安田記念2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

安田記念2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた安田記念2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の日本ダービーは

12番人気の ロジャーバローズ

が勝ちましたね~

 

レースとしては正々堂々とした競馬で
先行押し切り勝ちを果たしたわけですが

どう考えても今の馬場はディープインパクト産駒向きですよね。

 

その後のレースだった目黒記念も

2着にアイスバブル、3着にソールインパクト

と人気薄の馬が絡みましたし

今の馬場は血統とは切り離すことが出来なさそうです。

 

 

ただ、「ここでは枠順の有利不利」

というものを主軸に

有利な枠順か不利な枠順かという事を考えていきたいと思います。

 

という事で、安田記念2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方がいっぱい情報を詰め込んでいるので、オススメです。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

安田記念2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

安田記念(東京芝1600m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・消耗戦となるレース

・脚質の有利不利はないレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れの予報なので
良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠2番 アエロリット

ヴィクトリアマイルでは1000m通過が56秒前半という
暴走気味のペースで逃げながらも僅差の5着に粘ったアエロリット

今回の安田記念は同型であるダノンプレミアムがいるので
前走同様、ハイペースで逃げたいところ

今回の2番枠はそういった戦略をとるには絶好の枠順ですね。
アエロリットの勝負騎乗が見られそうです。

 

2枠4番 サングレーザー

大阪杯ではまったく見せ場なく敗れてしまったサングレーザー

天皇賞秋2着、札幌記念勝利という実績から
前走の1戦で見限ることは出来ない存在です。

今回の安田記念では4番枠と内目の枠を引きましたが
馬群から突き抜ける根性を持った馬なので
良い枠順に入りましたね。

岩田騎手のイン差しがさく裂すれば面白い存在です。

 

3枠5番 インディチャンプ

前走のマイラーズカップでは思わぬスローペースを先行して
自分のリズムで競馬が出来なかったインディチャンプ

こちらもサングレーザーと同様に直線での切れ味、破壊力が武器の馬なので
内目の枠に入ったというのは好条件ですね。

 

 

安田記念は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“安田記念”でも皐月賞よりも自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

4枠7番 モズアスコット

昨年の安田記念勝ち馬でありながら
前走のマイラーズカップもスローペースにやられ
すっかり影の薄くなってしまったモズアスコット

昨年は馬群を縫うように差してきましたが
本質的にはスケール感で勝負するタイプの馬で
外からの差しを得意としている馬

騎手の技量まで考えると難しい枠に入ったと言えます。

 

4枠8番 ステルヴィオ

昨年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬である
ステルヴィオは8番枠と真ん中の枠に入りました。

大外をグルリと回しての直線勝負というイメージのある馬ですが
マイルチャンピオンシップで見せたような
内から鋭く伸びるとい形の方が高いパフォーマンスを発揮できる馬なので
今回の8番枠は上々の枠順だと言えますね。

鞍上乗り替わりで注目の馬です。

 

7枠13番 ペルシアンナイト

得意としている叩き2走目で凡走してしまったペルシアンナイト

昨年のマイルチャンピオンシップでインから伸びてきたように
立ち回りと反応の良さを活かして、イン差しをするのが得意な馬

今回の外枠は痛恨の枠順だと言えますね。

 

 

7枠14番 アーモンドアイ

前走は初のドバイ遠征ながらも危なげない競馬で
GI5勝目を挙げたアーモンドアイ

極限ともいえる瞬発力を武器にしている馬で
能力は今回のメンバーに入っても一枚上です。

揉まれる競馬を経験していないので
内枠はちょっと不安がありましたが
今回の14番枠は上々の枠順だと言えますね。

敵はイン伸びの馬場だけ、という感じですね。

 

8枠15番 ダノンプレミアム

日本ダービー惨敗後、復帰してから金鯱賞、マイラーズカップと
強敵を相手に圧勝続けてきたダノンプレミアム

今回の安田記念でもアーモンドアイとの2強を形成しているように
実績では劣っても地力は高い馬です。

マイラーズカップや金鯱賞と同様に好位で立ち回って
直線で二の脚を使いたかったので
内枠がほしかったですが、今回は痛恨の外枠

川田騎手がどのポジションにつけるのかが注目ですね。

 

8枠16番 ロジクライ

前走の京王杯スプリングカップではしぶとく伸びたロジクライ

格上相手だと気後れするタイプなので
今回の安田記念での大外枠は悪くありませんが
物理的な不利は否めません。

かなり難しい競馬になりそうですね。

 



 

まとめ

安田記念2019で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 アエロリット

2枠4番 サングレーザー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

有力馬が外枠に固まった今年の安田記念

少しずつきな臭い雰囲気が漂ってきましたよ。

 

 

私が安田記念2019で注目している馬は
人気を落としそうですが、走れる体制にあるあの穴馬です。

人気はないので、旨味がありそうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。