【菊花賞2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【菊花賞2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは菊花賞2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

菊花賞は牡馬クラシックの最終戦となるGIレースです。


(写真は2018菊花賞 フィエールマン)

菊花賞は牡馬クラシックの最終戦となるGIレースです。

昔から皐月賞は速い馬が勝つ、ダービーは運のいい馬が勝つ
菊花賞は強い馬が勝つ、と言われているように
京都芝3000mという長丁場でのレースは
能力の高さだけではなく、精神力も問われます。

 

しかし、近年は純然たる長距離馬が少なくなってきた事から
スローペースからの上がり勝負となる場面も増えてきており
中距離馬でも十分に戦えるレースとなっています。

とはいえ、昨年の勝ち馬フィエールマンはその後天皇賞春を制し

2年前の勝ち馬であるキセキもGIでレベルの高い
走りを見せ続けていることを考えると
今後の競馬界にとって注目度の高いレースです。

 

そんな菊花賞2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ヴェロックス 川田 1.6倍
ニシノデイジー ルメール 6.7倍
ワールドプレミア 武豊 8.0倍
ザダル 石橋脩 9.2倍
サトノルークス 福永 9.3倍
ヒシゲッコウ スミヨン 10.9倍
カリボール 13.5倍
レッドジェニアル 酒井学 14.3倍
ホウオウサーベル 16.9倍
シフルマン 22.0倍
ユニコーンライオン 岩田 23.1倍
メロディーレーン 29.4倍
タガノディアマンテ 37.4倍
アドマイヤジャスタ 55.8倍
メイショウテンゲン 59.0倍
ナイママ 70.8倍
カウディーリョ 76.4倍
アドマイヤスコール 103倍
バラックパリンカ 131倍
ヴァンケドミンゴ 139倍
ヒッチコック 284倍
ディバインフォース 319倍
ブレイキングドーン(出走回避)
リオンリオン(出走回避)
ヒーリングマインド(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

実績最上位の ヴェロックス

皐月賞2着、日本ダービー3着と世代でも
トップの実力を見せてきたヴェロックス

秋初戦となった神戸新聞杯ではライバルである
サートゥルナーリアに完敗しましたが
菊花賞はサートゥルナーリア、ダノンキングリーが不在

他馬と比較すると圧倒的な力を示しているヴェロックスにとって
最後の1冠は譲る事が出来ません。

4戦3勝と底が見えない ヒシゲッコウ

現在、4戦3勝とまったく底が見えないヒシゲッコウ

唯一のオープン出走となるプリンシパルステークスでは3着と
わずかに足りませんでしたが、前走は2600m戦という長距離レースを勝っており
菊花賞への適性を見せる結果となりました。

新興勢力の乏しい今年の3歳牡馬世代
ヒシゲッコウの勢いがすべてを凌駕してもおかしくありません。

ルメールに乗り替わる ニシノデイジー

ずっと勝浦騎手とタッグを組んできたニシノデイジー

しかし、残念ながらニシノデイジーに個性を活かせない
騎乗が続き、前走のセントライト記念でも
完全に騎乗ミスと言えるような内容で5着と敗れてしまった事で
とうとう乗り替わりとなりました。

そして、乗り替わるのはトップジョッキー、ルメール騎手
菊花賞では今までのニシノデイジーと全く違うレースぶりが見られるかもしれません。

セントライト記念圧勝の リオンリオン

日本ダービーでは若武者横山武史騎手で惨敗してしまったリオンリオン

青葉賞で逃げ切り勝ちを収めた横山典弘騎手と組んで
出走した前走のセントライト記念では
今までと違い好位からの競馬になりましたが、終わってみれば圧勝

改めて能力の高さと豊富なスタミナを見せつけるレースぶりでした。
さらに距離が伸びる菊花賞では、より強いリオンリオンが期待出来そうです。
(出走回避)

 

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。