ユニコーンステークス2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

ユニコーンステークス2019の枠順確定を受けて
枠順、馬場による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたユニコーンステークス2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ここのところ、高齢者の自動車事故が大きく取り上げられていますよね。

子供が亡くなったりして、痛ましい結果になったこともあって

「高齢者の運転=悪」

みたいな風潮が出てきていますが

実は若者の事故率もそんなに違わないらしいです。

 

高齢者を責めるのが、第一なのではなくて

自動車事故を無くすことが第一

という感じで考えていく必要がありそうですよね~

 

 

私は自動運転に期待をしています。

 

もちろん自動運転でも事故0というのはないでしょうけど、

少しでも事故を減らせるなら、そっちに行くべきだと思いますね。

 

こういった変化を拒絶する人が多いのも事実なので

何がよりベターなのかを考えていきたいですよね。

 

という事で、ユニコーンステークスと全く関係ない話になりましたが
ユニコーンステークス2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方がいっぱい情報を詰め込んでいるので、オススメです。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ユニコーンステークス2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

ユニコーンステークス(東京ダート1600m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・先行した馬が有利なレース

・堅い決着になりやすいないレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日に雨が降りそうなので
もしかしたら稍重馬場くらいになるかもしれないですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ワイドファラオ

ニュージーランドトロフィーでは最内枠から
華麗な逃げ切り勝ちを果たしたワイドファラオは
今回のユニコーンステークスでも最内枠を引きました。

今回はダートでのレースとなるので、揉まれると辛いところ。

久しぶりのダート戦という事で、真っ向勝負では分が悪いので
勝負ができる1番枠は良い枠順だと言えますね。

 

2枠3番 ヴァイトブリック

2走前のヒヤシンスステークスでは
早め抜け出しを図ったものの差されてしまったヴァイトブリック

脚を溜めて一瞬の末脚で抜け出すタイプではないので
もう少し外目の枠から徐々に進出をしたかったところですね。

枠順は良いとは言えません。

 

 

ユニコーンステークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のユニコーンステークスはデュープロセスが中心ですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

3枠5番 サトノギャロス

1200m戦で圧倒的なスピードとパワーを見せて
連勝してきたサトノギャロスは内目の5番枠

一般的に外枠が有利な東京ダート1600m戦ですが
この馬は距離に不安があるので、内目から
距離ロスなく進められる内枠は好材料ですね。

どれだけ折り合えるかが焦点となりそうですね。

 

4枠6番 デアフルーグ

前走の青竜ステークスでは後方から差してきたものの
デュープロセスを捉えられず2着となったデアフルーグ

後方で脚を溜めて、大外をグルリと回すのが
デアフルーグの戦法なので、今回の外枠がほしかったところ。

枠順は良いとは言えないので、津村騎手の手綱さばきに注目です。

 

4枠7番 ザディファレンス

後方からの強烈な末脚を武器としているザディファレンス

今回のユニコーンステークスでも
末脚勝負に賭ける形の乗り方になりそうなので
全体の様子を見ることが出来る7番枠は上々の枠順だと言えます。

 

5枠8番 デュープロセス

現在、4連勝中と最も勢いのあるデュープロセスは
真ん中の8番枠をゲットしました。

先行、差しと自在な脚質を持っている馬なので
どんな形でも対応できる真ん中の偶数枠は良いところですね。

 

 

6枠10番 ヴァニラアイス

前走の端午ステークスではケイアイターコイズ以下に完勝して
改めて地力の高さを見せたヴァニラアイス

好位からの競馬がヴァニラアイスの戦法なので
揉まれない10番枠を引いたことはプラス材料ですね。

ヴァニラアイスの力を出せそうな枠順ですね。

 

6枠11番 ダンツキャッスル

マイペースで逃げると強いダンツキャッスルは
6枠11番と外目の枠を引きました。

1800m戦を走っていただけに
テンのスピードへの対応が鍵となっている馬で
スタートが遅れても馬群に埋もれない
外目の11番枠は良いところだと言えますね。

 

7枠13番 ニューモニュメント

前走の青竜ステークスでは後方から追い込んできて
3着を確保したニューモニュメント

後方からの追い込みというパターンが
出来上がっている馬なので
他馬の妨害を受けない外枠は好材料ですね。

 



 

まとめ

ユニコーンステークス2019で良い条件の枠をゲットしたのは

7枠13番 ニューモニュメント

5枠8番 デュープロセス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

天候が不確実で荒れ模様が漂う今年のユニコーンステークス

枠順を加味して予想したいですね。

 

 

私がユニコーンステークス2019で注目している馬は
今回好枠を引いて、走れる体制にあるあの馬です。

天候には気を付けたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑