宝塚記念2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬、重馬場が得意なのはあの馬だ!

Pocket

宝塚記念2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
重馬場・不良馬場の得意不得意について
過去10年で行われた宝塚記念2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

上半期最後となるGI宝塚記念の枠順が確定しましたね。

今年の春シーズンを振り返ってみると

「人気馬が勝てなかったなぁ」

という印象があります。

 

フェブラリーステークスのインティはいいとしても

日本ダービーの サートゥルナーリア

安田記念の アーモンドアイ

この2レースを筆頭として

高松宮記念のダノンスマッシュ、桜花賞のダノンファンタジー

NHKマイルカップのグランアレグリア、ヴィクトリアマイルのラッキーライラックなど

まあ、人気馬が力を出せない事が多いレースでした。

 

 

これらの原因になっているのは「馬場」ですよね。

特に春の東京シリーズの超高速馬場は

たびたびの波乱を演出してきました。

 

人気馬が飛ぶのはいいんですけど、

馬に優しくない(故障しやすい)馬場はプラスとは言えません。

 

速い時計を出した馬が偉いわけではないので

あまり偏った馬場は今後避けてほしいものですね。

 

という事で、上半期最後のGIとなる

宝塚記念2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方がいっぱい情報を詰め込んでいるので、オススメですよ。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

宝塚記念2019の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

宝塚記念(阪神芝2200m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・速い上がりを使った馬が有利なレース

・波乱の決着になりやすいないレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土日は雨が降りそうなので
もしかしたら稍重馬場くらいになるかもしれないですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 キセキ

昨年秋の活躍に引き続き、前走の大阪杯でも2着に入り
その高い地力を見せつけたキセキ

追い込みから逃げに脚質転換してからは
非常に安定した成績を残しているので
逃げやすい今回の1番枠はキセキにとって好条件ですね。

不良馬場の菊花賞も勝っているので
馬場悪化でも十分にこなせそうです。

 

2枠2番 レイデオロ

昨年の天皇賞秋でGI2勝目を挙げたレイデオロ

有馬記念でも1番人気に推されているように
地力だけみれば、今回のメンバーでも随一の存在。

スケール感で走るタイプであるだけに
外目の枠からゆったりと走りたかったところですが
今回は内目の2番枠に入りました。

キセキが飛ばして、締まった流れになる事を願いたいですね。

 

 

宝塚記念でキセキを負かすのはあの馬だ!

競馬セブンでは宝塚記念で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして宝塚記念3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

宝塚記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

3枠3番 エタリオウ

前走の天皇賞春では最後方ポツンの戦法で
まともに競馬に参加が出来なかったエタリオウ

今回は癖のある馬の扱いが上手い横山典弘騎手への乗り替わりに加えて
大幅な距離短縮となるレースなので、条件は好転します。

馬群に入れられる内枠はエタリオウにとってプラス

重馬場が得意なステイゴールド産駒という事で
馬場悪化でも十分に期待できそうです。

 

4枠4番 アルアイン

前走の大阪杯では久しぶりのGI勝利を収めたアルアイン

先行策から直線での押し切りが得意なアルアインにとって
今回の宝塚記念で引いた4番枠は絶好の条件。

大阪杯の反動がなければ、好走出来そうですが
馬場が悪化するのは避けたいところですね。

 

 

6枠7番 マカヒキ

不振を極めるダービー馬マカヒキですが
前走の大阪杯では4着に入り、健在ぶりをアピールしました。

若い頃は闘争心に溢れており
内枠から馬群を抜けて差してくる形がベストですが
年を重ねて少し落ち着きが出てきたので
真ん中の7番枠は良いところだと言えます。

馬場はいい方がいいですね。

 

7枠9番 クリンチャー

前走の天皇賞春では4番人気に推されながら
まったく見せ場を作れず凡走したクリンチャー

菊花賞2着、天皇賞春3着の実績がある馬ですが
既にピークは超えた印象があります。

ただ、重馬場は鬼なので、馬場が大幅に悪化した時は要注意ですし
体力を活かす競馬が得意なので、9番枠は良い枠順だと言えますね。

 

 

8枠11番 スワーヴリチャード

昨年の天皇賞秋以降、いまいちピリッとしない走りが続く
スワーヴリチャードは外目11番枠に入りました。

スワーヴリチャードが好走していた頃は
インで脚を溜めて、直線で長くいい脚を使う
というパターンが多かったので、外枠はマイナスです。

この枠であれば、思い切って逃げた方が良いですね。

 

8枠12番 リスグラシュー

前走のクイーンエリザベス2世カップでは
ウインブライトに屈したもののしっかりと3着に入ったリスグラシュー

長くいい脚を使いつつも、勝負所で鈍いところがある
ハーツクライ産駒という事で、
極端な内枠は避けたかったところなので
今回の12番枠はまずますといったところでしょう。

馬場も極端な重馬場でなければ、こなせるので
馬場悪化でのマイナスはなさそうですね。

 



 

まとめ

宝塚記念2019で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠1番 キセキ

4枠4番 アルアイン

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

天候が不確実で荒れ模様が漂う今年の宝塚記念

枠順を加味して予想したいですね。

 

 

私が宝塚記念2019で注目している馬は
今回好枠を引いて、走れる体制にあるあの馬です。

天候には気を付けたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑