【天皇賞春2019】メイショウテッコンが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

天皇賞春2019に出走を予定している
メイショウテッコンが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

ここのところ切った馬がズバズバと的中して

コーナーとしてはかなり盛り上がっていたのですが

先週のマイラーズカップでは

4番人気のパクスアメリカーナを指名して
3着に走られてしまいました。

 

レースの流れとしてはパクスアメリカーナにとって
得意とはいえない流れになっての3着なので

今回は私の完敗です。

 

再び0にリセットしていきたいと思いますが

守りに入らず、バンバン攻めていきますよ!

1番人気の首をとれるよう狙っていきます!!

 

という事で天皇賞春における

絶対に馬券を買わない危険な人気馬を公開していきたいと思います。

 

動画では完全版として話しているので、
良かったらこちらも参考にして下さい。

 

 

 

天皇賞春2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

メイショウテッコン

です。

 

 

メイショウテッコンは昨年ラジオNIKKEI賞で重賞初制覇

菊花賞や日経新春杯は惨敗してしまいましたが
前走の日経賞ではエタリオウを下して重賞2つ目の勝利

ムラな面はありますが

その実力はGIクラスの馬とも戦えるレベルです。

前走の日経賞で完勝している事から天皇賞春2019でも
ある程度人気に支持されそうな馬です。

そんなメイショウテッコンがなぜ
天皇賞春2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

天皇賞春のコース分析

天皇賞春2019のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

天皇賞春2019のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

メイショウテッコンの不安要素

脆い精神力はGIには不向き

メイショウテッコンは重賞2勝を挙げ
エタリオウやフィエールマンといった馬にも勝っている馬ですが
自分のペースで楽に走れた時だけ力を発揮するタイプの馬です。

 

メイショウテッコンの父親であるマンハッタンカフェは
精神力が弱い産駒を輩出する種牡馬としても知られていますが
メイショウテッコンは負けたレースで全く見せ場を作れていません。

昨年の菊花賞では内枠を引いた中で馬群に挟まれ
全く力を出せずに14着と惨敗

今年の日経新春杯では向こう正面あたりからかかって
暴走した挙句、自滅して9着

 

メイショウテッコンにとって自分のリズムで走る事が
何より重要であることが分かります。

今回の天皇賞春はGIという最高峰の舞台なので
各馬が勝負をしかけてくるレースで
自分のペースで走りづらくなります。

 

今回、メイショウテッコンが逃げるかどうかは分かりませんが
レースの途中で流れが変わる可能性が高く

メイショウテッコンが自分のリズムで走れない可能性は限りなく高いと言えます。

つまり、メイショウテッコンが自分の力を出せる可能性は低く
凡走の可能性が高いと言えます。

 




 

武豊騎手から福永騎手の乗り替わりはマイナス

メイショウテッコンは前走の日経賞で逃げ切り勝ちを収めた時には
武豊騎手が騎乗していましたが、

今回の天皇賞春では福永騎手が騎乗します。

 

武豊騎手と福永騎手は割とタイプが似ていて

腕っぷしは弱い反面、ペース読みが上手く
流れの中でいいタイミングで仕掛けられる騎手です。

 

ただ1点違うのは

福永騎手は勝負騎乗が出来ない点

特に牡馬で出走するGIでの福永騎手は自ら勝ちに行く騎乗が出来ずに
仕掛けが遅れて、上位入線を逃すパターンが多くなります。

 

今回のメイショウテッコンの場合で考えると

武豊騎手だったら思い切った逃げが打てるところを
福永騎手は中途半端に折り合いに専念して番手に控えて
メイショウテッコンの良さを活かせず敗北

みたいなパターンが想定できます。

(実際にどんな競馬になるのかは分かりませんが)

 

前走で日経賞を勝ったの、なぜ天皇賞春に武豊騎手が騎乗しないのか?

それは香港遠征の為ですが、理由はどうあれ

今回の乗り替わりは確実にメイショウテッコンにとってはマイナスです。

 

以上、2つの理由から

天皇賞春2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

メイショウテッコン

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

ラジオNIKKEI賞、日経賞と重賞を2勝していて
フィエールマンやエタリオウに先着しているメイショウテッコンですが

“自分のリズムで走れないと脆さを見せるタイプの馬です”

それゆえにGIなどの激しい舞台での活躍は見込めず
天皇賞春2019では厳しい存在になります。

 

また、前走手綱をとった武豊騎手が騎乗せずに
福永騎手に乗り替わるという点も非常にマイナス

今回のメイショウテッコンはパフォーマンスを発揮できない可能性が高く
天皇賞春2019では期待値の低い馬だと言えます。

天皇賞春ではメイショウテッコンを切って勝負したいですね。

 

天皇賞春2019で私が注目している馬は
地力はGIでも通用して、舞台適性もある、あの馬です。

今回は全く人気にならないと思うので、狙う価値のある馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR