【安田記念2019】絶対に馬券に入れておきたい穴馬はこの馬だ!

Pocket

安田記念2019の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週の日本ダービーでは

シュヴァルツリーゼ

を推しましたが、見せ場なく惨敗。

ここでロジャーバローズを推せたら
めちゃくちゃカッコよかったんですけどね~

 

という事で、先週はお寒い結果になってしまいました。

そろそろバツンと一発当てたいぞ!!

 

という事で、今回は安田記念から

馬券に入れたい穴馬を選んでいきます。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

動画では完全版という形で理由や根拠を詳細に話しています。
完全版を見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

安田記念、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の安田記念はアーモンドアイが中心ですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

安田記念2019で注目している穴馬はコイツだ!

安田記念2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

歴代最強牝馬の呼び声高い アーモンドアイ

ディープインパクト産駒史上最強のマイラー ダノンプレミアム

この2頭の一騎打ちモードが漂うメンツとなっています。

 


(圧倒的な1番人気が予想される アーモンドアイ)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう
安田記念2019の穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

ペルシアンナイト

です。

 

ペルシアンナイトは2017年のマイルチャンピオンシップを勝利して

皐月賞、大阪杯、2018マイルチャンピオンシップで
2着とGIでも常に上位に入る活躍を見せている馬ですが

前々走の金鯱賞で4着、前走の大阪杯で11着に惨敗したため
安田記念ではそれほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなペルシアンナイトが、なぜ安田記念で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ペルシアンナイトを穴で買える材料

消耗度0で迎え、勝負騎乗が出来る一戦!

ペルシアンナイトの成績を見てみると

”叩き2走目だけめちゃくちゃ走る”

という特徴があります。

 

2017年に勝利したマイルチャンピオンシップの
前走は富士ステークスに出走して5着(1番人気)

2着に入った2018年のマイルチャンピオンシップの
前走も富士ステークスに出走して5着(4番人気)

同じく、2着に入った2018年の大阪杯の
前走は中山記念に出走して5着(1番人気)

 

と、分かりやすく休み明けを走らず、叩き2戦目で激走してきます。

そんなペルシアンナイトですが、叩き2戦目で激走した後の
叩き3走目は凡走するという特徴もあります。

 

大阪杯2着の後に臨んだ安田記念では6着(2番人気)

皐月賞2着の後に臨んだ日本ダービーでは7着(6番人気)

マイルチャンピオンシップ2着の後に臨んだ香港マイルは5着

つまり、

ワンシーズンでメイチの走りを1回しか出来ないという事が

ペルシアンナイトの特徴です。

 




 

ここで前走の大阪杯を見てみると

叩き2戦目なのに11着と惨敗しています。

「これはペルシアンナイトが衰えた?」

という味方もありますが、私はそうは思いません。

 

なぜなら大阪杯2019はペルシアンナイトにとって不利なレースだったからです。

このレースはインを通った馬、先行した馬が上位を占めたレースでしたが

ペルシアンナイトは7枠11番という外枠から
ずっと外々を回る競馬に終始しました。

勝負所で徐々にポジションを上げて
4コーナーでは4番手に進出したペルシアンナイトですが

コーナーで大外を回した事で、物理的なロスを被り

直線に入った瞬間はマカヒキと同じ11番手位に下がっていました。

勝負どころで進出するのに脚を使ってしまった
ペルシアンナイトが、そこから鋭い末脚を使う事が出来ずに
伸びあぐねるのを感じるとデムーロ騎手は早々に大阪杯を捨てます。

ペルシアンナイトを追うのを止めて

消耗を避けるような形でゴールインしました。

 

この騎乗により着順は11着

上がり3ハロンのタイムは出走馬中下から3番目となる36.1秒

と、形の上では惨敗となっていますが

勝負どころでしっかりと反応した点

コース取りから大きな距離ロスを被った点

デムーロ騎手が早々に追うのを止めた点

など、ペルシアンナイトにとって参考外のレースである事が分かります。

 

能力全開となる叩き2走目で力を温存させて終われた事を考えると

ペルシアンナイトが安田記念で

ワンシーズン一度のメイチの走りを見せてくれる可能性は十分です。

 

もとより、GI1勝、2着3回と高い能力を見せている

ペルシアンナイトにとって、アーモンドアイは別格としても

それ以外の相手とは十分に戦えるレベルにあります。

得意の叩き2走目で凡走したペルシアンナイトが
人気からも見放される事も必至で

 

安田記念2019における

ペルシアンナイトは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



 

まとめ

得意の叩き2走目で凡走してしまったペルシアンナイトですが
大阪杯の内容をみると負けて仕方なしのコース取りと展開だった事は明白です。

大阪杯でも最後は流していたように
ペルシアンナイトの消耗度合いは非常に少なく
安田記念で一発大穴を開ける資格を持った馬だと言えます。

大阪杯の惨敗で人気を落とすことを考えると

ペルシアンナイトの期待値は高いと言えます。

安田記念でのペルシアンナイトは見逃せない穴馬ですね。

 

 

安田記念2019で私が最も注目している馬はペルシアンナイトです。

そして、安田記念で危険だと思う馬はあの馬です。

この馬は切って妙味ありですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ