ベルカントはスプリンターズSでは勝ち目なし|重賞レース回顧

Pocket

先日行われた重賞CBC賞、ベルカントは果敢に逃げましたが
最後捕まり5着。

エピセアロームが2着に入ったくらいですから
中京1200mとしては前が残る流れになっていた中で
この失速はちょっと頂けません。

直線入ったときも口向きが悪く
スムーズに走れていないという印象を受けました。

根本的に左回りはダメなタイプですね。

今年のスプリンターズSは新潟競馬場での開催。
サクラバクシンオー産駒らしくパワーで押すタイプでもあるので
中山競馬場であれば、いくばくかのチャンスはありますが
今年のGIではノーチャンスでしょう。

勝ち馬トーホウアマポーラはGI級のスケールを感じないし
エピセアロームも底は見えている馬。
今回のメンバーからGIに絡んできそうな馬はいません。

期待したマコトナワラタナは後方から伸びきれませんでした。

上がりタイム33.7秒はトーホウアマポーラと並ぶ最速だっただけに
ポジショニングが後ろすぎた、というよりも展開が向かなかったと言えます。
まだ、見限る事の出来ない馬ですね。

もう一方の重賞ラジオNIKKEI賞はウインマーレライが勝ちましたが
松岡騎手の好騎乗に尽きます。

福島開幕週は内枠、先行は鉄則。

その鉄則をしっかりと守って乗った馬はやはり好走します。

そういう点では後方から外を捲ったクラリティシチーは
実力が違ったと言えるでしょう。

今回のメンバーでは頭一つ、一つ半抜けていますね。

3着ウインフェニックスも内枠から上手く流れに乗れた感じで
人気薄のオウケンブラックなども好走していることから
小回りの福島競馬場(特に開幕週)における枠の
重要性が分かる結果だったのではないでしょうか

最後に巴賞についても言及しておきましょう。

勝ったアロマティコはうまく内をすくいましたね。
本来内枠のレッドレイヴンやアンコイルドがやらなくてはいけないレースを
この馬がやったことで力を存分に出すことが出来ました。

今年の三浦騎手は非常にいいですね。

レッドレイヴン、アンコイルドは外を回った分のロスが響いた事はもちろん
そこを払拭して全てをまくれるほどの力はないという事でしょう。

特にアンコイルドは次走への叩き台という意味合いが強い
勝負気のない騎乗だったと感じました。

期待したゼロスは逃げませんでしたね。

逃げて持ち味が出るタイプなので、
もう少しスピードの出る馬場で見直しが必要でしょう。