【日本ダービー2019】トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬!

Pocket

日本ダービー2019の予想をするうえで
前哨戦として行われたトライアルレース
について検討しています。

トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬を中心に
日本ダービーで馬券になりそうな馬を探していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は競馬の祭典である「日本ダービー」が行われます。

アドマイヤマーズを除く、皐月賞で上位に入った馬が軒並み出走

今年は例年に勝るとも劣らないレベルの高いメンバー構成となりそうです。

 

皐月賞の王道ローテと

青葉賞、京都新聞杯などのトライアル経由

例年と同じような臨戦から出走してくる今年の日本ダービー

 

1強レースの様相を呈して、予想するにも難しいレースですが、

「トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬」

というテーマで話していきたいと思います。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

日本ダービーで穴をあけるのはあの馬!

今週「ブラッドホース」の無料会員に登録してくれた人には
重賞レースの情報を無料で提供します。

「ブラッドホース」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「ブラッドホース」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「ブラッドホース」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

皐月賞組診断

まずは例年主役となる皐月賞上位馬から見ていきましょう。

勝ったのは1番人気のサートゥルナーリア

ホープフルステークスからぶっつけのローテーションだった
皐月賞はサートゥルナーリアの持っている力を満足出したわけではない

という内容でしたが、それでも勝利を収めました。

今回の日本ダービーは叩き2走目に加えて
適性の高い東京芝2400mということで
死角は全く見当たりません。

 

2着ヴェロックスは若葉ステークスから挑んだローテで2着

持っている適性は直線が短く、パワーが必要な
中山競馬場向きの馬で、東京替わりはプラスにはなりませんが
前走で多頭数、格上げ戦に一気に対応した地力は見逃せず
危険視するほどの馬ではありません。

 

3着ダノンキングリーは共同通信杯の勝ち馬

3走前の中山で強いレースを見せていたように
本質的には中山適性が高い馬ですが
共同通信杯で勝っているように東京も無難にこなせるタイプです。

器用なタイプの馬なので、中山の方がベストですが
「日本ダービーでは危険」と言えるほどのマイナス要素はありません。

 

5着クラージュゲリエは皐月賞で先行策をとって5着を確保

追えば追うほど伸びるタイプの馬ではありますが
勝負所での反応が鈍いタイプの馬なので
GIという大舞台ではちょっと不安があります。

特に高速馬場となっている今の東京は不安ですね。

 

6着タガノディアマンテは後方一気の競馬で上位入線

追い込み一手の競馬を脱するべく
京都新聞杯では先行策に転じましたが、味をなくして5着

好位からの抜け出しという器用な競馬が出来ないタイプで
日本ダービーでも難しい競馬が予想されます。

 

8着アドマイヤジャスタは最後方からの競馬となり惨敗

ホープフルステークスでは先行策を取っているように
本質的には溜めての末脚勝負が向かない馬なので
日本ダービーでは前のポジションを取ることが出来れば
皐月賞以上のパフォーマンスは見せられそうです。

 

10着ナイママは京都新聞杯のような非根幹距離の方が向くタイプなので
日本ダービーの舞台はちょっと疑問です。

12着シュヴァルツリーゼは見るからに東京が得意なタイプ
皐月賞は見せ場のない惨敗でしたが、日本ダービーで前進する可能性はありそうです。

14着サトノルークスは東京替わりはプラスですが
全体的なスケール感に疑問を感じます。

15着メイショウテンゲン、17着ニシノデイジーは
ちょっと負けすぎな感じですね。

 

皐月賞組は

買い

サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー

アドマイヤジャスタ、シュヴァルツリーゼ

危険

クラージュゲリエ、タガノディアマンテ、ナイママ

サトノルークス、メイショウテンゲン、ニシノデイジー

と、判断します。

 




 

青葉賞組診断

次に皐月賞に次ぐローテとなる青葉賞上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは5番人気のリオンリオン

皐月賞で上位入線した馬達とは異なる
スタミナと持久力という武器を持っており
自分のフィールドに替われば、十分に通用するタイプの馬

ただ、横山典弘騎手が乗り替わりで横山武士騎手
これはあまりにもマイナス過ぎます。

 

2着ランフォザローゼスは1番人気だった馬

レースセンスがあって、常に上位に入ってくる馬ですが
裏を返せば、上手く走られた馬を常に捉えられない
底力の薄さが欠点となっている馬です。

昨年はダービーを勝った福永騎手が騎乗しますが
この騎手も勝負騎乗が出来ないタイプの騎手なので
無難に乗って足りない。

というパターンが考えられますね。

 

青葉賞組は

買い:該当なし

危険:リオンリオン、ランフォザローゼス

と、判断します。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

京都新聞杯組診断

次に過去キズナを輩出している京都新聞杯上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは11番人気のレッドジェニアル

前走の条件戦では4着に負けていますが
レース内容はそれほど悪いものではなく
京都新聞杯勝利はフロックではないと判断できます。

ただ、血統面からも走りの内容からも
前走のような非根幹のスタミナ比べのような条件があっている馬で
今回の舞台替わりはちょっとマイナスですね。

 

2着ロジャーバローズはマイぺースでの競馬をしての結果

スプリングステークスでは揉まれて負けているように
格上げ戦はこの馬にとってプラスだとは言えず
能力的にも頭打ちの感が否めませんね。

 

京都新聞杯組は

買い:なし

危険:レッドジェニアル、ロジャーバローズ

と、判断します。

 

 

 

日本ダービーで勝負度合いが段違いなのはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

まとめ

ここまで皐月賞、青葉賞、京都新聞杯の

3つのレースを見ていきましたが

【買い】

サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー

アドマイヤジャスタ、シュヴァルツリーゼ

【危険】

クラージュゲリエ、タガノディアマンテ、ナイママ

サトノルークス、メイショウテンゲン、ニシノデイジー

リオンリオン、ランフォザローゼス、レッドジェニアル、ロジャーバローズ

と判断しています。

 

今年はどう考えても皐月賞組が優勢ですね。

そして、荒れそうな気配もそれほどなく
堅い日本ダービーとなりそうですね。

 

 

日本ダービー2019で私が最も注目している馬は
能力的にも適性的にも穴を開けられる可能性が十分にある、あの馬です。

期待値の面でも期待できますよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。