【京都大賞典2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都大賞典2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都大賞典2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都大賞典は秋の京都競馬開幕週に行われる名物重賞レースです。


(写真は2018京都大賞典 サトノダイヤモンド)

京都大賞典は秋の京都競馬開幕週に行われる名物重賞レースです。

以前はその時代の名馬たちが始動するレースとして
知られていましたが、今は超一流馬が出走しなくなってきました。

それでも、ジャパンカップや有馬記念などの長距離GIを狙う馬が
出走してくる傾向にあり、注目が必要なレースです。

近年では、キタサンブラック、ラブリーデイ、シュヴァルグラン

ローズキングダム、オウケンブルースリ、そしてサトノダイヤモンド

思い返すと、それなりにビッグネームが出走していますね。

 

そんな京都大賞典2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

グローリーヴェイズ 3.4倍
エタリオウ 横山典弘 4.5倍
エアウィンザー 5.0倍
シルヴァンシャー 6.3倍
ダンビュライト 松若 7.8倍
ウラヌスチャーム 8.1倍
パリンジェネシス 13.9倍
アドマイヤジャスタ 17.2倍
アルバート 藤岡佑 17.9倍
リッジマン 蛯名 19.0倍
メートルダール 和田 20.7倍
ノーブルマーズ 27.4倍
クリンチャー 33.9倍
チェスナットコート 42.1倍
ウインテンダネス 菱田 51.2倍
ドレッドノータス 75.1倍
レノヴァール 藤岡康太 85.0倍
ルックトゥワイス(出走回避)
サトノガーネット(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

最強の1勝馬 エタリオウ

菊花賞2着、日経賞2着、神戸新聞杯2着と
GIを勝つ力を見せながらまだ1勝馬と言う立場のエタリオウ

勝てないまでも安定して走ってきた馬ですが
前走の宝塚記念では気難しい面が出てしまい惨敗

今回の京都大賞典は休み明けでの1戦ですが
ここで勝ち負け出来ないようだと秋のGIは非常に不安。
力を見せたい1戦ですね。

破竹の連勝撃を見せる シルヴァンシャー

500万条件から3連勝して一気にオープンクラスまで
駒を進めてきたシルヴァンシャー

出世は送れましたが、まだ8回しかレースに出ておらず
消耗度合いも低く、本格化した今なら
いきなりの重賞(京都大賞典)でも十分に勝負が出来そうです。

日本ダービー最下位だった アドマイヤジャスタ

2歳時に行われたホープフルステークス(GI)で
2着に入った実績のあるアドマイヤジャスタ

春のクラシックでは期待されていましたが
皐月賞で惨敗すると日本ダービーは最下位と屈辱のレースとなりました。

今回の京都大賞典は休養を挟んでの出走という事で
強かったころのアドマイヤジャスタが戻ってくる事を期待したいですね。

広いコースで巻き返したい サトノガーネット

前走のクイーンステークスでは最内枠の影響もあり
思ったような競馬が出来ずに負けてしまったサトノガーネット

ディープインパクト産駒の牝馬ですが、スタミナに優れている馬で
京都大賞典の舞台である京都芝2400mは十分にこなせる舞台

前走は不完全燃焼に終わってしまったレースなので
京都大賞典でしっかりと巻き返して
エリザベス女王杯に弾みをつけたいところです。
(出走回避)

 

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。