【天皇賞春2019】トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬!

Pocket

天皇賞春2019の予想をするうえで
前哨戦として行われたトライアルレース
について検討しています。

トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬を中心に
天皇賞春で馬券になりそうな馬を探していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は歴史と伝統を備えたGI「天皇賞春」が行われます。

人気が予想されたシャケトラが不在となってしまった事を踏まえても
かなり脆弱なメンバー構成となってしまいました。

 

その中で、菊花賞上位組がこぞって出走します。

1着 フィエールマン

2着 エタリオウ

3着 ユーキャンスマイル

5着 グローリーヴェイズ

14着 メイショウテッコン

 

この5頭の再戦なのかなぁ

という感じのメンバー構成で

ちょっと寂しい天皇賞春ですね。

 

予想するにも難しいレースですが、ここでは

「トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬」

というテーマで話していきたいと思います。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

天皇賞春、フィエールマンを倒すと意気込むのはあの関西馬!

チェックメイトでは天皇賞春において

“フィエールマンに勝負を挑める唯一の関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がGI勝ちを確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
天皇賞春で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

 

日経賞組診断

まずは天皇賞春と繋がりの深い日経賞上位馬から見ていきましょう。

勝ったのは3番人気のメイショウテッコン

神戸新聞杯ではワグネリアン、エタリオウと接戦を繰り広げているように
自分のペースで走る事が出来れば、力を出してくる馬

逆に菊花賞のように馬群にもまれて、
自分のリズムで競馬が出来ないと脆い馬

今回はフルゲートではないにしても
流れが激しくなるGIレースなので
メイショウテッコンにとっては厳しい舞台になりますね。

 

2着エタリオウは菊花賞2着馬

1勝馬ながら2着7回と詰めの甘さと
地力の高さが同居する珍しい馬です。

競馬場や距離など、条件を問わずに自分の力を発揮できるタイプなので
今回の天皇賞春でもエタリオウの力は十分に発揮できそうです。

 

7着クリンチャーは昨年の天皇賞春3着馬
地力は高いですが、フランス遠征から不振が続いている馬です。

ただ、日経賞は終始外を回り続けての競馬だったので
着順、着差よりは内容は悪くありません。

天皇賞春で激走する下地はあります。

9着チェスナットコートも昨年の天皇賞春5着
力はありますが、クリンチャー以上に近走が悪いので
ここは難しそうです。

 

日経賞組は

買い:エタリオウ、クリンチャー

危険:メイショウテッコン、チェスナットコート

と、判断します。

 

 

阪神大賞典組診断

次に日経賞と並ぶ格を持つ阪神大賞典上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは1番人気のシャケトラ

ただ、今回は不慮の事故で残念な結果になりました。

冥福を祈るのみですね。

 

2着カフジプリンスは長距離が得意な馬

阪神大賞典はシャケトラがぶっちぎった中で
ぐちゃぐちゃになった中、2着を拾った形なので
天皇賞春では格に負けそうなイメージがありますね。

 

3着ロードヴァンドールも逃げがハマった形

今回の天皇賞春では主導権を握ってもどこまでやれるか心配ですし
ヴォージュ、メイショウテッコンがいるので
形を作れるかどうかの不安もあります。

8着ヴォージュもロードヴァンドールと同じ評価です。

6着リッジマンはステイヤーズステークスを
1番人気で勝っているように
今回の阪神大賞典組では一番能力が高そうです。

ただ、地力面では4歳勢に及ぶ内容を見せていないので
ここは過剰な期待は出来ません。

 

阪神大賞典組は

買い:なし

危険:カフジプリンス、ヴォージュ、ロードヴァンドール、リッジマン

と、判断します。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ダイヤモンドステークス組診断

次に少し影の薄いダイヤモンドステークス上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは1番人気のユーキャンスマイル

ダイヤモンドステークスは前残りの流れを
後方一気の末脚で勝利

長距離適性もあり、天皇賞春への適性も期待できますが
ダイヤモンドステークス組は成績が冴えないので
ローテーションだけはマイナス要素ですね。

 

ダイヤモンドステークス組は

買い:ユーキャンスマイル

と、判断します。

 



 

AJCC組診断

次に異端臨戦であるAJCC上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは7番人気のシャケトラ

ですが、阪神大賞典のところで話したように
今回は不慮の事故で残念な結果になりました。

 

2着フィエールマンは菊花賞を制した唯一のGI馬であり
過去5戦は全て連対している馬です。

能力の高さは疑う余地はないのですが
菊花賞は超スローペースの競馬で
本質的な距離適性はまだ未知数

1番人気濃厚な人気面を考えると
ちょっと怖さがある存在ですね。

 

AJCC組は

買い:なし

危険:フィエールマン

と、判断します。

 




 

まとめ

ここまで日経賞、阪神大賞典、ダイヤモンドステークス、AJCCと
4つのレースを見ていきましたが

【買い】

エタリオウ、クリンチャー、ユーキャンスマイル

【危険】

フィエールマン、メイショウテッコン、チェスナットコート

カフジプリンス、ヴォージュ、ロードヴァンドール、リッジマン

と判断しています。

 

ただ、枠順次第で各馬の評価が変わってくるので

出走馬の確定したうえで最終判断をしていきたいと思います。

 

 

天皇賞春2019で私が最も注目している馬は
ここで一番信頼度が高いと見ている、あの馬です。

期待値の面でも期待できますよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ