【中京記念2019】絶対に馬券に入れておきたい穴馬はこの馬だ!

Pocket

中京記念2019の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週の函館記念は

アーバンキッド

を推しましたが、9着と敗れてしまいました。

13番枠と外枠だったことがちょっと辛かったですね~

枠順が決まる前に話をしているので
このあたりは難しさはありますが、ハズレはハズレです。

 

 

穴馬を狙うスタンスとしては

10回買って、1回12倍の配当を当てる

という考えでやっているので

1回のハズレでクヨクヨしても仕方がありません。

 

2019年上半期の穴馬指名は
いい成績を収めることが出来たので
下半期も頑張っていきたいですね。

そして、今回は先週よりも格段自信のある馬を挙げているので

是非、注目してみて貰えたらと思います。

 

という事で、中京記念の馬券に入れたい穴馬のコーナー

行ってみましょう!!

 

動画では完全版という形で理由や根拠を詳細に話しています。
完全版を見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

中京記念2019、あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
中京記念はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは中京記念

TAZUNAでは中京記念の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

中京記念2019で注目している穴馬はコイツだ!

中京記念2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

 

ヴィクトリアマイルで2着に入った プリモシーン

NHKマイルカップで3着に入った カテドラル

この2頭を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 


(1番人気が予想される プリモシーン)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう
中京記念2019の穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

エントシャイデン

です。

 

エントシャイデンは昨年の秋から今年の春にかけて
条件戦で3連勝を飾った馬です。

 

ただ、近3走は重賞レースを使いながら

5着、11着、15着

と、成績を残せていないことから
中京記念でも人気に支持されないことが予想されます。

そんなエントシャイデンが、なぜ中京記念で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

エントシャイデンを穴で買える材料

重賞でも遜色のない競馬を披露、適正な相手で改めての1戦!

エントシャイデンが負けた重賞3戦を見てみると

安田記念 15着

京王杯スプリングカップ 11着

阪急杯 5着

となっています。

 

安田記念については正直「相手が違った」
「格が違った」という事で歯が立たないレースでしたが

それ以外の2戦は決してそんなことはありません。

 

 

まず京王杯スプリングカップを見てみると

最初の3ハロンが34.2秒とスローペースで流れての
上がり勝負という形でした。

 

エントシャイデンはそんな流れを
道中13番手追走と絶望的なポジショニングで走りました。

ですので、負けた事は当然と言えますし
そんな流れの中でも

上がり3ハロン 33.0秒

と、メンバー中2位タイの末脚を見せて
0.5秒差の結果という事で決して悲観する必要はありません。

 

3走前の阪急杯では0.5秒差の5着

道中15番手という後方から

上がり3ハロン34.1秒

と、メンバー中2位タイの末脚を見せました。

 

このレースはスマートオーディンが差し切ったレースで
展開が向かなかったという形ではありませんでしたが

エントシャイデンが重賞でも互角に戦えている事は
京王杯スプリングカップ、阪急杯の内容からも分かります。

今回は更に格の下がる中京競馬場のローカル重賞

エントシャイデンの力が足りない訳がありません。

 

 

中京記念、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の中京記念は混戦ムードですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

得意な舞台、適性のある舞台で一発をかます!

エントシャイデンは昨年の11月に行われた
1000万条件から今年2月に行われた節分ステークスまで
3連勝を飾っていますが、全てマイル戦となっています。

レースの内容を見ても、

エントシャイデンの得意距離がマイルである事は明白です。

 

前走の安田記念はマイル戦でしたが、
格上過ぎて参考にならない事を踏まえて

走った重賞2戦(京王杯スプリングカップ、阪急杯)は
1400m戦だったことを考えると

今回の中京記念ではパフォーマンスアップが見込まれます。

 

ちなみに中京競馬場の芝コースは差し馬有利のコースになっています。

中京記念における過去10年の4角順位別成績を見てみると

4角10番手以下の馬がかなりの高確率で
馬券に絡んでいる事が分かります。

 

 

エントシャイデンの近走の4角順位を見てみると

前走 安田記念 7番手(16頭立て)

2走前 京王杯スプリングカップ 13番手(15頭立て)

3走前 阪急杯 15番手(18頭立て)

4走前 節分ステークス 4番手(7頭立て)

5走前 1000万条件 9番手(14頭立て)

 

と、常に中団から後方の位置から競馬をしています。

(1400m戦だと極端な後方になっています)

今回の中京記念(中京芝1600m)という舞台は

エントシャイデンにとってピッタリの舞台ですね。

 




 

 

以上、2つの理由から

中京記念2019における

エントシャイデンは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



 

 

まとめ

条件戦を3連勝してオープン入りしたエントシャイデンですが
重賞に入ってからは苦戦が続いています。

ただ、その内容を見てみると、
明らかに格上だった安田記念を除けば
十分に戦えており、力不足だとは言えません。

 

また、今回の中京記念は差しが届きやすい舞台であることを考えると
エントシャイデンの力を存分に発揮できる確率が高いと言えます。

重賞での惨敗続きで、今回人気がないであろうことを考えると

エントシャイデンの期待値は高いと言えます。

中京記念でのエントシャイデンは見逃せない穴馬ですね。

 

 

中京記念2019で私が最も注目している馬はエントシャイデンです。

そして、中京記念で危険だと思う馬はあの馬です。

この馬はかなり期待値が低いですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ