【秋華賞2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【秋華賞2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは秋華賞2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

秋華賞は3歳牝馬GIシリーズの最終戦です。


(写真は2018秋華賞 アーモンドアイ)

秋華賞は3歳牝馬GIシリーズの最終戦です。

桜花賞、オークスと春シーズンのGIと違い
夏を超えて、各馬の成長が問われるGIレースとなります。

加えて、舞台が京都芝2000m内回り戦という事で
桜花賞やオークスのような地力勝負とはならない舞台です。

 

昨年は怪物アーモンドアイが桜花賞、オークスに続いて
秋華賞を完勝して3冠牝馬に輝きましたが

今年はどんな馬が活躍するのか?

春の実績馬が勝つのか?新興勢力が台頭するのか?

注目のレースです。

そんな秋華賞2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダノンファンタジー 川田 3.5倍
クロノジェネシス 北村友一 3.9倍
パッシングスルー 戸崎 5.7倍
カレンブーケドール 津村 6.1倍
コントラチェック ルメール 7.3倍
シゲルピンクダイヤ 和田 8.0倍
ビーチサンバ 福永 10.7倍
フェアリーポルカ 15.5倍
シャドウディーヴァ 岩田 17.0倍
シェーングランツ 武豊 19.6倍
サトノダムゼル デムーロ 22.5倍
エスポワール シュタルケ 23.8倍
ブランノワール 31.6倍
メイショウショウブ 40.7倍
コパカティ 74.1倍
ローズテソーロ 115倍
シングフォーユー 128倍
レッドアネモス 152倍
トゥーフラッシー 209倍
ラヴズオンリーユー(出走回避)
グランアレグリア(出走回避)
エールヴォア(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

オークス2着の カレンブーケドール

オークスではラヴズオンリーユーと接戦を繰り広げて
僅差の2着と大健闘したカレンブーケドール

秋初戦となった紫苑ステークスではいかにもトライアルという
感じのレースぶりで3着と敗れてしまいましたが
秋華賞に向けて大幅に状態を上げていく事が期待出来ます。

ダノンファンタジーもクロノジェネシスもオークスで下した相手
カレンブーケドールが秋華賞馬に輝く可能性は十分に有ります。

直行で挑む クロノジェネシス

春シーズンは桜花賞3着、オークス3着とあと一歩のところで
GIのビッグタイトルを逃してしまったクロノジェネシス

昨年も阪神ジュベナイルフィリーズで2着に入ったように
能力的には現世代でトップの力を持っている馬ですが
秋のローテーションは秋華賞への直行ローテを選択してきました。

休み明けからでも走れるタイプであるだけに
秋華賞での全力投球が期待できそうです。

 

無冠で終われない ダノンファンタジー

昨年は阪神ジュベナイルフィリーズを勝利しており
今年のクラシックでは主役としてレースを走ったダノンファンタジー

しかし、桜花賞4着、オークス5着と
期待を裏切る結果を出してしまいました。

ディープインパクト産駒らしい末脚と脚質の自在性を持っており
前走のローズステークスを完勝した
ダノンファンタジーにとって秋華賞は絶好のチャンス

ラヴズオンリーユー、グランアレグリアなどのGI馬も
出走を予定していますが、ここは意地でも譲れません。

無敗でオークスを勝った ラヴズオンリーユー

春シーズンでは裏路線を歩みながらも
忘れな草賞を勝利した後、オークスも勝利したラヴズオンリーユー

馬の走りも去ることながら、
リアルスティールの妹というしっかりとした
血統背景からも、今後の活躍が期待できる実力馬です。

秋華賞も勝利するようであれば、世代の代表としてだけでなく
アーモンドアイと最強牝馬の座をかけて戦う事も夢ではなくなります。
(出走回避が決定)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。