚質です。
以下は関屋記念での4コーナーでの順位別成績です。

日本一直線が長い新潟外回りコースですが

意外にも「逃げ・先行馬有利」の様相を呈しています。

 

好走率(複勝率)が低いけれども、回収率が高い

というパターンがたまにありますが

関屋記念においては好走率も回収率も前に行った馬の方が上

平坦コースの特徴が良く出ていますね。

 

 

ここで関屋記念の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が6位以下の馬は

過去10年で5勝

上がり3ハロン1位~3位の馬が
こぞって好成績を収めており

3コーナー過ぎからの末脚が重要である事が分かります。

 

 

関屋記念はあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で関屋記念の予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

新潟外回りコースは外枠優位が鉄則

次に関屋記念の枠順別成績を見てみましょう。

 

7枠と8枠だけが複勝率30%を超えており
回収率の面でも100%付近の好成績を収めています。

新潟外回りコースは直線が長いので
経済コースである内を通るメリットはほぼありません。

馬群に揉まれることなく、気分よく走れて
物理的に邪魔の少ない外枠が有利なのは
新潟外回りコースはの鉄則ですね。

 

ちなみに関屋記念の過去10年における
種牡馬別成績を見てみると

となっています。

 

1位はディープインパクト産駒ですが

回収率のいい種牡馬を見てみると
スタミナタイプの馬が多い点に気づきます。

先ほども話した通り、新潟外回りは
距離ロスの関係ないゆったりとしたコース

スピードよりも、スピードを持続するスタミナが大切ですね。

 



 

直線が長いタフなコースを走るには余力が必要

次に関屋記念のレース間隔別成績を見てみましょう。

中10週以上空けて出走してきた馬の回収率はほぼ100%

逆にレース間隔が詰まっている馬は回収率の面で苦戦を強いられており

関屋記念はレース間隔の長い馬が有利だと言えます。

 

夏の暑い時期に行われるレースに加えて
直線が長く持久力を問われるレースという事で
余力がない馬には辛い舞台であることが分かります。

 

最後に関屋記念における前走レース名別成績を見てみます。

サマーマイルシリーズのレースという事で
中京記念からの臨戦が多いですが、成績はイマイチ。

 

七夕賞、エプソムカップ、福島記念などの
マイル以上の距離で行われるレースからの臨戦が好成績を収めています。

関屋記念はタフな条件で行われるレースなので
前走でスタミナを要する長距離のレースを経験しておくと
アドバンテージを得られることが分かりますね。

 

以上が関屋記念2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

関屋記念は直線が長い新潟競馬場で行われるレースですが
平坦コースなので、基本的には前にいる馬が有利な傾向にあります。

ただ、直線が長いがゆえにスピードを持続するスタミナが求められるレースで
スタミナのある血統の馬が活躍しています。

また、前走で長距離を経験した馬の成績が良い点からも
スタミナ優位なレースである事が分かりますね。

 

 

私が関屋記念2019で注目しているのは
スタミナがあり、長い直線で持ち味を活かせそうなあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。