1番人気沈没の法則!2014函館SS、ユニコーンSレース回顧

Pocket

先日行われた重賞ユニコーンSと函館スプリントSは共に
断然の一番人気が外れ、波乱の結果となりました。

まず函館スプリントSはストレイトガールが他の馬に
やっつけられてしまったという印象です。

完全に進路を塞がれ、内に閉じこめられてしまいました。

ストレイトガールの勢いを見ると普通に前があけば
勝ち負けはできていたのは間違いないので
この負けを悲観する必要はないでしょう。

余談ですが、岩田騎手に一時期の強引さがないように感じました。
後藤騎手を落馬させてしまった影響があるのかもしれません。

馬券としては対抗に推していたガルボが勝利したので
残念でしたが、これも競馬です。
正しい予想をしていれば、必ず収支は安定します。

ガルボの勝利は底力の違いでしょう。

今回で重賞4勝目、しかも戦ってきた相手も違いますから
函館巧者・夏馬が揃ったココは人気の盲点でしたね。

2着はローブティサージュ

一時期の不振を短距離路線に行くことで払拭できそうな好内容でした。
が、末脚の甘さはあるので勝ちきるところは難しいかもしれません。

3着にはクリスマスが入りました。

もう少し前で競馬が出来ていれば違った競馬も見られたのかもしれませんが
やはり1200m戦と函館コースは走りますね。

4着はセイコーライコウ

今回はオープンの壁にぶつかった印象ですが
前走、前々走の勝ち方を見ると、このクラスに慣れれば
重賞の1つ2つは勝てる馬になるでしょう。

一方、東京の重賞ユニコーンSはアジアエクスプレスが沈没

完全にスピード負けしていましたね。
2歳戦を見ていて少しきな臭い雰囲気はありましたが
それを無視して能力と臨戦課程+期待で本命を打ってしまったのは反省材料です。

やはり安易に印をつけてはいけませんね。

肝心のアジアエクスプレスの今後ですが
あの内容では、もうダート戦では期待するのは難しいでしょう。
よほど深いダートで力勝負にならない限りは
オープンのスピードに耐えられないでしょう。

勝ったのはレッドアルヴィス

ゴールドアリュール産駒らしい素晴らしい伸びを披露してくれました。
ただ、今回アジアエクスプレスを除くと非常にスケールの小さい
メンバーでの戦いだったので、過信は禁物です。
オープン戦勝利、くらいの感覚で大丈夫です。

2着コーリンベリーもなんとか距離をこなしてくれました。

この馬の持っているスピードは素晴らしいですね。
脚質的にも安定感があって良い馬です。
が、理想はもう1ハロン短い1400mなので
今後出てくる舞台によって再評価が必要な時が出てくるでしょう。

3着バンズーム、4着アンズチャンは力を出し切った結果と言えるでしょう。

2番人気のメイショウパワーズはさっぱりでした。
乗り方はよかったと思うのですが、左回りが苦手なのか
もう少し溜めないと走らないタイプなのか

いずれにしてもまだ見限れません。

今回アジアエクスプレスが圧倒的1番人気を裏切りましたが
今までとガラッと条件が変わってしまったときは
不安要素として疑う必要があるという事です。

それは切るという事ではないんですが
どうしても今回のようなベストの条件に戻ってきてしまうと
「期待」という予想とは無縁のファクターに心を動かされます。

この時の圧倒的1番人気は疑うようにしていきたいところですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。