【ヴィクトリアマイル2019】絶対に馬券に入れておきたい穴馬はこの馬だ!

Pocket

ヴィクトリアマイル2019の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

桜花賞では ノーワン

皐月賞では ブレイキングドーン

と、超絶人気薄を挙げたことで

ハズレを刻み続けていた、このコーナーですが

 

先週のNHKマイルカップで推した カテドラル

は久しぶりに馬券圏内に入ってくれました。

単勝はちょっと残念でしたが、グランアレグリアが飛んだので

複勝は7.5倍もついてくれて

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナーで推した馬の

単複回収率が再び100%を超えてくれました。

 

先週の的中で守りに入ることなく

ここも攻めていきたいと思いますよ。

 

という事で、今回はヴィクトリアマイルから

馬券に入れたい穴馬を選んでいきます。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

動画では完全版という形で理由や根拠を詳細に話しています。
完全版を見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

ヴィクトリアマイルは馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“ヴィクトリアマイル”でも自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

ヴィクトリアマイル2019で注目している穴馬はコイツだ!

ヴィクトリアマイル2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬の ラッキーライラック

阪神牝馬ステークスを勝った ミッキーチャーム

昨年のローズステークス勝ち馬 カンタービレ

 

これらの馬が人気になりそうなメンツですが

開催時期や馬場の問題もあり

波乱の雰囲気が漂うレースです。

 


(実績上位の ラッキーライラック)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう
ヴィクトリアマイル2019の穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

レッドオルガ

です。

 

レッドオルガは2走前の東京新聞杯でこそ
インディチャンプの2着に入っていますが

前走の阪神牝馬ステークスでは7着と惨敗

重賞勝ちの実績もないところで、ヴィクトリアマイルでは

それほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなレッドオルガが、なぜヴィクトリアマイルで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

レッドオルガを穴で買える材料

抜群の東京実績はメンバー中随一の存在

レッドオルガはまだ重賞勝ちの実績はないものの

東京競馬場に抜群の適性があります。

 

レッドオルガの東京実績を見てみると

【2.1.2.0】

と、5回走って、一度も馬券圏内を外していません。

 

東京新聞杯ではGI級の力を持っている
インディチャンプには負けたものの

1000m通過が57秒2という速い流れの中

サトノアレス、タワーオブロンドン、レイエンダ

といった重賞級の相手を抑えて2着に入っています。

 

また、4走前に走った準オープンの紅葉ステークスでは

1000m通過が59.7秒

という超スローペースの中、上がり3ハロン32.9秒と
鋭い末脚を使って勝利を収めているように

東京競馬場ならどんな流れにも対応できる馬です。

 

前走の阪神牝馬ステークスでも
悪い走りを見せている訳ではありませんが

東京競馬場ではワンランク上の走りをする馬

ヴィクトリアマイルでの大駆けは十分に期待できます。

 




 

阪神牝馬ステークス、ターコイズステークスは力負けではない

先ほども話した通り、

レッドオルガは東京新聞杯で
強敵相手に2着に入っていますが

前走の阪神牝馬ステークス
2走前のターコイズステークス

と、惨敗しています。

ただ、この2つのレースを見てみると

それほど悲観する内容でなかったことが分かります。

 

 

前走の阪神牝馬ステークスは1000m通過が
1分0秒ちょうどと超スローペースの中での結果

1~6着までの馬が4角6番手以内にいた形になりましたが
レッドオルガは4角10番手から7着まで追い上げています。

このレースは全馬が上がり33.7秒以下のタイムで走っているように
典型的な上がりだけの競馬で、実力とは関係のない結果でした。

その中で7着まで上がってきた事は逆に評価出来ます。

 

3走前のターコイズステークスは
レッドオルガが苦手とする中山の舞台で

4角13番手という絶望的な位置取りから
大外にぶん回して、0.3秒差の6着

レースの内容から考えれば、十分に評価出来ます。

 

ここ3戦のレース内容をみると

レッドオルガはG3レベルなら常に
勝ち負けできる能力の持ち主である事が分かるので

今回人気になりそうな

ラッキーライラックやミッキーチャーム

と比較しても何ら遜色はありません。

 

 

以上、2つの理由から

ヴィクトリアマイル2019における

レッドオルガは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



 

まとめ

阪神牝馬ステークス、ターコイズステークスでは惨敗しているレッドオルガですが

レース内容は決して悪くなく、高い能力が伺えます。

また、ヴィクトリアマイルの舞台である
東京芝1600mはレッドオルガが最も得意とする舞台

阪神牝馬ステークスよりも高いパフォーマンスを発揮する可能性は高く

レッドオルガの期待値は高いと言えます。

ヴィクトリアマイルでのレッドオルガは見逃せない穴馬ですね。

 

ヴィクトリアマイル2019で私が最も注目している馬はレッドオルガです。

そして、ヴィクトリアマイルで危険だと思う馬はあの馬です。

この馬は切って妙味ありですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ