エリザベス女王杯の有力馬へディアデラマドレ!先週の重賞レース回顧

Pocket

先週行われた重賞はマーメイドSとエプソムC
共に回顧していきましょう。

まず阪神競馬場で行われたマーメイドSはディアデラマドレが勝利しました。

瞬発力を信条とする馬で、重賞という舞台の阪神競馬場で
どれだけやれるかと思いましたが、
全く問題にせず勝利しました。

能力の高さは疑う必要がなく、スピードもパワーも兼ね備えている。
間違いなく、秋のエリザベス女王杯で中心になってくる馬でしょう。

この先、非常に楽しみですね。

期待したアイスフォーリスは4着

前走あれだけ高いパフォーマンスを東京で発揮しておきながら
今回は伸びあぐねてしまいました。
ステイゴールドの子供ですが、パワー勝負ではなく
スピード勝負の方に適性がある馬なのでしょう。

次走、走るまでにデータを修正する必要があります。

2着にはハンデ50kgのコスモバルバラ

今回はハンデに恵まれた印象でしたね。
パワー型の馬なので、東京・京都では厳しいでしょう。

トップハンデのフーラブライドは地力で3着にきました。

牝馬限定の重賞では能力上位で今後も馬券からは外せない存在。
どの競馬場でも安定した走りが出来るのは強みで
地味ながらしっかりと馬券になってくれるでしょう。

もう一方の重賞エプソムカップですが、
こちらは期待をしたディサイファが念願の重賞初勝利

この馬は持っている力を常に出してくれる馬です。
逆に言うと能力の底が見えているので
GI、G2での活躍は難しいでしょうが
G3レベルなら高い確率で馬券に絡んでくれるでしょう。

内枠というのも非常にプラスに働きました。

2着にはマイネルラクリマが入りました。

今回は重賞としてはレベルの低いメンバー構成で
その中では能力が高かったという事でしょう。
こちらもディサイファ同様G3では十分の力を持っていますからね。

ただ、本質的には中山巧者である事は間違いありませんので
そのあたり買い時と買わない時を見分ける必要があるでしょう。

3着には実力馬ダークシャドウが入りました。

59kgを背負ってこの着順は復活ともとれなくはないですが
走りの迫力はイマイチだったので過信は禁物でしょう。
毎日王冠あたりに出てきても厳しいでしょう。

その他、上位に入った馬を見てみると
内枠の馬が入っていることがわかります。

東京1800mは内枠有利
東京にしては先行馬が残る舞台

というこの2つの特徴を体現したようなレースでした。

最後に1番人気のマジェスティハーツは
最後方からレースに参加出来ずに惨敗しました。

今回のメンバーの中では間違いなく能力は一番ですが
かなり不器用なタイプである事がネックです。
今回は展開も向かなかったので仕方ありません。

改めて次走に期待しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。