小倉記念2019の過去10年データ分析|小回りでも意外な傾向が…

Pocket

小倉記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
小倉記念2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は選挙がありましたね~

自民党が憲法改正の勢力である2/3を確保できなかった

という事で、ニュースになっていましたが、私が注目したのは

 

「令和新撰組」と「NHKから国民を守る党」の躍進ぶり、です。

 

山本太郎さんを党首とする令和新撰組は
(政策の中身は別としても)政党としての機能がありそうですが

「NHKから国民を守る党」

は政党としての機能はないですよね。

 

「NHKから国民を守る党」が主張しているのは
スクランブル放送を実現して

NHKを見ない人には受信料を払わなくて済むようにする。

これだけですね。

 

 

この主張ってめちゃくちゃ理にかなっていますよね。

だって、放送を一度も見ないのに
「金だけ払え」というのは横暴極まりないですもんね。

 

そして、役員や社員達には中小企業で働く人が考えられないくらいの
多額の報酬を払って、別に国民が望んでいない放送を勝手に作って流す

ちょっと考えられないですよね。

 

今は昔と違って、NHKがなくたって情報を得られます。

もうNHKが担う機能は国民全員には必要ないんですよね。

ですので、公平な制度を期待したいと思いますし

そう考えると「NHKから国民を守る党」は
政党としてはめちゃくちゃであるけど
世の中には必要な党なのかな、と思ってしまいますね。

 

という事で、少々脱線しましたが

小倉記念2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

小倉記念2019は小倉競馬場芝2000mで行われています。

小回りの小倉競馬場で行われる重賞という事で

”機動力と持久力”

が重要となるコースですね。

 

そんな小倉記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

小倉記念、過去10年のデータ分析

小回りコースながら差し馬優勢の舞台

まず、最初に注目したのは小倉記念で活躍する馬の脚質です。
以下は小倉記念での4コーナーでの順位別成績です。

この成績を見てみると
「先行馬有利」の様相を呈していますが

 

3コーナーでの順位別成績を見てみると
また違った点が見えてみるので、見てみましょう。

 

3コーナーでの順位別成績、4コーナーでの順位別成績を
合わせてみてみると

3コーナー過ぎから捲りにかかった差し馬が優勢である

という事が分かってきます。

 

 

ここで小倉記念の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が6位以下の馬は

”なんと連対が0”

上がり3ハロン1位~3位の馬が
こぞって好成績を収めており

3コーナー過ぎからの末脚が重要である事が分かります。

 

 

小倉記念あの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で小倉記念の予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

ハンデ戦ながら隠した条件の馬が通用しないレース

次に小倉記念の前走クラス別成績を見てみましょう。

 

小倉記念はハンデ戦でありながら

前走で準オープン(1600万条件)を使った馬は苦戦しており
オープン特別を使った馬も成績が冴えません。

逆に前走で重賞を使った馬の複勝回収率は100%超え

ハンデ戦でありながら、格が通用するレースである事が分かります。

 

ちなみに小倉記念の過去10年における
前走レース名別成績を見てみると

重賞でも七夕賞経由の馬は成績が良くありません。

 

サマー2000シリーズを狙うため
七夕賞から出走してくる馬が多いですが

「夏場の連戦」という事で疲れの取れないローテであることが分かりますね。

 

小倉記念斤量別成績を見てみると

ハンデ差はあまり結果に影響していないですね。

 



 

差し有利の競馬はサンデーサイレンス系の馬が有利

次に小倉記念の種牡馬別成績を見てみましょう。

1位ディープインパクトをはじめとして
6位のネオユニヴァースまで全てサンデーサイレンス系の種牡馬

 

小回りでありながらも差しが通用するので
道中で力を溜めて、最後に力を爆発させられる
サンデーサイレンス系の種牡馬が強いのも納得ですね。

 

最後に小倉記念における枠順別成績を見てみます。

全体的にフラットなように見えますが
馬券に絡んだ馬の数を見てみると

若干、外枠が有利です。

 

3コーナー過ぎから捲りやすいのは外枠ですからね。

この点も考慮しておくと予想の助けにはなりそうです。

 

 

以上が小倉記念2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

小回りの平坦コースとかなりトリッキーな条件で行われる
小倉記念ですが、傾向はかなり顕著。

サンデーサイレンス系の種牡馬が活躍しやすい差し有利のレース

ハンデ戦ながら格下の馬が活躍しづらい実力勝負の舞台

この2つを頭に入れておくと期待値の高い馬券が買えそうですね。

 

 

私が小倉記念2019で注目しているのは
舞台適性があり、末脚も十分に活かせそうなあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。