【スワンステークス2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【スワンステークス2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではスワンステークス2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

スワンステークスはマイルチャンピオンシップの前哨戦となる重賞レースです。


(写真は2018スワンステークス ロードクエスト)

スワンステークスはマイルチャンピオンシップの前哨戦となる重賞レースです。

G2という格式から、以前はマイルチャンピオンシップでも
人気になるような有力馬が出走しますが

本番よりも200m短い舞台であるという点から
天皇賞秋や富士ステークスに有力馬が流れるようになってきました。

 

過去にはミッキーアイルやサトノアラジンなどの
GI馬が勝っていますが

昨年の勝ち馬はロードクエストをはじめとして
アルビアーノ、コパノリチャード、リディル、マルカフェニックスなど
比較的地味な馬でも活躍出来るレースになっています。

そんなスワンステークス2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

グァンチャーレ 2.5倍
アマルフィコースト 5.5倍
マイスタイル 6.6倍
ロジクライ 7.0倍
セイウンコウセイ 8.2倍
デアレガーロ 10.9倍
トゥザクラウン 11.8倍
モズアスコット 岩田 12.9倍
ダイアトニック スミヨン 13.1倍
スマートオーディン 武豊 15.2倍
ロードクエスト 16.4倍
ムーンクエイク 21.0倍
キャナルストリート 23.9倍
ノーワン 松山 28.5倍
マルターズアポジー 31.6倍
タイムトリップ 41.0倍
モーニン 55.7倍
カルヴァリオ 74.1倍
イエローマリンバ 125倍
キングハート 164倍
イベリス(出走回避)
ストーミーシー(出走回避)

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

悲願の重賞制覇を果たした マイスタイル

前走の函館記念では今までの惜敗歴に終止符を打つ形で
しっかりと逃げ切り勝ちを収めたマイスタイル

弥生賞2着、京都金杯2着、そして日本ダービー4着など
全体的な能力の高さは以前から証明されていましたが
前走初めての重賞勝利を収めたことで
マイスタイルの才能が開花する可能性は十分にあります。

今回のスワンステークスは久しぶりの1400m戦という事で
マイスタイルの真価が問われそうです。

安定感が増してきた イベリス

アーリントンカップを勝利して、NHKマイルカップを惨敗。
能力がイマイチ図れなかったイベリスですが
前走のセントウルステークスでは3着に入り
重賞で勝ち負け出来る力を証明しました。

1200mよりは1400mの方が良いタイプの馬なので
スワンステークスではさらに強いイベリスが見られそうです。

阪急杯で豪脚を見せた スマートオーディン

今年の春に行われた阪急杯では後方一気の豪脚を見せて
久しぶりのGI勝利を飾ったスマートオーディン

その後出走した京王杯スプリングカップでは7着
安田記念では13着に敗れるなど
展開がハマった時とハマらない時で
パフォーマンスが大きく変わってくる馬

前残りの決着が多いスワンステークスで
どこまで走れるのかに注目ですね。

現在成長中の ダイアトニック

初の重賞挑戦となった2走前のダービー卿チャレンジトロフィーでは
強敵を相手に4着と健闘したダイアトニック

連勝が止まって、勢いが無くなった前走の安土城ステークスは
凡走の心配がありましたが、このレースを1番人気で完勝
改めて成長している事を見せつけました。

2度目の重賞挑戦となるスワンステークスは色気を持って臨めそうです。

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。