2014宝塚記念回顧|展開と適性、絶対的強者とそうでない者の違い

Pocket

昨日行われた宝塚記念。

結果はゴールドシップが横山典弘に導かれて
華麗なる勝利を収めました。

最初のコーナーに入る前に順位を上げていった
ゴールドシップを見て「ヤバイ」と思ったファンも多いはず

ただ、横山典弘騎手はゴールドシップが気分良く走る事だけを
考えて騎乗して、その想いにゴールドシップも応えたという結果になりました。

一番大きな勝因として絶対的な能力の違いが挙げられます。

GIを3勝以上するような馬は絶対能力の違いを持っています。

いくら近走、好走していてもGIを勝てていない馬と
GIを何勝もしている馬の能力の隔たりは
絶対的強者とそうでない者の違いと言えるでしょう。

2着以下の結果を見ると完全な前残りの競馬。

ヴィルシーナが3着に残ったあたりが如実にそれを表しています。

2着カレンミロティックも含めて
この実績を持って即重賞通用かといえばそうではありません。
過剰な期待は禁物でしょう。

では、負けた馬はどうか

ウインバリアシオンは位置取りが悪くレースの流れに乗れませんでした。

岩田騎手にしては消極的な騎乗に映りました。

函館SSのストレイトガールにしても
最近の岩田騎手は燃えるような闘争心を感じません。
後藤騎手の落馬が関係しているのかもしれません。

ウインバリアシオン自身は復活が可能でしょう。

もう一頭の強豪馬ジェンティルドンナは深刻です。

晩年のブエナビスタのように安定した走りが出来なくなっています。
これは気持ちも能力もギリギリという状態である事を表していて
今後は常に危険な人気馬として出走する事になりそうです。

メイショウマンボは大阪杯敗戦時にも話しましたが
牡馬と戦うと力を出せないアパパネ型の牝馬ですので
秋に牝馬限定戦に出てきたのであれば、問題ないでしょう。

ゴールドシップは能力は高いですが
こちらは年齢を重ねる毎にわがままになっているので
得意な舞台では今回のような力を発揮してくれるし
苦手な舞台では全く走らなくなるでしょう。

有馬記念までは難しいでしょう。

むしろ凱旋門賞に出走しても面白いかもしれません。

馬券の方ですが、予想は外れているんですが
シンプルに適性と展開、絶対的能力で買った馬券が当たっていました。

2014y06m29d_160216102

予想家としては反省の一途で、これは私の収支にはいれませんが
シンプルに浅く考えた予想としっかりと考えた予想の融合というのは
非常に難しいですね。

もっと予想家として成長を遂げていきたいと痛感した宝塚記念でした。