【小倉記念2019】今週は外れる覚悟でアイスバブルを絶対に馬券を買わないと宣言!!

Pocket

小倉記念2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

先週のアイビスサマーダッシュでは

カイザーメランジェ を指名しました。

 

 

結果の方は、7着と負けてくれたのですが
なんだか釈然としません。

 

 

その理由は何と言っても

「7番人気と置きに行ったから」です。

 

なんというか、ハズレを恐れて置きに行ってしまったら

他の予想家と同じになってしまいますし
自分の個性がなくなってしまいます。

 

下半期はワイドファラオやグルーヴィットなどで
裏目を引きまくっているので

無意識のうちに心が弱い方に向かっているみたいです。

それじゃあ、いかん!!

 

 

今週の小倉記念はハズレ覚悟でスレスレの馬を狙っていきたいと思います。

それでは、小倉記念の危険馬にいってみましょう!!

 

動画で完全版を話しているので、
完全版を見たい方はこちらからご覧ください。

 

 

小倉記念2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

アイスバブル

です。

 

 

アイスバブルは初めての重賞挑戦となった
目黒記念で後方から豪快に追い込んで2着と
実績上位の馬に先着をしてみせました。

そして、条件戦から数えると6連続で連対中ということで
抜群の安定感を誇っている事から

小倉記念でも人気になることが予想されます。
(たぶん2番人気かな??)

そんなアイスバブルがなぜ
小倉記念2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

アイスバブルの不安要素

広い2500mからの小回り2000mへの臨戦はどう?

アイスバブルの前走は目黒記念でしたが
このレースは東京競馬場芝2500mという条件でした。

 

東京芝2500mというコースは
スタミナを優先される条件のレース

しかも、広いコースの長距離戦という事で
ゆったりとしたレースが出来る条件です。

対する、今回の小倉記念は小回りで直線坂のない
小倉競馬場2000mで行われる条件で

スピードと機動力が試されるコースです。

 

アイスバブルの適性だけを見てみると
小倉1800mで2戦して2連対しているように
小回りコースの適性はあるのですが

 

前走で真逆のコースを経験してからの小倉記念は
パフォーマンスが低下してくる可能性があります。

 

しかも、前走の目黒記念は道中9番手からの追い込みで
差しに回ってきた後の臨戦

大幅な距離短縮で、どこまで先行できるのかは未知数ですし

もともと切れ味勝負をするタイプの馬ではないので
後方からの差し比べには不安があります。

 

 

小倉記念で穴をあけるのはあの馬!

今週「ブラッドホース」の無料会員に登録してくれた人には
重賞レースの情報を無料で提供します。

「ブラッドホース」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「ブラッドホース」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「ブラッドホース」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

外人騎手からの乗り替わり、前走レコードの反動はどう?

アイスバブルは現在6連続で連対中ですが
近5走は全て外国人騎手が騎乗しています。

 

目黒記念こそ差す競馬を見せていますが
それ以外のレースを見てみると先行押し切りが、アイスバブルの形

ある程度腕っぷしのある騎手が直線でアイスバブルを粘らせる

という形が、この馬にとってのベストです。

 

しかし、今回はアイスバブルに福永騎手が騎乗します。

福永騎手も常にリーディング上位に入ってくる一流騎手ですが

ポジショニングや仕掛けどころの上手さを武器としている馬で
目一杯追うような馬はあまり得意としていません。

今回の乗り替わりはアイスバブルにとってマイナスだと判断します。

 

 

また、前走の目黒記念をレコードで走った反動も気になります。

 

勝ったルックトゥワイスは目黒記念以降出走していませんが
目黒記念に出走した馬の次走成績を見てみると

ソールインパクト(3着) → 七夕賞 8着

ウインテンダネス(6着) → 七夕賞 9着

ポポカテペトル(12着) → 函館記念 10着

3頭とも次走も見せ場なく惨敗しています。

 

そして、レース中にアドマイヤエイカンは故障を発生

そもそもレースから2ヶ月以上経っているのに
その後出走した馬が3頭しかいない点

 

これらを考えると、目黒記念が相当にハードなレースだったことが伺えます。

アイスバブルが小倉記念で本来の力を出せない可能性は十分に考えられます。

 




 

以上、2つの理由から

小倉記念2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

アイスバブル

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

現在6連続で連対中と抜群の安定感を誇り
前走の目黒記念でも強敵を相手に2着に入ったアイスバブル。

小倉記念でもかなりの人気になる事が予想されますが

目黒記念から大幅な距離短縮という事で
ローテーション的にはあまり良いとは言えません。

 

また、アイスバブルの武器(特徴)を考えると
鞍上が外国人騎手から福永騎手に乗り替わるのはプラスではないですし

レコード決着となった目黒記念の反動も気になり
マイナスの要素が多い馬だと言えます。

小倉記念ではアイスバブルを切って勝負したいですね。

 

 

小倉記念2019で私が注目している馬は
アイスバブルとは違い、絶好調でここに出走できそうなあの馬です。

こっちは期待値が高いですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。