中京記念2019の過去10年データ分析|ここで好走するのは○○のタイプ!

Pocket

中京記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
中京記念2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

昔からの社会人のたしなみとして

「新聞を読む」

という事がありますよね。

 

社会人たるものしっかりと社会情勢などを知り
ビジネスに生かすべきだ!!

みたいな理屈で言われている事ですが

今になって思うのは

”新聞を読むって大したことなくね??”

という事です。

 

今はインターネットがあるから余計にそう思うのかもしれませんが

「新聞って全然公正じゃない」

という事を思い知ります。

 

 

子供の頃は新聞って『聖なる物』みたいな印象がありましたが

今になってみると偏りがかなり酷いですよね。

(特に某A新聞あたりは…)

 

だから「新聞を読め!」って言っていた人は

きっと偏った思想に誘導されてしまうんだろうなぁ

と、思ってしまいます。

 

今は情報があふれており

「リテラシー(情報選別能力)がないとダメ」

と言われますが、

情報の選択肢を与えられず、

一方的に洗脳されてしまうよりは100倍マシかなと思いました。

 

という事で、少々脱線しましたが

中京記念2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

中京記念2019は中京競馬場芝1600mで行われています。

タフな中京競馬場で行われるマイル戦という事で

”スピードに加えて、スタミナの要素”

も重要となるコースですね。

 

そんな中京記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

中京記念が今回の条件になってから7回目
データは10年で検索していますが、過去7回分で統計を取っています。

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

中京記念、過去10年のデータ分析

稀に見る差し馬優勢の舞台

まず、最初に注目したのは中京記念の脚質です。
以下は中京記念での4コーナーでの順位別成績です。

競馬の大原則として

「先行馬が有利」

という法則がありますが

タフな中京競馬場の芝コースは

「差し馬が有利」になることが多くなります。

 

常にアップダウンを繰り返すコース

そして、コーナーにクセのある中京競馬場では

差し馬を積極的に狙うのが吉ですね、

 

 

ここで函館記念の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬の複勝回収率は200%超

2位の馬、3位の馬と共に複勝回収率は好調で

差し馬有利の中京記念を示していますね。

 

 

中京記念で勝負度合いが段違いなのはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

中京競馬場芝コースは外枠有利が鉄則!

次に中京記念の枠順別成績を見てみましょう。

 

6枠から外の枠に入った馬の複勝率は極めて優秀で
回収率の面で見てみても、5枠以降の外枠が優秀

基本的に差し馬が有利なコース・条件は外枠が有利です。

中京記念でも同様の傾向を占めている点には注目ですね。

 

ここで中京記念の過去10年における
種牡馬別成績を見ていきます。

末脚を持っている馬が有利な舞台なので
1位のディープインパクトをはじめ
サンデーサイレンス系の種牡馬が上位を形成していますが

デュランダル、メジロベイリー

といったスピードや瞬発力に欠けるタイプの
種牡馬もランクインしています。

 

ただ、末脚が鋭いというだけでは台頭出来ないレースである

という事が分かりますね。

 



 

波乱度MAX!人気馬が苦戦する適性重視のレース

次に中京記念の人気別成績を見てみましょう。

1,2番人気の複勝率、複勝回収率と共に

信じられないくらい低く

人気馬がこけている事が分かります。

 

代わりに5~7番人気の馬が6勝と

ハンデ戦らしい傾向を示しています。

 

中京記念の斤量別成績を見てみると。

57.5kg以上の重いハンデを背負うと

途端に成績が悪くなり、

斤量と密接に関係するレースであることが分かりますね。

 

最後に中京記念における年齢別成績を見てみます。

良績は5,6歳馬に集中

タフなコースの乗り切る精神力と
能力のバランスを保っている馬が強い

という傾向が出ていますね。

 

 

以上が中京記念2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

タフなコースである中京競馬場で行われる中京記念は
差し・追い込み馬が圧倒的に有利なレースです。

差し馬が有利という特徴から
そこに連動して「外枠が有利」であるレースです。

 

厳しさが求められるコースなので

”スタミナ”と”精神力”を保有している馬が強い

という特徴が目立ちますね。

 

 

私が中京記念2019で注目しているのは
舞台適性があり、配当妙味も十分なあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ