牝馬限定ハンデ戦2014マーメイドS予想とエプソムC予想

Pocket

日曜日のメインレースはマーメイドSとエプソムC

GIシリーズを終えて、春の実績馬と
秋に飛躍を目指す馬が入り混じる戦いとなり
馬の能力比較をするのが非常に大切です。

マーメイドS 勝負度合い 70%

牝馬限定のハンデ戦ということで難解なパターンではありますが
今年は力関係がはっきりしているメンバー構成だと言えます。

その前に阪神芝2000mの特徴からおさらいしましょう。

阪神芝2000mのデータと特徴

内回りコースという事もあり
差し馬よりも先行馬にアドバンテージがある舞台ですが
パワーにいる馬場であるということが最大の特徴です。

実績ではフーラブライド、能力ではディアデラマドレですが

本命は アイスフォーリス です。

この馬は3歳時に素質の片鱗を見せていましたが
ここに来てやっと馬がしっかりとして来ました。
前走の勝ちっぷりはとても素晴らしく、その走りとステイゴールドに血から
初コースとなる阪神コースもプラスとなるでしょう。

能力は上位2頭に一歩劣りますが、適性面と状態面は
間違いないので、ここはこの馬に本命を打ちます。

相手はディアデラマドレです。

前走はトーセンソレイユに負けたものの直線での切れ味は素晴らしく
間違いない重賞級、GIでも馬券に絡めるだけの能力がある事は間違いありません。
あとは阪神の内回りをどうこなすか?

という1点に尽きるでしょうが、相当有力な馬です。

3番手はトップハンデのフーラブライド

その実績から1頭だけ重いハンデを背負っている点が気になるだけで
どの競馬場でもいいレースをしており
状態面さえ問題なければ、この斤量でも無様な競馬はしないでしょう。
GI後で気持ちがどうか、という事だけですね。

4番手はシャトーブランシュ

ローズSでの好走が光るこの馬はパワー型で
今回の舞台は絶好といえます。
走りに不安定な面はありますが、この舞台なら
本来の力を出してくれる可能性は十分でしょう。

最後に堅実な伸び脚を見せるウエスタンレベッカまで抑えます。

馬券の買い方はアイスフォーリスからディアデラマドレを本戦に馬連で相手4点
そして3連複1頭軸流しで相手4頭の10点勝負とします。

一方、東京で行われるエプソムCの予想です。

エプソムC 勝負度合い 50%

最初に東京芝1800mの特徴を確認します。

東京芝1800mのデータと特徴

一番に目を引くのが圧倒的に有利な内枠
そして、東京のレースにしては前が残りやすい
設定になっているのが最大の特徴です。

天気も回復傾向にあり、良馬場でのレースが期待出来るでしょうが
週中の雨で多少荒れた馬場になるであろう事が予想出来ます。

本命は ディサイファ です。

この馬の売りは堅実さです。
多少ズブい面は持っていますが、追うと必ず伸びてくれる点は
計算の出来る馬で、力の要る中山よりも東京が良い事は間違いありません。

そして、最内枠を引き当てたので
ここは馬券圏内に入る確率がグッとあがりました。
連軸として最も適当な馬だと言えます。

相手筆頭は マジェスティハーツ です。

能力的にはメンバー中1番の存在で
本当はこの馬の本命を考えていたくらいですが
条件で2番手としました。

パワー型の馬ですが、前走は新潟でもしっかりと走り
底力が上がっている事がわかります。

3番手にダノンヨーヨー、4番手にダークシャドウを挙げたいと思います。

高齢馬で一時期の勢いはない2頭ですが、根本的な能力は上。
実力を出せるかどうかの1点に尽きますが
今回多少荒れ傾向にある馬場なら舞台は整っており一発が考えられます。

末脚の爆発力があるゴールデンナンバー
逃げて粘りのあるフェスティブタロー
までを相手として取ります。

実績上位のタマモベストプレイは結果だけ見ると
さほど悪くないんですが、内容が非常に悪いのでここは切ります。

カルドブレッサも中山向きの脚質でここは不利な舞台。
ペルーサもさすがに厳しいでしょう。(好きな馬ですが)

馬券の買い方はディサイファからマジェスティハーツを本線に馬連で5点
3連複ディサイファ、マジェスティハーツの2頭軸で相手4頭の
9点勝負でいきたいと思います。

相手の信頼感がイマイチな分、勝負度合いは落ちますが
本命馬の信頼度はかなり高いレースですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。