【クイーンステークス2019予想】フィニフティを穴馬に推せる理由はコレ!

Pocket

クイーンステークス2019の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週の中京記念は

エントシャイデン

を推しましたが、7着と敗れてしまいました。

内枠はいい材料ではなかったのですが
直線は良い感じで外に出して

「さあ、これからどうだ!」

という感じになりましたが、伸びきれませんでした。

 

 

ただ上がり3ハロンの順位は
ミエノサクシードに続く2位

全く走っていないという訳ではないですし
何か一つ噛み合えば、十分に走れるような雰囲気を見せているので

今後も穴馬として注目していこうと思っています。

 

それにしても、自信があっただけに

「悔しい!!」

この悔しさをグッと押し込めて、
冷静に客観的に分析していこうと思います。

 

という事で、クイーンステークスの馬券に入れたい穴馬のコーナー

行ってみましょう!!

 

動画では完全版という形で理由や根拠を詳細に話しています。
完全版を見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

クイーンステークスあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でクイーンステークスの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

クイーンステークス2019で注目している穴馬はコイツだ!

クイーンステークス2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

秋華賞で2着に入った ミッキーチャーム

G3では常に馬券に入ってくる フロンテアクイーン

この2頭を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される フロンテアクイーン)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう
クイーンステークス2019の穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

フィニフティ

です。

 

フィニフティは新馬戦を勝った直後に出走した
クイーンステークスでいきなり2着に入った素質馬です。

ただ、前走の五稜郭ステークスで13着
2走前のパールステークスで9着

と、惨敗が続いていることから
クイーンステークスでも人気に支持されないことが予想されます。

そんなフィニフティが、なぜクイーンステークスで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

フィニフティを穴で買える材料

能力は重賞級!力を出せれば互角に戦える!

フィニフティは近2走こそ惨敗していますが
能力は重賞級だと言えます。

 

まず新馬戦を勝った後に出走したクイーンステークスで2着という実績があります。

このレースはテトラドラクマが勝ったレースですが
1着馬と3着馬はスタートから逃げた2頭

完全な前残りの競馬になったレースですが
その中でフィニフティはただ1頭猛然と追い込んできて2着

その素質を十分に見せたレースだったと言えます。

 

 

また桜花賞、ローズステークスと惨敗した後に迎えた
1600万条件の初音ステークスでは2着と好走しています。

 

このレースを振り返ってみると

直線半ばで逃げたブラックスビーチを交わした
フィニフティは早めに単騎で先頭に出るような形になります。

ポツンと1頭抜け出た形で、かなり辛い展開になったところ
後から差してきたダノングレースに差される訳ですが
最後まで抵抗をして2着に粘りました。

勝ったダノングレースは強い馬ですが
初音ステークスではフィニフティの方が強いレースをしていました。

 

この走りを見る限りフィニフティは
重賞でも通用する能力を持った馬である

という判断が出来ます。

 

また近2走の凡走を振り返ってみると

パールステークスは離れた逃げ馬を早めに捕まえにいった分
最後は脚をなくした自滅パターン

五稜郭ステークスは普通に凡走していますが
間隔を空けてのプラス16kgで状態面に疑問だったことを考えると
0.6秒差の競馬は悲観する必要はありません。

 

クイーンステークスでは、フィニフティの力を出せれば
実力馬を相手に互角に戦えても何ら不思議はありません。

 

 

クイーンステークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のクイーンステークスは混戦ムードですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

晩成傾向を見せる血統。まだ能力は枯れていない!

クイーンカップや初音ステークスで強い内容の競馬をしたとはいえ
近2走の凡走ぶり、そして早熟傾向にあるディープインパクト産駒という点から

「もう衰えているのでは?」

という見解があってもおかしくありません。

 

ただ、私はフィニフティの力が衰えたとは思いません。

フィニフティの血統を見てみると兄にステファノスがいます。

 

ステファノスは3歳春に皐月賞5着、毎日杯3着という実績があるものの、
本当に強い競馬をするようになったのは古馬になってからです。

そして昨年の毎日王冠でも僅差の4着に入っているように
7歳になっても重賞で互角に戦っていた馬です。

 

 

フィニフティはまだ4歳

ステファノスと母も父も同じで、まだ成長してもおかしくありませんし
好走と凡走の差が激しいタイプなので、
馬の消耗度合いとしてはそれほど高くありません。

 

馬体もデビュー戦は428kgと小柄だった馬ですが
前走は450kg(初音ステークスも446kg)と
徐々に増やしてきており、成長を見せています。

今まではずっと人気になっていた馬ですが
今回は人気から解放されて、単勝20倍以上くらいのオッズで
出走できそうなので、気分よく自分の競馬が出来そうです。

 

成長したフィニフティの姿を見せるには
今回のクイーンステークスは絶好の舞台ですね。

 




 

 

以上、2つの理由から

クイーンステークス2019における

フィニフティは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



 

 

まとめ

デビュー2戦目の重賞でいきなり馬券に絡み
その素質の高さを見せたフィニフティは

レベルの高いメンバーが揃った今回のクイーンステークスでも
十分に戦える能力を持っている馬です。

 

また、血統的にもまだ成長の余地を残しており
消耗度合いも少ない上に、人気薄で出走できる状況は

フィニフティにとってプラスの材料と言えるもので
ここで力を一気に見せてくる確率が高いと言えます。

惨敗続きで、今回人気がないであろうことを考えると

フィニフティの期待値は高いと言えます。

クイーンステークスでのフィニフティは見逃せない穴馬ですね。

 

 

クイーンステークス2019で私が最も注目している馬は
フィニフティではなく、素晴らしい末脚を持っているあの馬

そして、クイーンステークスで危険だと思う馬はあの馬です。

この馬はかなり人気になりそうですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ