2014宝塚記念出走馬の能力値比較・予想・馬券購入法について

Pocket

今週のメインレースは宝塚記念

春のGI最終戦となる今回は昨年と似たようなメンバーになりました。

主役を務めるのは3強ゴールドシップ、ウインバリアシオン、ジェンティルドンナ

果たしてこの3強で決まるのか、他の馬に一角崩しの余地があるのか

宝塚記念 勝負度合い 65%

まず最初に宝塚記念の舞台である
阪神芝2200mコースの特徴を見てみましょう。

宝塚記念のデータと特徴

脚質的な有利不利は少ないコースで
内枠に若干のアドバンテージがあります。
そして、最大の特徴はパワー型の馬が活躍するタフなコースであるという点

これらを頭にいれて予想を組み立てていきましょう。

次に能力値を分析をしましょう。

10点満点として、相対的に有力馬の能力に序列をつけます。

9.5 ゴールドシップ、ジェンティルドンナ
9   ウインバリアシオン
8   メイショウマンボ
7.5 デニムアンドルビー、ヴィルシーナ、トーセンジョーダン
7   ホッコーブレイヴ、ヴェルデグリーン
6.5 フェイムゲーム
6   マイネルラクリマ、カレンミロティック

日経賞、天皇賞で急にパフォーマンスを上げた
ホッコーブレイヴだけは、評価が定まらない部分がありますが
このような能力値になっていますね。

本命は ウインバリアシオン です。

能力的には3番手ですが、ここにきて脚質の自在性が出てきた点は強みです。
今回のタフな舞台は、この馬にとって最適で能力を全て出せるでしょう。

対抗は ゴールドシップ です。

能力自体はナンバー1の存在で、昨年も圧勝しているように舞台も最適
対抗以下には落とせません。
気になるのは前走ゴール後に下馬した事と年々ムラになっている気性面
ここを克服できれば一番勝利に近いところにいるのは間違いありません。

3番手は ヴェルデグリーン

こちらは完全なパワータイプ、能力面では劣るものの
距離もコースも最適で一発穴を開けるとしたら最も確率の高い馬です。

能力の判断が難しいホッコーブレイヴは4番手

前走、前々走くらい走れば、勝ちまで見える馬で
最も中穴党が狙いやすい馬ですね。

能力トップタイのジェンティルドンナは
もともとスピード型で今回の舞台は不向き
京都記念で見せた惨敗から年齢によるムラな気性面は
大きな減点ですが、そもそもの能力値から外せないので相手に入れます。

あとは年齢による衰えが気になるも能力上位のトーセンジョーダン
能力劣るもパワー型で阪神適性の高いフェイムゲームを入れます。

馬券の買い方は当てに行くなら
ウインバリアシオンからの馬連と3連複流し。

儲けに行くなら
ウインバリアシオンからの馬単流しと
3連単1着固定のフォーメーション

メイショウマンボは能力4番手で舞台最適も
牡馬とのパワー勝負に大きな不安を抱える点で減点

デニムアンドルビーは切れ味勝負の馬なので
パワー勝負の舞台は不向きなので減点

ヴィルシーナは舞台も牡馬混合も苦手で買い要素なし

この3頭は切りたいと思います。

強い2頭がどんな競馬を見せるのかで馬券はガラっとかわりそうですね。