日本ダービー2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

Pocket

日本ダービー2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
日本ダービー2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はいよいよ競馬の祭典

「日本ダービー」です。

 


(2018日本ダービー ワグネリアン)

 

昨年の日本ダービーはワグネリアンが勝ちましたが
実はこの馬、皐月賞が終わった段階では本命だったんですよね~

もともと中山が合わない脚質でしたし
明らかに皐月賞は練習台みたいな競馬で
最後の100mは追ってすらいませんでしたからね~

 

こりゃ、日本ダービーは本気だな!!

と、思っていましたが、

痛恨の外枠と言う事で4番手まで評価を落としたんですよね~

鞍上が福永騎手というのも外す理由だったんですよ。

 

だって、勝負騎乗が出来ない騎手ですからね。

だけれども、レースが始まってみると

ワグネリアンは先行集団につける勝負騎乗

直線ではエポカドーロを差してのダービー制覇は

ワグネリアン&福永祐一の執念を見たようなレースでした。

 

馬券は外れたものの素晴らしい競馬だったなぁ

と、感動しました。

今年も感動の結末が待っていそうですね~

 

という事で、今週の一年を通した最大のレースである

日本ダービー2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

日本ダービー2019は東京競馬場芝2400mで行われています。

言わずと知れたJRAで最大のレースなので

どの馬もこのダービーを勝つ為に出走してきます。

それゆえに

「いかにここに向けてMAXで仕上げたか」

という点が課題になってくるレースですね。

 

そんな日本ダービーを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

日本ダービー、過去10年のデータ分析

一生に一度のビッグレースは冒険する馬が少ない

まず、最初に注目したのは日本ダービーの脚質です。
以下は日本ダービーでの4コーナーでの順位別成績です。

ぱっと成績を見てみると、

「先行馬が圧倒的に有利」

である事が分かります。

 

日本ダービーは全てのホースマンが目標とするレース

このレースを勝つ為にどの馬も慎重になるため

無理に仕掛けてくるような馬やハイペースで飛ばすような馬は皆無です。

 

先行馬を狙っていく形が定石の手段になりそうですね。

 

ここで日本ダービーの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬は複勝率50%と不調である代わりに

上がり3ハロン6位以下の馬が3勝、2着3回と
脚をなくしても粘り込んでいる馬が多数いる点に注目です。

直線の長い東京コースですが

”差し馬は簡単には差してこられない”

という事が分かりますね。

 

 

日本ダービーで勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で日本ダービーの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

日本ダービーの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

主力は皐月賞組も皐月賞での着順は関係なし

次に日本ダービーの前走レース名別成績を見てみましょう。

皐月賞組が9勝、2着7回と圧倒的な成績を誇っています。

回収率の面では青葉賞組や京都新聞杯組も悪くありませんが
母数の面では圧倒的に皐月賞組ですね。

ただ、この皐月賞組の着順とダービーの着順はリンクしません。

 

日本ダービーの前走着順別成績を見てみると

前走で負けている馬が7勝

前走で馬券に絡めていない馬も4勝

と、惨敗からの巻き返しが顕著なレースだと言えます。

 

昨年勝ったワグネリアンは皐月賞7着

一昨年勝ったレイデオロは皐月賞5着

2着のスワーヴリチャードは皐月賞6着

と、近年は惨敗組の台頭が顕著。

東京芝2400mの適性、そして陣営の勝負気配が重要ですね。

 



 

純粋な能力勝負も外枠は不利

次に日本ダービーの枠順別成績を見てみましょう。

データを見てみると

7枠・8枠といった外枠が不調である事が分かります。

 

東京芝2400mはもともと外枠が不利な舞台

落ち着いた流れになりやすい日本ダービーでは
露骨に外を回った距離ロスが影響してきます。

 

最後に日本ダービーの種牡馬別成績を見ておきましょう。

1位 ディープインパクト

2位 キングカメハメハ

3位 ハーツクライ

4位 ステイゴールド

と、リーディングサイアー上位の馬達が軒並み上位を支配

 

広くてのびのびとしたコースで落ち着いた流れの
レースが展開されるのですから

当然「強い馬が勝つ」という図式になります。

 

以上が日本ダービー2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

競馬の祭典である日本ダービー

能力の高い馬がしっかりと仕上げて出走してくるので
比較的堅く収まるレースですが

大舞台なので各馬が慎重になり、速い流れにはならないレースで

前で競馬を進める馬が有利です。

東京適性と持っている能力で予想をすると的中が近づきますが
枠順も若干影響するので、その点も考慮して馬券を購入していきたいですね。

 

 

私が日本ダービー2019で注目しているのは
皐月賞は惨敗したもののダービーでの舞台適性を合わせ持つあの馬です。

超人気薄が予想されるので、面白い存在ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。