プロキオンステークス2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

Pocket

プロキオンステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
プロキオンステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ちょっと前の話になりますが

「カネカのパタハラ」が話題になりましたよね~

 

「セクハラ」とか「パワハラ」とかは聞き馴染みのあるフレーズですが

『パタハラ』ってあまり聞き馴染みがないですよね。

ググって調べてみると

「パタニティ・ハラスメント」の略で

男性が育児をする権利や機会を
職場の上司や同僚が侵害することを言うらしいです。

 

日本の企業はハラスメント天国ですよね~

 

 

社会や企業の問題として、

”女性が不当な扱いを受けている”

事が問題に出てきますが

男性も仕事以外の選択肢を持たせてもらえない偏った
価値観を強いられているんですよね~

 

女性が不当な扱いを受ける事と
男性が不当な扱いを受ける事は

セットになっているので、双方同時に改善していかないと
この不条理は消えそうにないですね。

 

終身雇用の崩壊に伴い、企業と社員が対等な立場に近づいていけば
少しずつハラスメントは消えていくと思うので

個人としては副業などをして、会社に依存しない体質を作りたいですね。

 

という事で、競馬と関係のない話になりましたが

プロキオンステークス2019の
データ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

プロキオンステークス2019は中京競馬場ダート1400mで行われています。

数少ない中京競馬場ダート重賞という事で

「中京ダートでの立ち回りの上手さ」

が課題になってくるレースですね。

 

そんなプロキオンステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

データは過去10年で取っていますが
今回の条件で行われたのは7回のみなので
データは7回分のデータとなっております。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

プロキオンステークス、過去10年のデータ分析

極端な後方待機でなければ、差しは十分に利く

まず、最初に注目したのはプロキオンステークスの脚質です。
以下はプロキオンステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

逃げ馬、番手にいた馬こそ好走率は高いですが
5番手以内という位置取りで見てみると、かなり好走率は低くなります。

対する差し馬ですが、10番手以下というような
極端な後方待機策になると成績は下がりますが

「7番手以下」の複勝率は34.2%

と、非常に高い数値になっています。

 

ダートのレースといえば

「前有利」

が、大前提となりますが、プロキオンステークスに限っては

”差し馬も十分に台頭できる”

という事を頭に入れておきたいですね。

 

 

ここでプロキオンステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬の複勝率は28.6%

と、信じられないくらい低い数値となっています。

 

ただ、上がり3ハロン6位以下の馬の成績もイマイチなので
逃げ馬が残っているという訳ではなく

中団あたりから、それなりに伸びてくる

というレースセンスが高い馬、器用な馬が上位に入っています。

 

 

プロキオンステークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のプロキオンステークスは混戦ムードですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

人気馬が力を出せる実力勝負の舞台

次にプロキオンステークスの枠順別成績を見てみましょう。

1枠と8枠の成績が良好ですが
全体的にみるとフラットな成績分布になっており

枠順の有利・不利がない条件

だと言えます。

 

枠順の有利不利、脚質の有利不利を見た上で

プロキオンステークスの人気別成績を見てみましょう。

1,2番人気の成績が突き抜けています。

そして、2着に入った馬も全て5番人気以内という事もあり

”めちゃくちゃ堅いレースである”

という事が分かります。

 

脚質の有利不利が無く、枠順の有利不利がないので

「実力をそのまま出しやすい舞台」

という事が分かりますね。

 



 

好調をキープした馬が活躍するリズム重賞

次にプロキオンステークスにおける前走着順別成績を見てみましょう。

データに掲載されている単勝50倍以下の馬でカウントすると

前走で馬券に絡んだ馬の成績は

【6.7.4.29】

 

データは過去7年で検索しているので

馬券に絡んでいるほとんどの馬が
前走で3着以内に入っている事が分かります。

好調子をそのまま引き継いでいるという事が分かります。

 

最後にプロキオンステークスの種牡馬別成績を見ておきましょう。

1位のマジェスティックウォリアーは

産駒のベストウォーリアが2回勝っているだけなので
参考外として考えると

 

2位キングカメハメハ、3位シスターミニスターの活躍が目立ちます。

この2頭は平坦コースで活躍している種牡馬ですが

プロキオンステークスは好位をキープして
直線でも長く良い脚を使うようなタイプ
(悪く言うとダラダラ脚を使うタイプ)

が活躍するレースなので、京都競馬場が得意な
平坦系の種牡馬は狙い目ですね。

 

以上がプロキオンステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

プロキオンステークスはタフな中京競馬場で行われるレースですが
枠順や脚質の有利不利は非常に少なく

人気馬が実力を発揮しやすい条件です。

 

前走で好走した来た馬が好成績で
平坦コースが得意な馬との相性が良いのも特徴です。

素直に実力を信頼して馬券を買いたいですね。

 

 

私がプロキオンステークス2019で注目しているのは
人気でもここはしっかりと走ってきそうなあの馬です。

この馬は買っておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑