【セントライト記念2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【セントライト記念2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではセントライト記念2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

セントライト記念は菊花賞トライアルとなる重賞レースです。


(写真は2018セントライト記念 ジェネラーレウーノ)

セントライト記念は菊花賞トライアルとなる重賞レースです。

ただ、神戸新聞杯と違って中山芝2200mという
パワー適性の高い条件で行われるだけに
菊花賞との繋がりはそれほど深くありません。

ただ、近年ではスターホースであるキタサンブラックを
勝ち馬として輩出しているレースで

神戸新聞杯との2大トライアルレースである事が変わりないので
菊花賞を占う意味で注目のレースとなります。

 

そんなセントライト記念2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

リオンリオン 横山典弘 3.6倍(神戸新聞杯を回避してこちらへ)
ザダル 5.0倍
ニシノデイジー 勝浦 5.3倍(神戸新聞杯を回避してこちらへ)
オセアグレイト 6.2倍
ランフォザローゼス 6.8倍
ルヴォルグ 8.5倍
タガノディアマンテ 9.2倍
エングレーバー 15.1倍
メイショウテンゲン 池添謙一 15.4倍
エフェクトオン 19.4倍
レッドサイオン 21.9倍
モズベッロ 22.2倍
ナイママ 23.6倍
サトノルークス 25.0倍
シークレットラン 28.3倍
サトノラディウス 30.7倍
ショウナンバルディ 32.5倍
エターナルヴィテス 38.2倍
ブラッドストーン 40.6倍
アドマイヤスコール 42.9倍
アトミックフォース 75.7倍
マテリアルワールド 152倍
ミューチャリー 174倍
ダディーズマインド(出走回避)
サトノフォース(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

青葉賞勝ち馬の リオンリオン

G2青葉賞を勝っているリオンリオン

日本ダービーは横山武士騎手が騎乗した事もあり
上手く逃げられず惨敗してしまいましたが
青葉賞で見せたような締まった流れでの逃げが打てれば
世代でも屈指の力を持っている存在です。

当初は神戸新聞杯を目指していましたが、
セントライト記念に矛先を向けてきたので
ここはしっかりと結果を出したいところです。

日本ダービー5着の ニシノデイジー

皐月賞こそ惨敗したものの日本ダービーでは
サートゥルナーリアと接戦の5着と復調気配を見せたニシノデイジー

もともと2歳時は東スポ杯2歳ステークス、札幌2歳ステークスを制しているように
現3歳世代ではトップクラスの力を持っている馬

菊花賞向きの脚質、血統であり
苦手な舞台である神戸新聞杯を回避してセントライト記念に向かってきたので
しっかりと結果を残したいところです。

弥生賞勝ち馬の メイショウテンゲン

春シーズンは弥生賞を制したメイショウテンゲン

続く、皐月賞、日本ダービーでは2桁着順の大敗となりましたが
春シーズンはまだ気性が幼く、その力をフルに発揮できませんでした。

年齢を重ねれば重ねるほど、成長していきそうな馬ですし
鞍上には池添騎手を早々に確保しているように
これからもうひと段階化ける可能性があり
セントライト記念でも一発が怖い存在です。

全勝圧勝で再びオープンに挑む ルヴォルグ

前走の1勝クラス(500万条件)では好位から競馬をして
直線でも楽々抜け出して完勝したルヴォルグ

プリンシパルステークスでは1番人気に推されましたが
6着に敗れたため、日本ダービーへの出走が叶いませんでしたが
今回のセントライト記念ではしっかりと結果を出して
菊花賞へ向かいたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。