函館記念2019の過去10年データ分析|圧倒的に有利なのは○○な馬!!

Pocket

函館記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
函館記念2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は函館記念が行われますが

函館記念と言えば「27時間テレビ」を思い出します。

 

フジテレビ系列で行われている27時間テレビの放送週になって

「スーパー競馬」が放送されず、27時間テレビの中で
函館記念だけがスポット的に放送されるんですよね~

 

個人的にはそれがめっちゃ嫌なんですよ。

そんなに適当に競馬を扱うなら

テレビ東京系列で特番組んでくれよ

と、思ってしまいます。

 

 

そもそもフジテレビ系で放送されている
「スーパー競馬」が面白くないんですよね。

予想家(馬券購入までを含めて)のレベルが
ウイニング競馬より、驚くくらいに低いし

競馬に関する知識が浅い人が多すぎて
純粋な競馬好きにはめちゃくちゃ物足りないんです。

唯一、細江純子さんだけは良いなと思いますが

それ以外の出演者はもう少しレベルの高い予想家を集めてほしいなと思います。

 

私の希望は

スポニチの 万哲さん

馬三郎の 弥永さん

タレントで言うと

インスタントジョンソンの じゃいさん

馬女として活躍している 天童なこさん

 

これらの方々が出演してくれると

競馬予想番組として一気に面白くなると思います。

 

という事で、少々脱線しましたが

函館記念2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

函館記念2019は函館競馬場芝2000mで行われています。

洋芝に加えて、小回りコースで行われる重賞と言う事で

”全体的な能力の高さよりもコースへの適性”

が重要となるコースですね。

 

そんな函館記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

函館記念、過去10年のデータ分析

小回りで先行馬が圧倒的に有利な舞台

まず、最初に注目したのは函館記念の脚質です。
以下は函館記念での4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで前にいた馬と後ろにいた馬では
成績の差は歴然としています。

 

福島競馬場と並んで直線コースの距離が短い
函館でのレースなので、当然前にいる馬が有利となります。

 

 

では、4コーナーで前にいる馬は

捲って上がってきたのか?

もともと先行していたのか?

このあたりについて見ていこうと思います。

 

ここで函館記念の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬、2位の馬は
揃って複勝率40%台

他のレースと比較すると低い数値だと言えます。

捲ってきた馬よりも、もともと前にいる馬を狙いたいですね。

 

 

函館記念、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の函館記念は混戦ムードですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

先行馬有利は内枠有利!

次に函館記念の枠順別成績を見てみましょう。

 

露骨なまでに「内枠有利」です。

基本的に先行馬が有利なコース・条件は内枠が有利ですし

小回りコースのレースは内枠が有利なんですが

双方を満たす函館記念は内枠が極端に有利になっています。

 

ここで函館記念の過去10年における
種牡馬別成績を見ていきます。

1位は マヤノトップガン

2位は ステイゴールド

3位は シンボリクリスエス

と、パワー系の種牡馬が活躍しています。

 

回収率の良い種牡馬を見てみると

メイショウサムソン、ファルブラヴ、ゴールドヘイロー

と、非サンデーサイレンス系の種牡馬の活躍

 

重い洋芝を攻略するにはパワーが必要であることが分かりますね。

 



 

人気馬は苦戦も、ある程度の格は必要

次に函館記念の人気別成績を見てみましょう。

1番人気の複勝率は11%、複勝回収率は20%

と、信じられないくらいに人気馬がこけています。

 

基本的に現代競馬は「スピード」と「末脚の破壊力」が重視されますが

函館記念では、スピードや末脚は必要とされていません。

 

他の競馬場で実績を出してきた馬

他の競馬場で強いレースを見せてきた馬

が、苦戦しているという舞台設定が

1番人気の低迷に繋がっていると言えます。

 

ただ、強い馬がただ負けるレースではありません。

函館記念の前走クラス別の成績を見てみます。

前走オープン特別を使った馬の複勝率が15%と低いのに対して

前走で重賞を使った馬の複勝率は30%超え

 

十分に格が通用するレースであることが分かります。

 

全体的な能力は高いけれども、
スピードと末脚の威力が弱いがゆえに

他の競馬場ではイマイチ力を発揮できていない馬

こういった馬が函館記念で狙える馬であると言えますね。

 

以上が函館記念2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

小回りの函館競馬場で行われる函館記念は
逃げ・先行馬が圧倒的に有利なレースです。

小回りで、先行馬が有利という特徴から
そこに連動して「内枠が有利」であるレースです。

 

また、開催が進んだあとの洋芝という事で

”パワーに優れた馬”が強く

中央場所でスピード負けしてきたような馬が
狙い目となるレースなので

思い切った穴狙いをしていきたいですね。

 

 

私が函館記念2019で注目しているのは
舞台適性があり、配当妙味も十分なあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑