2014宝塚記念を的中させるには!?出走予定有力馬分析と評価

Pocket

今週のメインレースは春のGI総決算宝塚記念です。

ジャスタウェイやキズナ、フェノーメノなど現役屈指の最強馬候補が
相次いで回避を表明して、寂しいメンバー構成となりました。

が、ゴールドシップ、ジェンティルドンナなど
超GI級は出走を表明しており楽しみなレースです。

早速1頭ずつ紹介していきましょう。

主役は昨年の優勝馬ゴールドシップ

この馬は年を重ねるごとに特性が極端になっています。
スピード勝負の東京・京都は全く走らず
パワー勝負の中山・阪神だけ走る。
そんな傾向ですね。

なので、今年の阪神大賞典を圧勝して、天皇賞・春を
惨敗したのも当然といえば当然の出来事です。
今回は得意の阪神コース、本来はもっと距離があった方がいいですが
昨年も勝っているように問題はありません。

あとは天皇賞後下馬した影響だけですが
期待の方が大きいと言えます。

もう1頭の主役はGI6勝馬ジェンティルドンナ

こちらは典型的なスピードホースで、昨年も3着に敗れているように
パワー勝負は苦手です。ドバイのレースを勝ったことは
底力の証明ですが、今年初戦の京都記念で惨敗しているように
年齢と共にムラが出てきている事も確かで
こちらは不安の方が大きいと言えます。

悲願のGI制覇をもくろむウインバリアシオン

実績は上位2頭に大きく水をあけられていますが
今回一番勝利に近いところにいると言っても過言ではありません。

長期休養明けから有馬記念2着、天皇賞・春2着
日経賞圧勝と近走内容では今回のメンバー中1番です。

距離はもっと長い方が良いタイプですが
2200mは十分にこなせるでしょう。

それ以降は大きく離されますが
実力的にはデニムアンドルビーが4番手でしょう。

生粋の東京巧者で阪神は向かない馬ですが
前走で一叩きして今回巻き返してもおかしくないだけの
能力を持っている事は間違いありません。

4歳牝馬の女大将メイショウマンボは
能力・舞台適性を考えればジェンティル、デニムよりも分がありますが、
大阪杯を見ていると牡馬混合で力を出せないタイプなので
今回はかなり厳しいと言わざるを得ません。

あとは伏兵陣となってきますが
気になる馬から順番に紹介していきましょう。

最初は天皇賞であっといわせたホッコーブレイヴ
日経賞も天皇賞も後方から猛然と追い込んで来ました。
自分でレースを作れないタイプで展開に左右される点は否めませんが
ハマればその末脚は上位馬をなで切る可能性があります。

次に関東馬フェイムゲーム
こちらはハーツクライ産駒らしくパワー型の馬です。
が、東京で重賞を勝っているように能力は優に重賞級。
今回は適性のある舞台で一角崩しを狙える馬です。

次も関東馬のヴェルデグリーン

こちらも完全なパワー型の馬で能力は重賞級。
今回は適性の高い舞台で、ホッコーブレイヴと同じような
長所と短所を持っているので、隙があれば一発かませるでしょう。

馬券の焦点は「牝馬の取り扱い」です。

ジェンティルドンナ、デニムアンドルビー、メイショウマンボと
この3頭は能力や適性面を考えると馬券に絡む確率が微妙。

馬券を当てる事だけを考えるのであれば3頭とも外せないし、
回収率を上げる事だけを考えるのであれば3頭とも外すべき
という微妙なポジションにいる馬です。

この馬の取捨で宝塚記念の馬券が決まります。

最終決定は日曜日の朝にお届けする予定です。