天皇賞春2019の過去10年データ分析|好走の必須条件とは…

Pocket

天皇賞春2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
天皇賞春2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は天皇賞春が行われますが

個人的には「ゴールデンウィークの始まり」

というイメージがくっついています。

 

今年のゴールデンウィークは10連休という事で

長い休みになりそうなので、競馬を現地観戦

という選択肢もありですよね。

(私は毎年そうしています)

 

「10連休が嬉しくない」

というような声も挙がっているみたいですが

”人生をどうやって楽しく生きるのか”

なんて、自分で決めること。

楽しめるように自分でプランニングしましょう、

 

という事で、

天皇賞春2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

動画ではもう少し詳しく分析をしていますので、
完全版を見たい方は以下からどうぞ

 

 




 

天皇賞春2019は京都競馬場芝3200mで行われています。

伝統のGIレースとして知られていますが

この条件で行われるのは天皇賞春のみ

それだけに舞台適性が問われる一戦になりそうですね。

 

そんな天皇賞春を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

天皇賞春、過去10年のデータ分析

直線一気はないものの後方からの差しが利くレース

まず、最初に注目したのは天皇賞春の脚質です。
以下は天皇賞春での4コーナーでの順位別成績です。

成績を見てみると一目瞭然で

「先行馬が有利」

と、感じますが、長丁場で最後の直線を迎えた時の順位なので

3コーナーや向こう正面で仕掛けてくる馬がいる事を考えると
このデータだけでは不十分に感じます。

 

以下は天皇賞春での3コーナーでの順位別成績です。

 

以下は天皇賞春での2コーナーでの順位別成績です。

これらを見てみると、

「先行馬よりも後方でレースを進めていた馬の方が有利」

であることが分かります。

 

先行馬が粘るのが難しい舞台であり、

出入りが激しい持久力戦になることが分かります。

 

ここで天皇賞春の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が6位以下の馬は苦戦。

長丁場のレースですが、ただ粘りこむだけの馬はダメだという事ですね。

 

 

天皇賞春で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で天皇賞春+青葉賞+新潟大賞典の予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

調子の悪い馬には難しいレース

次に天皇賞春の前走着順別成績を見てみましょう。

前走で連対を果たした馬の回収率は130%超えと

高いアベレージを残しています。

 

近年は荒れるレースとしてのイメージがついたレースですが

意外にも調子の良い馬がそのまま馬券に絡んでいる

という事が分かります。

前走で惨敗した馬は狙いづらいですね。

 

また、天皇賞春の前走クラス別成績を見てみると

大阪杯、日経賞、阪神大賞典、京都記念

この4つのステップに限られてきます。

これらのレースを好走してきた馬は見逃せないですね。

 

1点気になるのが、ダイヤモンドステークス組の不調

唯一の距離短縮ローテですが、

天皇賞春と相性が悪い点は注目が必要ですね。

 



 

タフなレースは若者よりもベテラン

次に天皇賞春の年齢別成績を見てみましょう。

馬券に絡んでいる数としては
4~6歳が互角という感じですが

回収率の面に注目すると

6歳以上のベテランが好成績を残していることが分かります。

 

例年、出入りの激しいレースになるので
精神的なタフさが問われるレースになります。

ですので、

能力勝負よりも耐久力勝負になる形

を想定したいですね。

 

最後に天皇賞春の人気別成績を見ておきましょう。

1番人気馬は極めて不調ですが

2~4番人気馬の回収率は100%超え

7番人気までの馬で見ても

回収率的にはハイアベレージを残しているので

馬券的には「中波乱」傾向にあると言えます。

 

以上が天皇賞春2019を攻略するための主たるデータです。

 

 

まとめ

近年、レベルが低下傾向にある天皇賞春ですが
それゆえにこのレースに標準をあわせた馬が出走してきます。

脚質的には差し馬にアドバンテージがあります。

また道中でレースが動くことが多く
距離以上にタフさが求められるレースになっているので

能力だけでなく、その馬の個性を掴んでおく

という事が大切ですね。

 

 

私が天皇賞春2019で注目しているのは
京都芝3200mに抜群の適性を持つあの馬です。

近走内容から人気もなさそうですし、ここは一発狙いたいですね!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。