オークス2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

Pocket

オークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
オークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はオークスが行われますが
私の中で一番記憶に残っているオークス馬は

エアグルーヴ です。

 

今でこそ、アーモンドアイとかジェンティルドンナなど
一流の牡馬と戦っても全くひるまないような馬が
出てくるのが当たり前になっていますが

当時の牝馬は一線級の牡馬と互角に戦えなかったんですよね~

 

そんな中、現れたエアグルーヴは同じ厩舎であり
牡馬クラシックの有力候補であったロイヤルタッチを調教で常に圧倒

ロイヤルタッチは皐月賞で2着に入っているレベルの馬なので

もしかしたら日本ダービーに出走しても勝ち負けが出来たかもしれません。

 

そんな妄想を実現するかのように

古馬になってからバブルガムフェローらを倒して天皇賞秋を制覇

この年、エアグルーヴが勝ったGIは天皇賞秋だけでしたが

この1勝で年度代表馬になったほどインパクトを残した馬でした。

 

今年の3歳牝馬路線もかなりレベルが高いので

エアグルーヴのように輝きを放つスターホースが誕生するかもしれないですね。

 

という事で、今週のメインレースである

オークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

オークス2019は東京競馬場芝2400mで行われています。

桜花賞に続く、3歳牝馬クラシックの2戦目で

桜花賞がスピードを競い合うレースなら
オークスは全体の能力(総合力)を競うレースです。

牝馬には未知の舞台となる2400mという距離で

距離適性と地力が問われる一戦になりそうですね。

 

そんなオークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

オークス、過去10年のデータ分析

直線が長い東京は脚を溜める事が大切

まず、最初に注目したのはオークスの脚質です。
以下はオークスでの4コーナーでの順位別成績です。

ぱっと成績を見てみると、

回収率の面で先行馬が有利な形に見えますが

馬券に絡んでいる馬の数や複勝率を見てみると
極端に前に行っても、極端に後ろから行ってもよくありません。

 

牝馬にとって2400mという未知の距離を走るので

ゆったりとしたペースで動くのですが
あまり前にいってしまうとスタミナが切れる

という形が見えてきますね。

 

好位追走が好走の条件となりそうです。

 

ここでオークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬は

13頭いて馬券に絡んだのは12頭

各馬が折り合いに専念するだけに

溜めを利かせて、最後末脚を爆発させた馬が強い

という事が分かりますね。

 

オークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のオークスは勢いのある4歳馬が中心ですが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

 

 

地力勝負の舞台で、波乱の目は薄い

次にオークスの人気別成績を見てみましょう。

1、2番人気の複勝回収率が100%を超えているように

”実力のある馬が堅実に走るレース”

となっています。

 

オークスが終わると春競馬はお休みとなるので

有力馬はオークスできっちりと仕上げてきて
全力でレースに挑んでいる

という点が堅く収まる要因ですね。

 

また、オークスの前走着順別成績を見てみると

前走で3着以内に入った馬が好成績を収めています。

調子の良い馬が、引き続きオークスでも力を出している点も
波乱度が低い要因ですね。

 



 

ステップレースは3レースのみ

次にオークスの前走出走レース別成績を見てみましょう。

データを見てみると

桜花賞・フローラステークス・忘れな草賞

(皐月賞は例外として考えています)

 

3歳牝馬の最高峰レースなので

レベルが最も高い桜花賞か

距離が長いフローラステークス、忘れな草賞

ハイレベルなレースか距離経験を得るレースの2択を迫られそうです。

消耗度合いが高い馬は苦しいという事が分かります。

 

最後にオークスの枠順別成績を見ておきましょう。

「東京芝2400mは内枠が有利」

という定説通りに、内枠が活躍しています。

 

また、内枠以外でデータを見てみると

真ん中の枠よりも外枠の方が良い

というデータが出ています。

 

長丁場のレースなので、揉まれて消耗してしまうと

かなり厳しくなることが分かります。

 

以上がオークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

3歳牝馬にとって春シーズン最後の大一番となるオークス

実力馬が仕上げて出走してくるので
比較的堅く収まるレースです。

また3歳牝馬にとって未知の距離となりますので
GIといえども、速い流れにはならないレースで

脚をためて末脚を使える馬が有利です。

枠順も若干影響するので、馬の個性と照らし合わせて
馬券を購入していきたいですね。

 

 

私がオークス2019で注目しているのは
抜群の距離適性を合わせ持つあの馬です。

人気薄が予想されるので、期待値は高いですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑