CBC賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

CBC賞2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたCBC賞2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の宝塚記念で上半期の競馬も終了して
今週から下半期の競馬になりますね。

一年の区切りとなる時期なので
新しいことを始めるのには絶好の時期ですよね。

 

私が一番おすすめしているのは

収支をつける事です。

 

 

競馬をやっている人なら誰でも分かると思いますが
一日競馬場にいると熱くなって資金配分が
出来なくなってしまったりするんですよね~

 

だから、結果としてめちゃくちゃ負ける・・・

 

だけれども、収支をつけていれば

全体の成績を悪化させたくないなぁ

という心理が働いて、無駄遣いが減ります。

 

ちょうど今週から下半期のレースがスタートなので

これを機に始めてみると収支が改善しますよ。

 

という事で、下半期の最初の重賞となる

CBC賞2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方がいっぱい情報を詰め込んでいるので、オススメです。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

CBC賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

CBC賞(中京芝1200m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・スタミナがある馬が有利なレース

・外枠が有利なレースレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土日は雨が降りそうなので
もしかしたら稍重馬場くらいになるかもしれないですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

2枠2番 ショウナンアンセム

前走の高松宮記念では超人気薄の立場でありながら
3着と大激走を見せたショウナンアンセム

高松宮記念でもインをついての好走だった事を考えれば
外々をグルリと回って、体力勝負を仕掛けるよりも
良い枠順だと言えます。

ここでショウナンアンセムの真価が問われそうですね。

 

3枠3番 セイウンコウセイ

前走の高松宮記念では単勝万馬券という
屈辱の評価に反して2着に激走したセイウンコウセイ

中京競馬場の芝1200mは得意な舞台ですし
逃げた前走のようにロスなく逃げられそうな
今回の3番枠は有利な枠順だと言えます。

 

 

CBC賞は簡単に的中できるレース!!

【2019年無料予想6週連続的中の実績がある競馬サイト!】
そして、万馬券連発で大幅プラス!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料でCBC賞の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」のCBC賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  CBC賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

4枠4番 アレスバローズ

昨年のCBC賞では勝利を収め
サマースプリントシリーズで大活躍したアレスバローズ

ディープインパクト産駒らしく、スピードと末脚が
優勢タイプの馬で、脚を溜める事が出来る
内目の4番枠はいい条件に入ったと言えます。

ハンデは重くなりますが、一発を秘める馬ですね。

 

5枠7番 ビップライブリー

前走の春雷ステークスでは好位から
粘り込み勝利を収めたビップライブリー

先行馬ですが、パワーを利して粘り込むタイプの馬なので
包まれる可能性がある内枠は避けたかったところ

もう少し外目の枠でも良かったですが、
今回の7番枠は十分にパフォーマンスを発揮できそうな枠ですね。

 

 

6枠8番 キョウワゼノビア

オープン特別であるパラダイスステークス、谷川岳ステークスと
2走続けて3着と状態を上げているキョウワゼノビアは
連闘策でCBC賞に挑みます。

ハーツクライ産駒らしく、ジリジリと伸びてくる馬なので
外目の枠に入れたことは好材料です。

連闘策が吉と出るか凶と出るか、伸るか反るかの競馬になりそうですね。

 

6枠9番 レッドアンシェル

前走の彦根ステークスでは初の1200m戦ながら
今までの詰めの甘さを払しょくするような
素晴らしいレースぶりを披露したレッドアンシェル

精神的なタフさがないタイプの馬なので
馬群に揉まれない外目の枠は好材料です。

鞍上も格上的存在の福永騎手、ここは決めたいですね。

 

 

7枠10番 ラベンダーヴァレイ

今回は岩田康誠騎手の息子である岩田望来騎手の騎乗で
CBC賞に出走してきたラベンダーヴァレイ

重賞初挑戦となる岩田望来騎手ですが
一瞬の切れ味がないラベンダーヴァレイとしては
良い枠順に収まったと言えますね。

 

8枠13番 アウィルアウェイ

前走の葵ステークスでは3着に入り
スランプから払しょくして見せたアウィルアウェイ

本質的な適性はまだ見せていませんが
過去の実績からは立ち回りと機動力を見せて上位にくるタイプ

今回の大外枠は痛恨ですね。

 



 

まとめ

CBC賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠3番 セイウンコウセイ

5枠7番 ビップライブリー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

天候が不確実で荒れ模様が漂う今年のCBC賞

枠順を加味して予想したいですね。

 

 

私がCBC賞2019で注目している馬は
スタミナの必要な中京コースがあっているあの馬です。

人気の盲点になりそうなので、狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。