不良馬場で明暗分かれる!2014帝王賞レースを振り返る

Pocket

6月25日に大井競馬場行われた帝王賞は
ワンダーアキュートが久々のGI美酒。

この馬はスピードが持ち味のダート馬なので
今回馬場が悪くなり、脚抜きが良くなったことはプラスに働きました。

フェブラリーSでも前残りの展開を鋭く差してきたので
まだ終わっていないという事を話しましたが、実力は健在ですね。

1番人気のコパノリッキーは能力分は走りました。

不良馬場と長い距離という不安要素はありましたが
ここをしっかりとこなしたことで安定感が出てきたと言えます。

秋のチャンピオンズカップについても
有力馬の1頭として本番を迎えられるでしょう。

心配なのは4着に敗れたニホンピロアワーズ

近走はどの走りを見てもパフォーマンスが良くありません。
年齢からも下降に入っていると判断できるので
今後は馬券対象となってくるのは難しいでしょう。
人気なら迷わず切りですね。

3着にはソリタリーキングが入りましたが
ダートGIで勝ち負け出来るほどの力はない馬で
交流重賞級といったところでしょう。

今後飛躍の可能性があるとしたら6着のムスカテール

そもそも今回は勝負できるポジショニングをしていなかったので
騎手の騎乗が論外なんですが、能力は高い馬です。

馬がダートに慣れて、気持ちが前に向いてくれば
GIを狙えるところまでいけるでしょう。
あとは中途半端に芝のレースに出さないことですね。

次走、出走時の為にしっかりとチェックしておいて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。