日本ダービー2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

日本ダービー2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた日本ダービー2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週のオークス、先々週のヴィクトリアマイルと
どちらも凄まじい時計が出るレースでしたね~

 

ただ、私はこの速すぎる馬場は反対なんでよね~

時計が速いとレベルが高いように見えて一見良い感じがしますが

馬に対して良くない!!

 

ヴィクトリアマイルのノームコアが早速骨折しましたし

3着に入ったクロコスミアも宝塚記念を早々に回避

オークスを勝ったラヴズオンリーユーや
2着に入ったカレンブーケドールにも異常が出なければいいなぁと思いますが

故障しなかったとしても、秋シーズンに影響を及ぼす可能性はありますよね。

 

馬に優しいレースであってほしいですね~

 

今週の日本ダービーでも先週、先々週のような爆時計が出てしまうのでしょうか?

という事で、日本ダービー2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方がいっぱい情報を詰め込んでいるので、オススメです。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

日本ダービー2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

日本ダービー(東京芝2400m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・純然たる能力勝負となるレース

・皐月賞組が強いレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れの予報なので
良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

3枠6番 サートゥルナーリア

皐月賞では12番枠と外目の枠を引いたサートゥルナーリアですが
本質的には内で脚を溜める競馬も十分に出来る馬です。

叩き2走目となる今回のレースでは
ある程度内に入っても精神的な負担はかからないでしょうし
日本ダービーの舞台である東京芝2400mは内枠が有利

サートゥルナーリアにとっては絶好の枠に入れたと言えますね。

 

4枠7番 ダノンキングリー

前走の皐月賞ではインをついて僅差の3着と
惜しい競馬になったダノンキングリー

ディープインパクト産駒らしく、外を回っての体力勝負ではなく
内で脚を溜めての直線勝負が向いてくるタイプの馬

もう少し内目の枠が理想ではありますが
今回の7番枠は十分に戦える良い枠だと言えますね。

 

5枠10番 クラージュゲリエ

皐月賞では先行策を打って5着と善戦したクラージュゲリエ

勝負どころでの反応が鈍い馬で
あまり外目の枠だと辛いところですし
あまり内目の枠だと勝負所で置かれて馬群に埋もれる心配があったので
今回の10番枠はクラージュゲリエにとってもっともベストの枠順だと言えます。

 

 

日本ダービーでサートゥルに勝てるのはあの馬だけ!

競馬セブンでは日本ダービーで
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして日本ダービー3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

日本ダービー3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

6枠11番 レッドジェニアル

京都新聞杯を勝ったレッドジェニアルは外目の11番枠に入りました。

血統面から見ても、走りの内容から見て
内で脚を溜めるよりも、外を回っての体力勝負が向くタイプの馬です。

今回の日本ダービーで引き当てた11番枠は
レッドジェニアルにとって競馬をしやすい枠だと言えますね。

 

6枠12番 アドマイヤジャスタ

皐月賞では後方からの競馬になってしまった
アドマイヤジャスタは12番と外目の枠に入りました。

母父エリシオが示すように重い走りをするタイプの馬で
溜めての瞬発力勝負という感じの馬ではないので
ある程度外から競馬をして、押し上げていく形が理想だったので
良い枠順を引けましたね。

 

7枠13番 ヴェロックス

皐月賞ではサートゥルナーリア、ダノンキングリーと接戦を演じて
GI級の能力を示したヴェロックス

皐月賞でも好位から押し上げる競馬を見せていたように
内よりも外の方が良いタイプの馬です。

そういった意味では良い枠順に収まったと言えますが
直線の長い東京コースでの末脚勝負は向かないだけに
舞台適性が大きな武器となりそうです。

 

 

7枠14番 ランフォザローゼス

青葉賞で2着に入り、安定感のある走りを見せたランフォザローゼス

レースセンスが高く、器用な馬なので
日本ダービーでは内に潜って、脚を溜めたかったところですが
今回の14番枠は最悪と言える枠順。

パフォーマンスの低下を考えなくてはいけないですね。

 

7枠15番 リオンリオン

青葉賞で逃げ勝ったリオンリオン

過去のレースぶりから、今回も当然逃げないと持ち味が発揮できないので
今回も逃げを狙う形になりますが、物理的に先頭の内ラチをとるには
距離が必要な15番枠は単純にマイナスだと言えます。

横山武史騎手には厳しい試練ですね。

 

8枠18番 シュヴァルツリーゼ

皐月賞では人気を裏切って大敗してしまったシュヴァルツリーゼ

来ないようだった東京コースに戻ってくるのは好材料ですが
物理的なロスを被る大外枠はマイナス材料だと言えます。

内枠がほしかったですね。

 

 

日本ダービー、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の日本ダービーはサートゥルナーリアが中心ですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

まとめ

日本ダービー2019で良い条件の枠をゲットしたのは

5枠10番 クラージュゲリエ

4枠7番 ダノンキングリー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

先週のオークスとは裏腹に圧倒的な人気馬サートゥルナーリアが
中心となる今年の日本ダービー

波乱の目が少なさそうな雰囲気ですね。

 

 

私が日本ダービー2019で注目している馬は
この舞台で長くいい脚を使えそうなあの馬です。

きっと人気はないと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。