【富士ステークス2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【富士ステークス2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは富士ステークス2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

富士ステークスはマイルチャンピオンシップのステップとなる重賞レースです。


(写真は2018富士ステークス ロジクライ)

富士ステークスはマイルチャンピオンシップのステップとなる重賞レースです。

春に行われるGI安田記念と同じ舞台で
馬の底力が問われる条件で行われるレースなっており

G3という格付けながらマイルチャンピオンシップを狙う馬が
多数出走するレースとなりました。

 

2017年は富士ステークスを勝ったエアスピネルが
マイルチャンピオンシップで2着

5着だったペルシアンナイトがマイルチャンピオンシップ勝利

2016年は富士ステークスで2着だったイスラボニータが
マイルチャンピオンシップで2着に入るなど
強いつながりを見せているレースとなっています。

そんな富士ステークス2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

アドマイヤマーズ 2.4倍
ノームコア 4.6倍
レイエンダ 7.7倍
クリノガウディー 8.1倍
ロジクライ 武豊 8.5倍
カテドラル シュタルケ 10.6倍
レッドオルガ 福永 11.0倍
プロディガルサン 14.7倍
ジャンダルム 18.3倍(信越ステークスと両にらみ)
エメラルファイト 21.5倍
キャンベルジュニア 28.9倍
ショウナンライズ 32.0倍
メイショウオワラ 34.5倍
アンノートル 35.1倍
イレイション 47.4倍
トミケンキルカス 52.8倍
リコーワルサー 87.3倍
ダッシングブレイズ 119倍
ストロングタイタン 132倍
ミッキーグローリー(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

マイル界統一を狙う アドマイヤマーズ

前走はNHKマイルカップを制して
3歳のマイル王に輝いたアドマイヤマーズ

春シーズンは皐月賞にも挑戦しましたが4着と
マイルよりも長い距離になってしまうと
パフォーマンスが落ちてしまう事は明白です。

秋シーズンはマイル界を統一すべく、初戦は富士ステークスを予定しています。
ここで良い結果を出してマイルチャンピオンシップを狙いたいですね。

中京記念で期待を裏切った カテドラル

NHKマイルカップでは3着に入り世代トップクラスの
力を見せながら、前走の中京記念では惨敗してしまったカテドラル

かつては皐月賞2着馬のヴェロックスを破っているように
高い潜在能力を持っている馬ですが
京成杯、東スポ杯2歳ステークスで惨敗しているように落差の激しい馬

今回の富士ステークスは強敵が出走してきますが
走る気持ちが戻れば、互角に戦える存在です。

昨年の富士ステークス勝ち馬 ロジクライ

前走の安田記念では勝負に参加できずに凡走してしまいましたが
昨年の富士ステークスを勝利しているロジクライ

先行して長くいい脚を使うのがロジクライの持ち味なので
富士ステークスの舞台である東京芝マイル戦は得意とする舞台

今回は新興勢力も含めて相手がそろいましたが
適性と安定感で十分に戦えそうです。

GI馬となった ノームコア

ヴィクトリアマイルでは超絶レコード決着を制して
GI馬となったノームコア

3歳時はGIへの出走もかなわなかったノームコアですが
3歳秋あたりから、力強さがワンランクあがり充実してきました。

今回の富士ステークスはヴィクトリアマイルでの超絶レコード明け
加えて言うとレコードの反動で骨折した後のレースという事で
難しい条件となりますが、秋のGIを考えると見逃せない1戦となります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。