【府中牝馬ステークス2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【府中牝馬ステークス2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは府中牝馬ステークス2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

府中牝馬ステークスはエリザベス女王杯の前哨戦となる重賞レースです。


(写真は2018府中牝馬ステークス ディアドラ)

府中牝馬ステークスはエリザベス女王杯の前哨戦となる重賞レースです。

以前からこの時期に行われているレースですが
G3からG2へ格上げになったことから
充実したメンバーが揃い、よりエリザベス女王杯とのつながりが強くなりました。

 

昨年は秋華賞馬ディアドラと後のエリザベス女王杯を勝つ
リスグラシューとの一騎打ちとなり
2着のリスグラシューがエリザベス女王杯を制覇

2016年はクイーンズリングが府中牝馬ステークスを勝ち
そのままエリザベス女王杯を制しているように
注目度の高いレースとなっています。

そんな府中牝馬ステークス2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ラッキーライラック 3.1倍
プリモシーン 3.4倍
ディメンシオン 北村友一 6.2倍
スカーレットカラー 6.6倍
クロコスミア 戸崎 8.5倍
カンタービレ 9.1倍
フロンテアクイーン 11.2倍
レッドランディーニ 池添 12.6倍
ダノングレース 16.7倍
オールフォーラヴ 18.2倍
エイシンティンクル 23.0倍
サトノガーネット 26.5倍
ジョディー 28.9倍
ソウルスターリング 31.7倍
ランドネ 49.6倍
ペルソナリテ 55.1倍
ミッキーチャーム(出走回避)
ゴージャスランチ(出走回避)
サラス(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

春は不完全燃焼だった ラッキーライラック

今年の春は休み明けの中山記念で2着に入り
その能力を証明しながらも、
その後の阪神牝馬ステークス、ヴィクトリアマイルでは
思ったような走りが出来なかったラッキーライラック

どちらのレースにおいても展開や位置取りが上手くいなかったレースで
実力負けでない事は間違いありません。

悲願のGIを獲るために、今回の府中牝馬ステークスでは結果が求められます。

東京コースに活路を見い出す ジョディー

前走のオークスは14着とGI級の相手に全く歯が立たなかったジョディー

さすがにGIでは荷が重かった結果になりましたが
東京競馬場で行われたクイーンカップ、フローラステークスでは3着に入るなど
重賞でも十分に走れる実力を持った馬です。

陣営は東京適性を見込んで、秋華賞には出走せず
府中牝馬ステークスに矛先を向けてきました。

狙い澄ませた1戦で挑むジョディー、不気味な存在です。

大舞台に強い クロコスミア

前走のヴィクトリアマイルでは強敵を相手に3着に食い込み
改めて大舞台での強さを見せつけたクロコスミア

府中牝馬ステークスは2017年に勝利
エリザベス女王杯では2着2回とクラスが上がれば上がるほど
能力を発揮するタイプの馬。

府中牝馬ステークス、エリザベス女王杯と戸崎騎手を確約させ挑む秋シーズン
この秋、クロコスミアは無視できない存在になりそうです。

今年重賞2勝の ミッキーチャーム

前走のクイーンステークスでは1番人気に応えて完勝し
今年重賞2勝目を挙げたミッキーチャーム

昨年は条件戦を勝ち上がり、いきなり秋華賞で2着に入ったように
持っている能力はGI級。

ヴィクトリアマイルでは8着と春は結果が出ませんでしたが
ミッキーチャームの真骨頂は中距離以上のレース

エリザベス女王杯に向けて、今回の府中牝馬ステークスは譲れないレースです。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。