函館2歳ステークス2019の過去10年データ分析|狙える条件は○○のみ!!

Pocket

函館2歳ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
函館2歳ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は函館2歳ステークスが始まりますが

はやくも2歳の重賞が始まったな という感じですね。

 

今年の新種牡馬は小粒な印象を受けますが

キズナ産駒が早くも勝ち星を挙げるなど

やっぱり新種牡馬の動向は気になりますよね。

 

 

2019年の新種牡馬をざっと挙げてみると

キズナ、エピファネイア、フェノーメノ

リアルインパクト、トゥザワールド、ワールドエース

ゴールドシップ、カレンブラックヒル、スピルバーグ

 

と、いずれも日本で活躍した馬たちが並んでいますが

私が一番注目しているのは エピファネイア ですね。

 

 

なんといっても、今回のメンバーの中でも

素質(潜在能力)がズ抜けていますよね。

気性面がネックになってGIは2勝しか出来ませんでしたが

群雄割拠の日本競馬に食い込んでいけるのは
この馬しかいないと思っています。

 

そして、シンボリクリスエスの血を継げるかどうか

という点も注目しています。

(是非、血をつなげてほしいなぁと思っています)

函館2歳ステークスではどの産駒が勝つのでしょうか?

 

という事で、少々脱線しましたが

函館2歳ステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

函館2歳ステークス2019は函館競馬場芝1200mで行われています。

直線が短い函館競馬場のレースではありますが
世代最初の重賞という事で

”スピードに加えて、競走馬としての完成度”

も重要となるコースですね。

 

そんな函館2歳ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

函館2歳ステークス、過去10年のデータ分析

先行馬が有利も逃げ切りはなかなか難しいレース

まず、最初に注目したのは函館2歳ステークスの脚質です。
以下は函館2歳ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

先行馬の成績が良い点が目立ちますが
逃げ馬の成績はすぐれません。

函館2歳ステークスは

新馬戦をスピードの違いで逃げ切ったような馬たちが
集まってくるレースなので、

スピードのある馬が集結してペースが速くなり
逃げ切りが難しくなります。

 

とはいえ、極端な後ろの位置から
差してくるのも難しいコースなので

”好位でレースを進めて、直線でも脚を使える”

という事が好走の条件になります。

 

 

ここで函館2歳ステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

最速の上がりタイムは必要とされませんが

上がり6位以下の馬は非常に成績が悪い点が目立ちます。

ただ、先行してなだれ込むような馬は活躍できない

という事を示していますね。

 

 

中京記念は混戦ではない!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「ターフビジョン」

今週のメインレースは中京記念

ターフビジョンでは中京記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「ターフビジョン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ターフビジョン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

 

 

脚を溜める経験が重要

函館2歳ステークスでは逃げた馬が苦戦している
というデータが出ていましたが

新馬戦ではどういう競馬をしたのでしょうか?

次に函館2歳ステークスの前走4角順位別成績を見てみましょう。


新馬戦で逃げ勝った馬は

複勝率18.9% 複勝回収率59%

と、かなり低い数字で終わっています。

 

函館2歳ステークスは新馬戦と比べてレベルが格段に上がるので

逃げ一辺倒では通用しません。

新馬戦で脚を溜める経験をする事が重要となります。

 

ここで函館2歳ステークスの過去10年における
前走上がり3ハロン順位別成績を見ていきます。

上がり3ハロン1位の馬が質・量共に圧倒的で安定しています。

 

函館2歳ステークスで狙うべき脚質が見えてきましたね。

 



 

新馬戦とは比較にならないスタミナが必要なレース

次に函館2歳ステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

前走で1000m戦を使った馬はほぼ壊滅状態

 

先ほども話した通り、新馬戦と重賞では
レベルが段違いなので、タフさが全く違います。

前走で1200mを走り切るだけのスタミナを使っていない
1000m組は当然苦戦を強いられます。

逆に1400m以上のレースを使った馬は
複勝率、複勝回収率共に優秀なので
長い距離を経験した馬の方がアドバンテージがありますね。

 

最後に函館2歳ステークスの前走着差別成績を見てみると。

前走でタイム差なしで勝った馬が意外にも好成績を収めています。

重賞レースはタフなレースなので

「接戦を経験する」

という事は大きなアドバンテージになります。

 

逆に0.6~0.9秒をつけて完勝している馬も優秀な成績

完成度の高いレースで圧勝した馬にも注目が必要ですね。

 

 

以上が函館2歳ステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

函館2歳ステークスは重賞レースなので
新馬戦から一気にレベルが上がるレース

新馬戦ではスピードの違いで逃げ切ったような馬も
簡単には逃げられず、脚を溜める競馬を強いられます。

 

新馬戦で控える競馬が出来た馬、速い上がりを使えた馬は
函館2歳ステークスでも好成績を収めており

素質よりも「現時点での完成度」が求められるレースですね。

 

 

私が函館2歳ステークス2019で注目しているのは
新馬戦で大人びた競馬を展開してみせたあの馬です。

しっかりと的中させたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。