青葉賞2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

Pocket

青葉賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
青葉賞2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は青葉賞が行われますが

私的には「JRA重賞の中で最も相性の良いレース」です。

 

昨年の青葉賞は、4頭に印をつけて

1着 ○ ゴーフォザサミット

2着 ▲ エタリオウ

3着 ◎ スーパーフェザー

と、3連複4点で万馬券を的中できましたし

 

一昨年の青葉賞は

1着 ◎ アドミラブル

2着 ○ ベストアプローチ

3着 ▲ アドマイヤウィナー

で、3連複を的中

 

3年前の青葉賞は

1着 ◎ ヴァンキッシュラン

2着 ▲ レッドエルディスト

で、馬連を的中

 

という事で、抜群に相性のいいレースです。

 

 

まあ、ここまで言うと「今年もやったるで!!」

という気持ちになるんですが、

不思議なもので、風呂敷を広げると当たらなくなります。

謙虚にいこうと思いますよ。

 

青葉賞2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

青葉賞2019は東京競馬場芝2400mで行われています。

日本ダービーやジャパンカップなどが行われる

日本を代表するコースでのレース

舞台適性よりも地力が問われる一戦になりそうですね。

 

そんな青葉賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

青葉賞、過去10年のデータ分析

差しが通用する舞台も穴なら先行馬

まず、最初に注目したのは青葉賞の脚質です。
以下は青葉賞での4コーナーでの順位別成績です。

差しが届くイメージのある東京芝2400m戦ですが
4コーナー10番手以下の馬は馬券に絡めていないように

後方一気の脚質は苦戦しています。

 

ある程度好位で競馬を進めて

直線もしっかりと末脚を使う。

という馬が好成績を残しているように受け取れます。

 

ここで青葉賞の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬が勝利して

2、3位以下はそれほど速い上がりを使わなかった馬が台頭

という形の傾向が見えますね。

 

強い本命馬と人気薄の先行馬の組み合わせ

青葉賞の馬券の攻め方のヒントがありますね。

 

天皇賞春2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
天皇賞春2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは天皇賞春

TAZUNAでは天皇賞春の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

ディープ、ハーツ、ロブロイは特注クラス

次に青葉賞の種牡馬別成績を見てみましょう。

ディープインパクト、ハーツクライ、ゼンノロブロイ

広いコースで力を発揮できるタイプの

サンデーサイレンス系種牡馬が

好走率の面でも回収率の面でも圧倒しています。

 

この3頭の産駒が出てきたら要注意ですね。

 

また、青葉賞の人気別成績を見てみると

1番人気の複勝率が90%と高い信頼度を誇っている反面

2、3番人気は極度の不調に見舞われています。

 

先ほどの脚質のところでも触れましたが

”強い本命馬と人気薄の伏兵馬”

という組み合わせが多いレースだといえますね。

 



 

実績馬よりも上がり馬!調子の良い馬を狙おう

次に青葉賞の前走クラス別成績を見てみましょう。

前走500万条件に出走していた馬が

好走率でも、回収率でもオープンクラスを圧倒しています。

皐月賞上位組は基本出てこないですし

日本ダービーに向けて標準を定めている
素質馬もしくは舞台適性のある馬が青葉賞に出てくる

という事がデータから分かりますね。

 

最後に青葉賞の枠順別成績を見ておきましょう。

全体的に見ると

「内枠有利、外枠不利の舞台」

となっています。

 

青葉賞に限らず東京芝2400mは

「内枠有利、外枠不利の舞台」

なので、枠順は予想に組み込んだ方がいいですね。

 

以上が青葉賞2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

日本ダービーと同じ条件で行われる青葉賞ですが
長い直線とは対照的に先行馬が活躍するレースです。

広いコースでのびのびと末脚が活かせるので

ディープインパクト、ハーツクライ、ゼンノロブロイ

が、特注レベルで活躍しているレースです。

すこしゆったりしたようなタイプ

不器用さがあるけれども、全体の能力が高いような馬

を狙っていく事が大切ですね。

 

 

私が青葉賞2019で注目しているのは
東京芝2400mに抜群の適性を持つあの馬です。

近走内容から人気もそこそこですし、ここは一発狙いたいですね!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。