レパードステークス2019の過去10年データ分析|○○党の人には辛いレース

Pocket

レパードステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
レパードステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は待ちに待ったB’zのライヴがあります。

私が中学校の頃からずっと大好きで

社会人になって、一度ライヴに行ってからは
もう虜になってしまいました。

 

松本さんが作るメロディーに加えて
稲葉さんのハイトーンボイスを中心とした突き抜けた歌唱力

どれもが素晴らしくて、絶賛の嵐な訳ですが

もう一つB’zの素晴らしいところがあります。

 

 

それは稲葉さんが書く「歌詞」ですね~

もともとネガティヴだった私に光を与えてくれたのが
B’zであり、稲葉さんであると言っても過言ではありません。

 

稲葉さんの歌詞の素晴らしいところは

「とにかく自分にフォーカスをしている」

というところです。

人のせいにしたりしないんですよね~

 

とにかく自分!

頑張るべきは自分!変わるべきは自分!

文句を言いたい周りの奴は放っておくけ!

みたいなメッセージが多分に込められているんですよね~

 

 

稲葉さんの人格は芸能人の友人にも認められているようで

木村拓哉さん(キムタク)曰く

「芸能界で稲葉さんほどの良い人はいない」

と、言っているようです。

 

という事で、ちょっとB’zに興味を持ってくれた人は
「CHAMP」という歌を是非聞いてみてください。

最高の歌です。

 

という事で、かなり話が脱線しましたが

レパードステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

レパードステークス2019は新潟競馬場ダート1800mで行われています。

内回りで平坦コースの新潟競馬場で行われる重賞という事で

”機動力と先行力”

が重要となるコースですね。

 

そんなレパードステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

レパードステークス、過去10年のデータ分析

新潟のイメージとは真逆!圧倒的に先行馬が有利な舞台

まず、最初に注目したのはレパードステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はレパードステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで4番手以内にいる馬の複勝率は 48.7%

4コーナーで5番手以降にいる馬の複勝率は 14.9%

この成績を見ても分かる通り

圧倒的に「先行馬有利」です。

 

新潟競馬場は直線が長いイメージがありますが
それは芝の外回りコースだけです。

芝の内回りコースは直線が短いですし
更に内を通るダートコースは直線が短く、前にいる馬が有利です。

 

 

ここでレパードステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が6位以下の馬は

なんと43頭いながら ”馬券絡み0”

 

先行馬有利な舞台ですが、平坦なコースなので
なかなか前が止まらず、そのまま押し切っている事が分かります。

先行力と末脚の双方を持っている馬が強いレースですね。

 

 

レパードステークスで勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でレパードステークスの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

レパードステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

先行馬が有利でも内枠の馬は不利のアンバランスさに注目

次にレパードステークスの枠順別成績を見てみましょう。

 

内回りの先行馬有利な舞台ではありますが
内枠(1,2枠)に入った馬は不調を極めています。

その代わり中枠(3~5枠)に入った馬が好成績を収めています。

 

内に入った馬は前に出られてしまうと馬群に入ってしまいますし
前が止まらない平坦コースなので、馬群を突き抜けることも出来ず。

ちょっと自由の利く真ん中の枠が有利ですね。

そして、内枠は不利な材料です。

 

レパードステークスの過去10年における
レース間隔別成績を見てみると

間隔を詰めて出走した馬の方が有利となっています。

 

レパードステークスは前のポジションを取った馬が有利なレースですから
スタートでのダッシュ力が重要となります。

それゆえに直近でレースを使って、
体が温まっている馬の方が好成績を収めているんですね。

 



 

ユニコーンステークス組はイマイチ

次にレパードステークスの前走レース名別成績を見てみましょう。

1位はジャパンダートダービー組で
ここ経由の馬が中心となってきますが

2位のユニコーンステークス組はイマイチ回収率が冴えません。

 

直線が長くて坂のある東京ダートから
直線が短くて坂のない新潟ダートへの転戦

求められる適性が逆だということですね。

 

最後にレパードステークスにおける種牡馬別成績を見てみます。

ダート戦としては珍しくサンデーサイレンス系の種牡馬が活躍しています。

平坦コースでパワーがいらない舞台なので
サンデーサイレンス系のスピードが通用している

という事ですね。

 

 

以上がレパードステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

小回りの平坦コースとかなりトリッキーな条件で行われる
レパードステークスですが、傾向はかなり顕著。

サンデーサイレンス系の種牡馬が活躍しやすいスピードレース

先行した馬がなかなか止まらないスピードレース

この2つを頭に入れておくと期待値の高い馬券が買えそうですね。

 

 

私がレパードステークス2019で注目しているのは
舞台適性があり、前のポジションを取れそうなあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。