クイーンステークス2019の過去10年データ分析|開幕週でも意外な傾向が…

Pocket

クイーンステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
クイーンステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

人の親切って2種類あるんじゃないかなと思っています。

一つは、相手の気持ちや意向を考えるタイプの親切

もう一つは、自分が相手にこうしてあげたいと考えるタイプの親切

 

どっちも親切だと思いますし

どっちかが優れている、という事はないと思いますが

私は前者の

相手の気持ちや意向を考えるタイプです。

 

だから、後者のタイプの親切を受けると

たまに窮屈になったりします。

 

 

「ありがた迷惑」なんて言葉がありますが

ちょっと自分本位に感じてしまうんですよね~

「せっかく親切にしてやっているのに!!」

みたいなことを言ってくる人もいます。

 

そうなると、ただ自分の思い通りにしたい人になってしまうので

ちょっと親切とは違ってくちゃいますよね。

バランスがすごく大事だと思います。

 

”マーケットインとプロダクトアウト”

という言葉がありますが

自分のやりたいこと、そして相手が求めること

人間関係に限らず、ビジネスとかで成長するにも
このバランスが非常に大事ですね。

 

という事で、少々脱線しましたが

クイーンステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

クイーンステークス2019は札幌競馬場芝1800mで行われています。

開幕週の札幌競馬場で行われる重賞という事で

”スピードと先行力”

が重要となるコースですね。

 

そんなクイーンステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

クイーンステークス、過去10年のデータ分析

開幕週ながら差し馬優勢の舞台

まず、最初に注目したのはクイーンステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はクイーンステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

クイーンステークスは札幌開幕週で行われる重賞なので
前残りの流れが頭をよぎりますが

実際の結果としては

差し馬が優勢となっています。

 

これは3コーナーでの順位を見るとより顕著で
クイーンステークスでの差し有利の傾向が浮き出てきます。

平坦かつ開幕週で馬場の良い舞台としては珍しい傾向ですね。

 

 

ここでクイーンステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が6位以下の馬は

過去10年で6頭馬券に絡んでいますが
複勝回収率は14%とかなり低い数値になっています。

一方、上がり3ハロン1位の馬は
複勝回収率270%を記録

末脚勝負が顕著な舞台ですね。

 

 

クイーンステークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のクイーンステークスは混戦ムードですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

目立つ3歳馬よりも地味な古馬!

次にクイーンステークスの年齢別成績を見てみましょう。

 

3歳馬が4勝を挙げており、成績としてはとても目立ちますが

トータルで見ると5歳馬のバランスが良いことに気づきます。

 

一昨年のアエロリットは記憶に新しいところですが

それ以外の勝ち馬アイムユアーズ、アヴェンチュラ、アプリコットフィズ
2012年以前の記録なっており

最近のトレンドとしては3歳馬は若干勢いが落ちると判断したいですね。

 

 

ここでクイーンステークスの過去10年における
前走レース名別成績を見ていきます。

1位はオークスとなっていますが
回収率の面で見ると成績は振るいません。

 

2位のヴィクトリアマイルはオークスと比べると

複勝率、複勝回収率の面で極めて優秀です。

このデータからも古馬が優勢である

という事が分かりますね。

 



 

スピードと洋芝適性のバランスが必要

次にクイーンステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

ランクインした馬を見てみると
ディープインパクトらの名前があるものの

全体的に「パワー」「スタミナ」のある馬がランクインしています。

 

札幌競馬場は洋芝で行われるレースですから
パワーがある馬の方が有利になりますが

開幕週という馬場の良い状態で行われるので
スピード能力も通用する。

という相反する要素が混ざっているレースですね。

 

アエロリットのような血統はパワー型で
実際のスピードもあるタイプ

を狙っていきたいですね。

 

最後にクイーンステークスにおける馬体重別成績を見てみます。

良績は480kg~499kgのエリアに集中

いくら開幕週と言えども

やはりスピードだけでは乗り切れない舞台である

という事が分かりますね。

 

 

以上がクイーンステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

札幌競馬の開幕週として行われる
クイーンステークスですが

枠順の有利不利はさしてないレースではありますが
脚質としては差し・追い込みが圧倒的に有利なレースです。

 

開幕週のスピード馬場ではありますが
北海道の洋芝なので、

パワーは必要になります。

・血統面でパワーをこなせそうな馬

・馬体が大きくパワー勝負に耐えられそうな馬

こういった特徴の馬を狙っていきたいですね。

また、近年は3歳馬よりも古馬の方が活躍しているので
その点も頭に入れておきたい要素です。

 

 

私がクイーンステークス2019で注目しているのは
舞台適性があり、配当妙味も十分なあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。