2014七夕賞とプロキオンSの馬券を的中させる為のステップ

Pocket

今週の重賞は七夕賞とプロキオンS

どちらもメンバーを見る限りでは大混戦ですね。

プロキオンSではベストウォーリアが人気しそうですが
あまりスピード感のある走りではないので
今回の舞台、中京ダート1400mの特性をしっかりと抑える必要があります。

そしてスランプに悩む実力馬の取捨は大きな馬券の鍵になるでしょう。

重賞でも実績のあるガンジス、ダノンカモン、シルクフォーチュンや
ハマれば強烈な末脚を使うサウンドリアーナ
これらの馬は全て近走不振でどの程度やれるのかは未知数です。

上がり馬では、前走強烈な末脚を見せたキョウエイアシュラが魅力です。
あとは前走取り消しも冬にいい走りを見せたマイネルバイカも地力をつけていますね。

正式な出走メンバーは決まっていませんが
かなり難解な一戦であることは間違いないでしょう。

もう一方の七夕賞はラブリーデイが人気になりそうです。

が、福島コースに向いているかというとちょっと疑問です。

それならば小回りコースを苦にしない
“メイショウナルト”や“ダイワファルコン”
といったところの方が妙味はありそうです。

ダコールやニューダイナスティーなど
夏の重賞の常連と言えるメンバーも出走を表明してきており
良くも悪くも代わり映えのないメンバー構成と言えます。

他では準オープンを勝って前走壁にぶつかった
マデイラやアドマイヤブルーがどの程度やれるか

いずれにしても実力的な差は少なく
枠順や展開一つであっという間に着順が変わるメンバーだと言えるでしょう。

予想は枠順が確定してからお届けします。