【福島記念2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【福島記念2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは福島記念2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

福島記念は冬場の裏開催で行われるローカル重賞レースです。


(写真は2018福島記念 スティッフェリオ)

福島記念は冬場の裏開催で行われるローカル重賞レースです。

この時期は東京でジャンパンカップ
京都ではエリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップなど

大きいレースが行われる中で、力が一歩足りない馬同士が
タイトルを狙う形になっているので
意外にも激戦になりやすいレースです。

 

ただ、近年の勝ち馬を見てみると

2017年にはウインブライトが勝利
2015年にはヤマカツエースが勝っており
GIでも活躍するような馬を輩出しており

マルターズアポジー、スティッフェリオなど
重賞を複数勝つような馬も出ており
今後の競馬界を見る上でも注目のレースになっています。

 

そんな福島記念2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ミッキースワロー 2.3倍
ステイフーリッシュ 6.2倍
アロハリリー 酒井 7.5倍
クレッシェンドラヴ 8.0倍
リリックドラマ 9.9倍
マイネルサーパス 10.8倍
カンタービレ 11.1倍
ウインイクシード 12.7倍
レッドローゼス 13.1倍
デンコウアンジュ 15.6倍
マイネルファンロン 16.3倍
ロードヴァンドール 20.1倍
アドマイヤジャスタ 藤田菜七子 21.7倍
メートルダール 和田 23.6倍
フローレスマジック 26.3倍
ゴールドサーベラス 30.1倍
ナイトオブナイツ 35.2倍
アウトライアーズ 36.4倍
ルミナスウォリアー 50.7倍
アメリカズカップ 67.6倍
マイネルサージュ 74.0倍
レイホーロマンス 104倍
トーセンガーネット 135倍
タニノフランケル(出走回避)
センテリュオ(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

安定感が増してきた ミッキースワロー

昨年秋はGI戦線で負けてきましたが
今年からG2、G3を堅実に狙っていくローテーションに変えたミッキースワロー

エプソムカップで2桁着順となるなど、
序盤戦は不発も目立ちましたが
七夕賞を圧勝すると、オールカマーでも2着に入り、力を示しました。

秋は天皇賞秋を使わずに、福島記念に矛先を向けるなど
しっかりと賞金を稼ぐローテーションを選んだミッキースワロー

1戦1戦の勝負度合いは高いと言えますね。

函館記念では人気を裏切った レッドローゼス

前走の函館記念では2番人気に推されながら
6着と負けてしまったレッドローゼス

ステイゴールド産駒らしく馬力を備えた馬なので
広いコースよりも道中で押し上げられる小回りコースが向いている馬

福島記念への出走も適性面を見ての出走で
陣営の勝負度合いが伺えるローテーション

レッドローゼスにとって重賞な1戦となります。

そろそろ重賞慣れしてきそうな センテリュオ

破竹の勢いで条件戦を駆け上がってきたセンテリュオですが
マーメイドステークス4着、新潟記念7着と
重賞では今一歩成果を出せていません。

3歳時はローズステークスで負けているように
重賞だと一歩足りない部分を見せますが
そろそろクラス慣れしてきてもいい頃。

ローカル重賞の福島記念なら相手のレベルが下がりますし
センテリュオが初戴冠するには十分な舞台だと言えます。
(出走回避)

復活を遂げたい カンタービレ

前走の府中牝馬ステークスでは10着と敗れ
スランプ気味になっているカンタービレ

昨年のローズステークスでは久しぶりの競馬で勝利を収めて
秋華賞でも3着に入っているように地力はココに入れば上位。

ローカル競馬場の福島記念はカンタービレにとって刺激のある舞台
復活を遂げるには絶好の舞台となりそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。