【ラジオNIKKEI賞2019】絶対に馬券を買わない期待値の低い馬はコイツだ!!

Pocket

ラジオNIKKEI賞2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

先週の宝塚記念では

アルアイン を指名しました。

これはですね~

結構自信があったんですよ。

割と安定している馬なので、
毎回好走しているようなイメージがついているんですが

成績(着順)を見てみると綺麗に好走と凡走が分かれていて
ディープインパクト産駒らしい体質の弱さをみせているんですよね。

 

 

しかも、前走の大阪杯では久しぶりに
100%の走りを見せて完勝していたので

「がっつり反動が出る番でしょ」

と、思っていました。

 

着順は4着ですけど、前が残る流れで

3着スワーヴリチャードに離されているんですから
「凡走」と位置づけても決して大袈裟ではないですね。

 

前走の内容だけを見て、

「アルアインやっぱり強いからここも買お」

と、思った人が結構多くいたようですが

目先のことばかりみていると
いい結果を生み出すことが出来ないので

遠くの目標を見据えながら、リスクをとって攻めていきましょう!

 

それでは、いってみましょう!!

 

動画で完全版を話しているので、
完全版を見たい方はこちらからご覧ください。

 

 

ラジオNIKKEI賞は混戦ではない!1強レースだ!

競馬セブンではラジオNIKKEI賞で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてラジオNIKKEI賞3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

ラジオNIKKEI賞3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

ラジオNIKKEI賞2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ブレイキングドーン

です。

 

 

ブレイキングドーンは新馬戦でアドマイヤジャスタを相手に完勝して

続く2戦目の京都2歳ステークスでもクラージュゲリエと
互角の争いを演じて、2着に入った実力馬です。

近走はなかなか結果を残せていませんが
弥生賞でも3着に入っていることから

今回のラジオNIKKEI賞でもある程度の人気になることが予想されます。

そんなブレイキングドーンがなぜ
ラジオNIKKEI賞2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ブレイキングドーンの不安要素

差し馬には厳しいラジオNIKKEI賞

ブレイキングドーンは新馬戦こそ道中2番手からの競馬で
そのまま押し切り勝ちを果たしていますが

弥生賞では 4角7番手

皐月賞では 4角14番手

京都新聞杯では 4角11番手

と、今年に入ってからは追い込み競馬に徹しています。

 

この脚質がラジオNIKKEI賞の好走条件と合いません。

 

 

以下はラジオNIKKEI賞における
過去10年の上がり4角順位別成績です。

どこからどう見ても逃げ・先行馬が有利なレース

 

後方からレースを進めるというだけで
それは大きなリスク要因となります。

 

 

ラジオNIKKEI賞はあの馬の独壇場だ!

 

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
ラジオNIKKEI賞の無料予想を公開します!!

今年のラジオNIKKEI賞は3連単10万円を
記録した菊花賞2018よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

ラジオNIKKEI賞の予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

 

 

ラジオNIKKEI賞でいきなり先行策に出ることはあるのか?

ラジオNIKKEI賞が圧倒的に逃げ・先行が有利である事について
データを見てわかりましたが

ブレイキングドーンが先行策に転じる可能性はないのでしょうか?

 

新馬戦では2番手から押し切り勝ちを収めているし

本質的には先行押し切りがベストの戦法である
ブレイキングドーンにとって
先行策はそんなに無理な形ではありません。

 

 

だけれども、今回のラジオNIKKEI賞において

ブレイキングドーンは先行できないと思っています。

一番の理由は「2200mからの距離短縮である」

という点です。

 

京都芝2200m戦は外回りのゆったりしたコース

当然、ペースが速くなるわけもなく
ゆったりとした流れでレースが進みました。

 

そんな中で、道中10番手以下を追走したブレイキングドーンにとって

小回りコースに替わり、かつ距離が短縮される事で
ペースが速くなるラジオNIKKEI賞の舞台では
脚質転換は測りづらいと言えます。

 

後方からの競馬を余儀なくされて
難しいレースを強いられるのは避けられそうにありません。

 




 

以上、2つの理由から

ラジオNIKKEI賞2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ブレイキングドーン

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

重賞で2着1回、3着1回と
今回のメンバーでは格上の存在だといえる

ブレイキングドーンですが、
本来の持ち味を活かせない追い込み競馬が続いています。

今回も同様の競馬が予想されますが

ラジオNIKKEI賞は差し・追い込みが圧倒的に不利なレースで
ブレイキングドーンにとって苦しい舞台だといえます。

 

また、前走は京都芝2200mの京都新聞杯を使っているので
距離短縮&小回り替わりとなる今回

先行策に切り替えることは難しいと言えます。

ブレイキングドーンが持っている力を出し切れずに
負けてしまう可能性は十分にありますね。

ラジオNIKKEI賞ではブレイキングドーンを切って勝負したいですね。

 

 

ラジオNIKKEI賞2019で私が注目している馬は
確かに適性を見せながらも、それほど人気にならなさそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。