ユニコーンステークス2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

Pocket

ユニコーンステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ユニコーンステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

世の中のいろいろなニュースや出来事を見ていると

「情報弱者って多いなぁ」

と、つくづく感じます。

 

競馬に関してもなかなか情弱が多いんですよね。

競馬というゲームがどういうゲームなのか?

馬券で利益を出すためにはどういう攻め方をするべきか?

 

という事については理屈で分かるので

”人とは違う手で攻めながら長期で勝負しなくてはいけない”

という事は分かると思うんですが

何回か連続でレースを外しただけで

「こいつはダメな奴だ!」

みたいな判断をする人がいるんですよね~

 

 

判断するのは自由ですけど

本質が見えないと詐欺にひっかかりますよね。

 

野球とかで考えてみるとよくわかりますが

3割バッターは毎日3打数1安打を繰り返すわけではありません。

スランプな時もあれば、絶好調な時もあったりして

トータル3割になるんですよね。

 

ですので、全体(長期的)を見て、

その人の予想力を判断するのが妥当というか真っ当です。

 

だから、毎回当てないとダメと思っている人は

「毎回当たるよ」と明らかに嘘の情報を流すような人に引っかかるんですよね。

視野が狭くならないように注意が必要ですね。

 

という事で、ユニコーンステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

ユニコーンステークス2019は東京競馬場ダート1600mで行われています。

フェブラリーステークスが行われる舞台で

「全体的な底力」

が問われるレースですね。

 

そんなユニコーンステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

ユニコーンステークス、過去10年のデータ分析

先行馬有利も脚質の有利不利は少ないレース

まず、最初に注目したのはユニコーンステークスの脚質です。
以下はユニコーンステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

好走率・回収率の面で

「先行馬が有利」

 

という傾向が見て取れますが、差し馬の成績もそれほど悪くなく

「展開的な有利不利は少ない」

と言えます。

 

 

ここでユニコーンステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が6位以下の馬は
過去10年で4頭しか馬券に絡んでいません。

比較的、前にいる馬が有利なユニコーンステークスですが
前にいる馬もしっかりと直線では伸びており

なだれ込むだけではなく、直線でしっかりと伸びる
末脚が必要であることが分かります。

 

イメージ的は差し馬有利という感じですね。

 

 

【ユニコーンおすすめ情報】

今週は・・ユニコーンステークスなんですが、

どこから買おうか迷うその時は・・・

コラボ指数とこのレースが相性いいかもしれませんね。

過去数年指数上位6頭で決着してるレースは今年もおそらく指数上位で決まりなはず?!

実際検証してみたところ・・・

ー過去との相性ー
18年指数3位→6位→6位
17年指数4位→3位→1位

16年指数2位→1位→2位
15年指数1位→6位→4位

14年指数2位→6位→5位

おそらくこのレースと指数の相性がいいのでしょうね。
過去5年全て推奨上位6頭

ー3連単配当ー
18年22,430円
17年25,710円

16年1,560円
15年100,770円
14年220,770円

他の気になるレースがあれば会員内にある過去のコラボ@指数から即検索可能なんです。

相性見て指数上位のみなのか指数5位6位も絡んでるレースが多いのか相性が分かります。
無料メルマガ登録にて過去の相性など即確認可能なのでデータベースとして傾向検索してみてください。

 

 

人気馬で決まる堅いレース、無理な穴狙いは禁物!

次にユニコーンステークスの人気別成績を見てみましょう。

過去10年で3番人気以内の馬しか勝っておらず
2着も5番人気以内の馬で9頭を独占しており

とても堅いレースであることが分かります。

 

上半期に行われるダート重賞はユニコーンステークスしかないので

世代最強の馬が集まってくるメンツでのレースになる。

という事を示していますね。

 

ユニコーンステークスの前走クラス別成績を見てみると

500万条件経由の馬が4頭しか馬券に絡んでおらず
複勝回収率も40%台と不振を極めている一方で

オープン特別を使ってきた馬の複勝回収率は100%超え

 

レベルの高いレースでしのぎを削ってきた馬が

そのまま力を出していることが分かります。

 



 

東京競馬場ダート1600mは外枠有利が鉄則!

次にユニコーンステークスの枠順別成績を見てみましょう。

5枠より内と、6枠よりも外で比較すると
数値の違いは一目両線で

「外枠は有利であることが分かります」

 

東京に限らず、ダート戦は外枠が有利なレースが多いですが

東京ダート1600mでも外有利は鉄則

ユニコーンステークスでのその傾向は生きており
展開の有利不利がなく、実力通りに決まりやすいレースですが

『外枠の馬が圧倒的に有利』

という条件は組んでおきたいですね。

 

最後にユニコーンステークスの前走着順別成績を見ておきましょう。

前走で5着以下の敗れた馬の馬券絡みは0です。

 

先ほども話した通りユニコーンステークスは
世代最強のダート馬を決める戦いになるので

調子の悪い馬は勝つことが出来ません。

オープン特別経由の馬しか活躍できていない中で
前走惨敗した馬も活躍できていないという事で

強い馬が強い競馬をするレース

だと言えますね。

素直に近走成績を信用しましょう。

 

以上がユニコーンステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

上半期唯一の3歳ダート重賞であるユニコーンステークス

それだけに世代トップの実力を持つ馬が
集まってくる形となり

「非常に堅いレースになります」

 

唯一の外部要素としては

「外枠に入った馬が有利」

という条件がありますが、

「能力勝負となる堅いレース」

で、素直に実力を評価して予想をすることが的中への近道となりそうです。

 

 

私がユニコーンステークス2019で注目しているのは
配当妙味はないものの、最も確率が高いと思っているあの馬です。

ここは素直に当てに行きましょう!!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑