ラジオNIKKEI賞2019の過去10年データ分析|好走している馬にはある共通点が…

Pocket

ラジオNIKKEI賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ラジオNIKKEI賞2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私は、鴨頭嘉人さんのYouTubeチャンネルである

「鴨tube」をたまに見ているんですが

ここで興味深い事を言っていたんですよね~

 

それはテレビのクオリティーと視聴率の話です。

よくワイドショーとかのテレビを見ていると

「なんでこんな酷い報道をするの?」

って、思う事がありますよね。

 

痛ましい事故のニュースで被害者の肉親に対して
心をえぐるような質問をしてみたり

児童虐待のニュースで、加害者の肉親にしつこくインタビューしたり
直接的に関係ないと思われる幼稚園の園長とかを問いただしてみたり

 

巷では「マスゴミ」と呼ばれていますが

それに相応しい非人道的な報道って多かったりします。

 

 

じゃあ、なぜこんなに酷い報道をするの?

と言われれば、答えは単純で明快。

「視聴率が取れるから」

なんですよね~

 

とても真っ当で、正論をいうと視聴率はダダ下がりするらしいです。

つまり、私達が非人道的な報道が大好きだから
マスコミはそれに応えて報道をしている

と言っていました。

 

これって正論ですよね。

私はテレビのワイドショーとかニュースってほとんど見ませんが
(話題の偏りが激しいのと、見解の偏りが激しいので)

多くの人が興味がある事を取り上げて
エンターテイメントを作って金を稼ぐ

これがビジネスの基本ですから

当然、テレビの報道も視聴者のレベルに合わせて
報道をしていく訳です。

色々と思う事がありそうですね。

 

という事で、競馬とは全く関係ない話になってしまいましたが

ラジオNIKKEI賞2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

ラジオNIKKEI賞2019は福島競馬場芝1800mで行われています。

日本一の小回りコースで行われる重賞と言う事で

”全体的な能力の高さよりもコースへの適性”

が重要となるコースですね。

 

そんなラジオNIKKEI賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ラジオNIKKEI賞、過去10年のデータ分析

小回りの開幕週、先行馬有利の材料は揃った

まず、最初に注目したのはラジオNIKKEI賞の脚質です。
以下はラジオNIKKEI賞での4コーナーでの順位別成績です。

パッと見で逃げ・先行馬の成績が良い事が分かりますね。

 

直線コースの距離が日本一短いと言われる
福島競馬場を開幕週の馬場で走る訳ですから

どう考えても、前が有利になるのは仕方がありません。

 

 

ここでラジオNIKKEI賞の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位、2位の馬は複勝率200%超え

先行馬が有利な舞台である割には
上位に入った馬は速い上がりを使っています。

 

福島競馬場でゴール前から600m地点というと
3コーナー過ぎくらいのポジション

先行している馬は自ずとインを通ることになり
走破距離が短くなるので、上がりのタイムが速くなります。

脚を溜められない舞台なので、機動力が重要になりますね。

 

 

ラジオNIKKEI賞で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でラジオNIKKEI賞の予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

重い斤量を背負わされる馬は苦戦傾向に…

次にラジオNIKKEI賞の斤量別成績を見てみましょう。

 

55.5kg以上の斤量を背負っている馬は苦戦している事が分かります。

ラジオNIKKEI賞はハンデ戦

そして、前述したように先行馬が圧倒的に有利で
前のポジションを取ることが重要になるレース

軽い斤量で出走できる事はこの上ないアドバンテージになります。

 

ここでラジオNIKKEI賞の過去10年における
前走着順別成績を見ていきます。

好走率・回収率共に前走で6着以下に負けた馬が好成績です。

これは偏に軽いハンデを貰える事が影響しています。

前走の成績は気にせずに馬券を買っていきたいですね。

 



 

500万条件からの臨戦は苦戦!能力も必要なレース

次にラジオNIKKEI賞の人気別成績を見てみましょう。

ハンデ戦ながらも、1,2番人気馬の成績は良好

2番人気馬は複勝回収率100%を超えているように
人気馬は意外にも健闘を見せているレースです。

 

福島競馬場の開幕週という条件だけを見ると
能力は重要ではなく、適性だけで走れそうな感じがしますが
意外に能力上位の馬は好成績を収めています。

 

この傾向を裏付けるデータを見てみましょう。

ラジオNIKKEI賞の前走クラス別の成績を見てみます。

一番多い臨戦である前走で500万に出走した馬の成績が良くありません。

 

前走で重賞に出走した馬は

目一杯走った後のレースだったり
大幅な距離短縮で前を取りづらいローテだったりして

それほど成績が振るいませんが

前走でオープン特別を走った馬は
回収率・好走率共に素晴らしい成績を残しています。

 

先行馬が有利で、機動力を求められるレースですが

能力のない馬は通用しない

という事は抑えておいた方がいいですね。

 

以上がラジオNIKKEI賞2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

福島競馬場の幕開けとなるラジオNIKKEI賞

小回りコースでの開幕週という条件から

当然、逃げ・先行馬が有利です。

 

また、前のポジションを取りやすい軽斤量馬は好成績で
前走で大敗して、軽いハンデを貰った馬は要注意です。

また適性だけでは通用しないレースになっているので

「能力の担保」は必要になるレースですね。

 

 

私がラジオNIKKEI賞2019で注目しているのは
配当的な旨味がありそうなあの馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑