【アルゼンチン共和国杯2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【アルゼンチン共和国杯2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではアルゼンチン共和国杯2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

アルゼンチン共和国杯は東京で行われた長距離重賞レースです。


(写真は2018アルゼンチン共和国杯 パフォーマプロミス)

アルゼンチン共和国杯は東京で行われた長距離重賞レースです。

ハンデ戦という事もあり、以前はなかなかGIに繋がらない重賞でしたが
近年はGIで活躍する馬も出てきました。

 

昨年の勝ち馬パフォーマプロミスはGIではなかなか
壁を破るような雰囲気がありませんが

2017年にはスワーヴリチャード
2016年にはシュヴァルグラン
2015年にはゴールドアクター

と、3年続けてGI馬を輩出しており
注目度の高いレースだと言えます。

そんなアルゼンチン共和国杯2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ルックトゥワイス 岩田康誠 2.6倍
ムイトオブリガード 5.2倍
ポポカテペトル 8.3倍
ノーブルマーズ 8.5倍
アフリカンゴールド ルメール 8.8倍
タイセイトレイル 10.5倍
アドマイヤジャスタ 12.0倍
アイスバブル 浜中 14.2倍
パリンジェネシス 16.8倍
ハッピーグリン 21.6倍
サンシロウ 24.5倍
バリングラ 27.1倍
トラストケンシン 28.9倍
オジュウチョウサン 松岡 33.7倍
マコトガラハッド 40.6倍
ウインテンダネス 41.8倍
シルヴァンシャー(出走回避)
グレイル(出走回避)
サトノガーネット(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

目黒記念覇者の ルックトゥワイス

昨年のアルゼンチン共和国杯では人気で8着と沈んだものの
同じ条件で行われる目黒記念を制したルックトゥワイス

ステイゴールド産駒らしい切れ味を秘めつつも
どんな馬場でもこなす万能タイプの馬

今回のアルゼンチン共和国杯を制して
ジャパンカップや有馬記念を視野に入れたいところです。

豊富なスタミナが武器の タイセイトレイル

丹頂ステークス、札幌日経オープンと3着が続くタイセイトレイル

直線で鋭い末脚を使うわけではありませんが
どんなタフな流れになってもバテない
豊富なスタミナを武器としている馬です。

アルゼンチン共和国杯の舞台である東京芝2500m戦は
スタミナ勝負になることが多いので、
展開が向けば十分に一発がある馬だといえます。

昨年のアルゼンチン共和国杯2着の ムイトオブリガード

昨年の春から一気に頭角を現し、アルゼンチン共和国杯2018では
後方から一気の末脚を見せて2着に入ったムイトオブリガード

今年は日経新春杯6着、金鯱賞7着、目黒記念5着と
G2戦で一歩足りない結果が続いていますが
一つ噛み合えば、重賞を勝つだけの力は備えています。

昨年2着に入ったこの舞台でムイトオブリガードの走りを見せたいところです。

再び重賞戦線にきた アフリカンゴールド

3歳時は菊花賞に出走した事があるアフリカンゴールド

菊花賞とその次に出走した日経新春杯では
2桁着順と惨敗してしまいましたが
再び条件戦からやり直してきて、重賞戦線に戻ってきました。

スタミナが豊富で長距離戦は得意なタイプ
ハンデ戦であるアルゼンチン共和国杯なら
アフリカンゴールドの良さが活きる可能性は十分に有ります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。