天皇賞春2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

天皇賞春2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた天皇賞春2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年も天皇賞春の時期がやってきましたね。

 

ゴールデンウイークの初っ端という事で
ルンルン気分で行われる天皇賞春

毎年、東京競馬場で生競馬を観戦しながら楽しむ
天皇賞春は私にとって楽しみでしかありません。

 

馬券的な相性はめちゃくちゃ悪いんですけどね(汗)

 

今年は4歳馬における菊花賞の再戦のような形で

ちょっと盛り上がりに欠けますが

伝統あるGIレースなので、是非とも的中させたいですね。

 

という事で、天皇賞春2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

天皇賞春2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

天皇賞春(京都芝3200m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・先行した馬が不利なレース

・スタミナ豊富な馬が活躍するレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れの予報なので
良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

2枠2番 エタリオウ

菊花賞をはじめ、重賞での2着が3回と
あと一歩のところまで来ているエタリオウ

差して届かない競馬が続いていますが
能力的に差せないというよりは気持ちの問題というタイプの馬

外で自由に競馬をするよりも、馬群に入れて
窮屈な競馬をさせた方が力を出せる馬なので
今回の2番枠は絶好のところに入りました。

 

4枠5番 メイショウテッコン

前走の日経賞ではエタリオウ以下を完封して
逃げ切り勝ちを収めたメイショウテッコン

自分のリズムで競馬をすると強いですが
馬群に揉まれたりすると脆さを見せるタイプ

外目の偶数枠が理想でしたが、今回は内目の奇数枠
条件としては良くないので、
ヴォージュやロードヴァンドールを抑えて逃げるくらいの意気込みが必要ですね。

 

5枠6番 カフジプリンス

前走の阪神大賞典ではシャケトラにぶっちぎられたものの
しっかりと2着を確保したカフジプリンス

スタミナに特化している反面、反応が鈍いタイプの馬なので
ロスの大きい外は通りたくなかった馬ですが
今回の天皇賞春では内目の6番枠

枠順は悪くないですね。

 

 

天皇賞春は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“天皇賞春”でも自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

5枠7番 グローリーヴェイズ

日経新春杯を差し切って重賞勝利を収めたグローリーヴェイズ

ディープインパクト産駒らしく
体力ではなく、スピードと反応の良さで
勝負するタイプなので、内枠がベストでしたが

今回は真ん中の枠。
良くも悪くもないという感じですね。

 

6枠8番 パフォーマプロミス

昨年は日経新春杯、アルゼンチン共和国杯と
重賞2勝を挙げているパフォーマプロミス

立ち回りが上手く、器用なタイプのスピード馬なので
内枠で脚を溜めたかったところですが、今回は真ん中枠、

グローリーヴェイズと同様に良くも悪くもないという感じですね。

 

6枠9番 ユーキャンスマイル

前走のダイヤモンドステークスでは3400mという
長距離レースながら、インを鋭く伸びてきたユーキャンスマイル

長距離適性が高く、能力のバランスがいいタイプなので
枠順はそれほど問わないタイプですが
馬群を苦にせず、スピードもあるので
もう少し内目の枠の方が良かったですね。

 

 

7枠10番 フィエールマン

前走のAJCCではシャケトラに負けたものの
しっかりと2着を確保して、能力の高さを見せたフィエールマン

菊花賞を制していますが、ディープインパクト産駒らしい馬で
スタミナ勝負は避けたいタイプなので
もう少し内枠の方が良かったですね。

 

8枠12番 クリンチャー

前走の日経賞では終始外々を回らされて
最後の直線では伸びを欠いてしまったクリンチャー

今回の天皇賞春でも痛恨の外枠を引いてしまいました。

長丁場で頭数もフルゲートではないので
三浦皇成騎手がどのようにクリンチャーを操るのか、が焦点になりますね。

 

8枠13番 ロードヴァンドール

前走の阪神大賞典では、人気薄ながら3着に粘ったロードヴァンドール

今回の天皇賞春でも逃げを打ちたいところですが
最後の枠入れとなる大外枠をゲット

もともと人気薄の馬ですが、思い切った競馬が出来る
枠順に収まりましたね。

 



 

まとめ

天皇賞春2019で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 エタリオウ

8枠13番 ロードヴァンドール

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

菊花賞の再戦ムードが漂う、今年の天皇賞春ですが

枠順も去ることながら騎手の乗り方が重要になりそうですね。

 

 

私が天皇賞春2019で注目している馬は
この舞台で長くいい脚を使えそうなあの馬です。

人気的な妙味もありそうな馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑